自分の音楽 ー 楽曲について」カテゴリーアーカイブ

【2021年4月4日】過去曲のリメイク行っています

このブログを書き始めた頃に上げた文章を、ちょっと長いですが一部引用します。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

「自分の歌を作って、人に聴いてほしい」と思い、作り始めてから、かれこれ6〜7年経ちます。

それまでも、人の曲にギターやキーボードでコード合わせたりして楽しんでいたので、そろそろ出来るんじゃないか、すぐに作れるんじゃないかなと思い、作り始めたのですが。。

 

 

これがまた、メロディーも歌詞もサウンドのイメージもサッパリ出て来なくて、砂漠で落とした100円玉を探すような、絶望的気分を味わったのを覚えています。

1ヶ月程、いろいろとやってみて思った事。まず、自分に出来る事・出来ない事は何かをちゃんと把握して、出来る事の中でやってみよう、そう考えました。

 

 

そんなある日、小学校の国語の時間に習った「俳句」を思い出しました。

俳句は、5・7・5の3句17音からなる定型詩で、季題によって自然の風物、人事をよむ、とされています。季語も決められています。

ここまで外枠が決まっているから、質は別として、誰でも作れるのです。

俳句のように、歌詞もメロディーも、リズムもサウンドも、あらかじめ外枠(ルール)をはっきりさせてから取り組めば、特別な才能がなくてもなんとか出来るのでは。そう考えました。

砂漠の中をウロウロするのではなく、砂漠に小さな庭を作って、その庭の中で、100円玉を探そうと。

 

 

試行錯誤の中、自分内でいろんなルールを設定して、そのルール内で作ってみたところ、ようやく何とか1曲出来ました。作り始めてから、半年は経っていたと思います。…

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

早いもので、曲作りを始めてから今年で10年を数えます。何故憶えているかといえば、曲作りを始めて間もなく東日本大震災が起こったからです。自分内では、東日本大震災復興の歩み=私の曲作りの歩み、という感じです。

上記にある初めて作った1曲は、2nd. アルバムに収録の「千年ワルツ」。この曲が出来てから、堰を切ったように次々と曲が書けるようになりました。

 

 

けれど、作った曲が全て完成している訳ではなく、途中で没にしたり曲想にスキルが付いていけず制作を諦めたり、そんな曲が実は山のようにあります。つい最近リメイクした「君や僕のバラッド」も、そんな一曲です。

 

 

 

10年という区切りなのとギターを購入したのとで、そんな昔のボツ曲たちの見直しを、新曲制作と並行して行っていこうかなと思っています。

それで先週録った「君や僕のバラッド」に続いて手掛けようかと考えているのが、「君や〜」よりも更に初期に作った曲「ひとり暮らしの君や僕」です。

 

 

当時のボツ・テイクを聴いていると、10年という時の長さ及び短さを、同時に感じることが出来ます。何しろ人生の1/5です。だけども、一瞬で過ぎ去ったようでもあります。

実に感慨深いものがあります。

 

 

 

 

 

初めてブログを上げた朝の青空。

 

 

【2021年3月19日】新曲「君や僕のバラッド」演り始めています (o^^o)

先日ギターを買ったので、早速という感じで、かねてから演ろうと思っていた「君や僕のバラッド」という曲を演り始めました。先ずは練習から始めました。

エレキ・ギターは、ヘッドフォンで聴いてる限り音量を気にしなくていいので、早朝から弾きまくりました。しばらくぶりでギターを弾いて、指の皮が痛くなりました (笑)。

 

 

この「君や僕のバラッド」は、歌作りを始めて間もない頃に出来たのですが、曲想にテクニックやアレンジ能力が全く追いつかなかった為に没になっていた、そんな曲です。今なら出来そうかなあと。

歯切れのよいファンキーで速いロックンロールで、ライブで演るととても楽しのではないかなという気がします。

 

 

 

録り直しに際して、昔録ったテイクを引っ張りだして聴き返して、歌詞やコードを拾いました。コードは、作った当初のは純粋なスリー・コード曲だったのですが、今回リメイクするにあたって、ところどころ変えています。歌詞も見直しが必要ではないかと感じています。

 

 

その変えたコード進行はサビのパートです。F・G・Cのスリー・コードに、全てセヴンスを加えたところ、不思議な進行に様変わりしました。歌を入れるとどうなるのか、とても楽しみです。