Diary」カテゴリーアーカイブ

【2018年12月3日】◎新曲をTOPページにアップしました!

という訳で、お時間がありましたら聴いてみて下さい。曲は「ユメヒトヨ」「死について思うこと」「祝福の歌」「ギター」の4曲です。それぞれ、制作日誌をまとめて、コメントを付けました。

 

 

依頼してすぐに対応して頂いたWEBデザイナーさんには本当に感謝です。どうもありがとうございました。

 

 

 

 

今回の曲のイメージ画像の中の一つ。「死について思うこと」で使った蝉のアップ。ものすごく地味なこの曲にピッタリの地味な画像ですが、アルバムのジャケットにしたい位に気に入っています。

 

【2018年11月3日】先日に続いて 〜 日常の風景の中のささやかな非日常

先日、久しぶりに富山県の実家に帰りました。それで朝、金沢に戻る為に家を出て、実家のすぐ近くの、図書館に隣接する公園の横の交差点で信号待ちで止まって、何気に横を見ると、その公園でギターを弾いている人がいました。秋晴れの空の下、紅葉の美しさと相まって実に絵になる光景で、偶然に助手席に置いてあったタブレットで、思わず写メりました。

 

 

いくつもの偶然が重なって撮れた画像です。すっかり気に入ったので保存しました。去年観た映画「ブランカとギター弾き」の、セピア色のワンシーンを思い出しました。演奏スタイルからして、弾いていらっしゃるのはクラシック・ギターっぽいです。先日の天気雨や大きな虹といい、シャッター・チャンスに恵まれているこの数日です。

 

 

私も数年に一度ですが、春か秋のよく晴れた平日の休日に海にギターを持っていって弾いています。ひと気もない海岸でポロポロと爪弾いていると、心の底から解放された気分が味わえます。(潮風はギターによくないので、しょっ中行こうとは思いませんが)

自分の世界にどっぷりと浸かって気持ちよく弾いていたら、一度だけ、見知らぬ人から「ブログに載せたいんで、写真撮っていいですか」と聞かれた事があります。どうぞと快く返事をしたのですが、そのブログのサイトを聞くのを忘れて、結局読んでいません。

 

 

私に声を掛けたその人も、おそらく今日の私のように、いつもの風景の中に見慣れないちょっとだけ異質なものが混じっていて、それが非日常感を感じて、思わずシャッターを切りたくなった、そんな感じだったのではないかと。もしくはこっちに旅行に来ていたとか。話をする間もなく立ち去ってしまったので、本当のところは分かりません。

 

 

私も次の休みの日が、もし晴れて暖かい日だったら、久しぶりに海に行ってギターを弾いてこようかなあ。。

 

 

 

アルバム・ジャケットにも映えそうなシーンです。