【2020年9月14日】「暮れゆく夏の日に」完成!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

歌入れも数テイクでOK、ミックスダウンを終え聴き返して、完成としました。

前回アルバムを制作した後、すっかり気が抜けたのか半年程曲が出来ない期間がありました。今回は全くそんなことはなく、むしろ溜まっていた曲想がいくつもあり、早く仕上げて次に進みたい、そんな気分です。

 

 

この曲のコーダでサックスのソロを入れてみました。サックスの音自体は、今まで数曲に入れていますがどれも短いフレーズばかりで、今回のように4小節のソロは初めてです。

 

 

サックスは、ロックやポップスの楽曲フォーマットと親和性が高い楽器です。ドラム・ベース、ギター・キーボード、その次ぐらいにくるのではないかと。

スキャットで大体のメロディを作って、キーボードで弾きました。あまりこなれると面白くないので、ファースト・テイクで決めようと、集中して弾きました。聴いた方がどう感じるか、興味深いところです。

 

 

 

実は当初、トランペットの音を入れるつもりでした。「坩堝の電圧」以降のくるりや、最近時々聴く、マイルス・デイヴィスが頭にあったからです。

ところが、入れてみるとどうも上手く曲想にマッチしません。それでいろいろ試した挙げ句、ソプラノ・サックスの音色に落ち着いたという訳です。

 

 

何故ソプラノ・サックスに落ち着いたのか。この辺を掘り下げると結構面白いのですが、それはまた別の機会に書いてみたいと思います。

 

 

 

ともあれ、完成して一安心です。早速次の曲に取り掛かりたいです。