自分の音楽 ー 楽曲について」カテゴリーアーカイブ

【2021年10月20日】38年後の「ジギー・スターダスト」に思う

 

 

 

デヴィッド・ボウイのライブ・ドキュメンタリー映画「ジギー・スターダスト」が、来春公開されます。

 

 

 

この映画、私が19歳大学生の時に、「戦メリ」「レッツ・ダンス」での一時的なボウイ人気にあやかって?日本でも公開されています。私は新宿 (か渋谷、どちらか) まで、2回、観に行っています。もちろん、2枚組のライブ盤 (サウンドトラック盤) も購入して毎日聴いていました。

 

 

このライブ映画を観ると、’70年代末のパンク/ニュー・ウェイヴの多くのロッカーたちが語っている、子どもの頃ボウイのファンだったという話が、実に腑に落ちます。まさに早すぎたパンクといった音です。

 

 

当時の私は、はっきり言って自分史の中では闇に葬りたいというか、黒歴史というか、二度と戻りたくない、そんな時期なのですが、まあ当時そんなどん底の精神状態だったからこそ音楽が現実の数千倍リアルに聴けて、今こうして曲も生まれているのだという気がします。

このライブ・アルバム、丁度そんな時期にしがみつくように聴いていました。人生、悪い中にも何かしら得るものがあり、そして悪いことのあとには必ずいいことがあるものです。

 

 

 

見どころの多いこのライブ映画の中で、今でも鮮明に記憶に刻まれている印象的なシーンがあります。

 

 

それは、歌の最中に鳥が大空へ羽ばたいていくその瞬間をパントマイムで表現しているシーンです。このパントマイムが月並みな言葉ですが実に素晴らしいとしか言いようがありません。

日常から離れたライブ映画の中で、更にそのライブの狂騒からもフッと離れていくような、マジックのような瞬間でした。今思うに、まさにボウイの音楽性を象徴しているシーンです。

 

 

 

 

 

このライブ映画の記事のメイン・ヴィジュアル (↑) が、まさにそのシーンを切り取っています。制作側もさすがによく分かっているなあと思った次第です。

一人でも多くの人に観ていただきたいと、ロートルのロック・ファンとして思います。

 

 

 

【2021年8月30日】自曲「流れ星」を聴いて下さった方々へのお礼

先日上がった「流れ星」、早速いつも新しい曲が完成したら送っている数名に、今回も送りました。

その方々は、別に私に「聴きたいから送って下さい」と仰っている訳ではありません。当ブログや音源を通じた交流で、私が勝手に「この人なら、送ったら必ず1回もしくは2回は、真剣に聴いて下さるだろう」と思っているだけです。

例によって、今回も勝手に送り付けたのですが、この「流れ星」、送った全員の方から「今度のは良いよ」的な返事が早々に返ってきました。これには驚きました。全員からのこんなリアクションは初めてです。

 

 

どこが今までの曲と違うかと言えば、リスナーとして普通の音楽好きな方を想定して、今どきのJ−POPを意識して聴きやすいように作った点、だけです。

例えば、メロディは極力シンプルに、そしてヴァースの最後のフレーズのメロディを揃えてみたり、今ふうの言葉の乗せ方であったり、情緒的なサビメロ及び情緒的なアレンジを施したり…。自分的には、これはちょっとあざといかなと思いつつ作っていました。あと、そういうふうに作ろうと思った要因である、分かりやすい歌詞かなと。

まあでも、そういうのが重要なのかもしれません。

 

 

 

例えば料理など。自分が食べる好きな料理と、家庭料理だとパートナーや子どもが食べる好きな料理とは、必ず何らかのギャップがある筈です。自分の好きなものばかり作っていても、家族誰も口にしなかったりします。

ましてや食堂や居酒屋を経営している方だと、千差万別の食の好みの方々に対して作らなければいけません。当たり前の話、そこでは「自分の好みの味」だけではやっていけないかと思います。

 

 

音楽も、同様ではないかと。

突出した才能のある方なら好きなように作ってたら自然にリスナーも増えますが、私のようにそうでない人は、いろんな人たちに聴いてもらおうとなったら、いろんな工夫が必要ではないかと、痛切に感じました。今更何を、という感じですが (笑)。

 

 

あらためまして、お聴きいただきありがとうございました。