【2020年9月11日】「暮れゆく夏の日に」歌入れ&アレンジ変えました

「暮れゆく夏の日」、工事の隙?を見計らって、歌を入れました。アレンジを更に若干変えました。歌詞も歌いやすいように・聴きやすいように、ちょっとだけ変えました。

アレンジは、ピアノとストリングスです。結果、5分半程の、久しぶりの長尺曲になりました。BPMをうんと落としたので、当初イメージしていたよりもかなり黄昏れて聴こえます。

 

 

その録ったばかりの自曲聴いてて思ったんですが。。

今まで割と気の向くまま・着想が浮かぶままに曲作りを行なってきたのですが、今後、少しずつ曲の傾向を絞って作っていこうかなと。

それで、こういうソフトで穏やかな曲が、私の声や作風に一番マッチしている気がしました。アルバム曲でいうと、「ふきのとう見つけた」「虹のメロディ」「ツチニカエル」「限りなく穏やかに」といったいったところです。

 

 

聴く人それぞれなのですが、少なくとも、いちリスナーとして自曲を聴いた時に、これらの曲はスッと入ってきます。まあちょっと無理しているような「人生最後の日」「鳥になって 魚になって「続いていく世界」も、それなりに聴こえるんですが。。

 

 

この辺、今後もう少し考えていきたいです。

 

 

 

 

私の楽曲はこちらから聴けます。↓