自分の音楽 ー 楽曲について」カテゴリーアーカイブ

【2020年2月19日】「限りなく穏やかに」ギターソロ入りました!\\\\٩( ‘ω’ )و ////

「限りなく穏やかに」で、リズム・ギターを弾いていただいた若きギタリストG君から、ソロ・パートの音源が送られてきました。

今は、遠く離れていてもインターネットによる音源のやりとりで、簡単にコラボ出来る時代です。音楽に関しては、ほんとにいい時代になったなあと、つくづく思います。

 

 

島村楽器のデジタル機材担当でギターも弾くTさんの話だと、遠距離で音源をやりとりしての共同作業は、今の時代当たり前に行われているそうです。そう仰るTさんも、歌詞が書けないので、歌詞を書く人とコラボして制作していらっしゃるとのことです。

 

 

 

でもこれに関しては、メリットばかりではないみたいです。

時々連絡をとってる、クリエイター (DJもしている) のMさんの話だと、やりとりしていて、いきなりLINEがブロックされて連絡がとれなくなったことがあるそうです。

 

 

ちょっと否定的なことを書いたら、なんだかんだでそうなったみたいです。

簡単につながることが出来るけど、簡単に断つこともあるんですね。簡単につながった関係なので、断つのにも心が震えたり痛んだりしないんでしょう。何となく、現代社会のコミュニケーションの難しさを感じました。コミュニケーションは、やっぱり顔を見て話をするのが一番です。

 

 

 

話が逸れてしまいました。

早速その音源をダウンロードして、PCソフトに取り込んでミックスダウンを行ないました。生々しくて良くなったんじゃないかと思います。

私は今まで、一人で演れて歌える曲ばかり作ってきましたが、G君のように、ちゃんと楽器が弾ける方がサポートして下さると、そういう曲ばかりではなく、バンド向けの曲も作ってみたいなあと思ってしまいます。

 

 

ライヴも一人で演ると、オケをバックに行うので (私は楽器一本でお客さんを魅了出来る程のパフォーマーではありません) お客さんも演ってる私も面白くないのですが、楽器の弾けるメンバーがいると、ちゃんとパフォーマンスになります。

という訳で、ライヴを行うことも目標の一つに入れて、更に精進したいなあと。

 

 

 

G君、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

その「限りなく穏やかに」はまだ上げていませんが、私の楽曲は、こちらから聴けます。↓

 

 

 

【2020年2月6日】楽曲を整理しました(^∇^)/

私の曲を聴いて下さっている知人に、昨年夏ごろ〜作ったばかりの「虹のメロディ」までを集めたCDRをプレゼントするのに、楽曲を整理しました。

 

 

意外と多くて、自分でも驚きました。登山に例えると、ある時後ろを振り替えると、随分高いところまで登ったなあ、と驚きを感じる感覚と似ている気がします。

 

 

リミックスしたのを含めて、全15曲。ひと月に2曲ちょっとのペースです。

作る毎に達成感もあり、また「今度はこういう感じのを演ってみよう」「こんなことを歌ってみよう」という、次への想いもあるので、飽きもせずに続けることが出来るのでしょう。

あとやっぱり、聴いて下さる方がいるから作れるんだと思っています。料理と同じですね。食べて「美味しい!」と言って下さる人がいたら、やっぱり熱が入るのではないかと。

 

 

山頂に辿り着く事なく、このままの気持ちで人生が続くといいなあ。

何にもせずにただ途方に暮れてロックにしがみついていた30年前を思うと、まるで夢のようです。

 

 

 

こんなリストです。そろそろアルバムにまとめるのも考えたいと思います。

 

 

人生最後の日

2019年のサマータイム・ブルース

ネット 〜 internet, all over the world 〜

 

ぼくらのクリスマス・ソング

続いていく世界 〜 remix ver.

きみを待ってる 〜 remix ver.

 

追いつめられる inst. ver.

虹のメロディ

限りなく穏やかに feat. gen

 

月を仰ぐ人々

ツチニカエル

鳥になって、魚になって

 

年老いたフリして

オールディーズ

西暦2120年 〜 from Kanazawa City, D.C. 2120 〜

 

 

 

 

簡単ですが、ジャケットまで作りました。

一部はサウンドクラウドで聴けます。↓