自分の音楽 ー 楽曲について」カテゴリーアーカイブ

【2022年12月29日】今年もたくさん曲が出来ました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 〜 今年を総括してみました

予定では、本日「雪の日のループ」の仮歌を入れる筈でしたが、世間では今日からお正月休みの会社が多いようで、近隣の住人たちが皆在宅だったので出来ませんでした。完成は年明けになりそうです。

気付けば今年もあと3日です。アパートの駐車場の様子やスーパーの混み具合から、急に年末感が押し寄せてきたので、いきなりですが今回は今年作った楽曲を総括してみます。

先ずは、作って完成させた楽曲。リミックスやリメイクは除きます。

 

 

宇宙 宇宙を見つめていた頃 世界で一番ちいさな声で くろい穴 失語症の猫たち 渚にて はなのように ふきのとう見つけた 2   光る石 サマー ’22   向日葵咲く丘 揺れる焔 楽しいひととき うまく生きられない 円を描く トカトントン LINE Addiction   ボタンを外す時

 

 

過去ブログ記事から拾ってみたところ、以上18曲ありました。

こうやって並べてみると、人に歴史ありという感じで、感慨深いものがあります。

幾つか印象深い曲を挙げるとーー。

 

 

「宇宙」ーー 初めて今どきのJ – POPに寄せて作った曲です。島村楽器「録れコン」で入賞しました。まさか自曲がと耳を疑いました。

 

「くろい穴」ーー 過去記事にも書きましたが、リスナーとして1番聴いた自分の曲。なのでアルバムの1曲目にしました。

 

「光る石」ーー 曲以前に、タイトルと歌詞がやけに気に入って、アルバムのタイトルにも付けました。

 

「向日葵咲く丘」ーー 初めて書いた反戦歌です。向日葵の花がウクライナの象徴だと知らないと反戦歌に聴こえないところが、私の曲らしくて、控えめでいいのでは。

 

「楽しいひととき」ーー この夏で長かったコロナ禍の終わりを感じました。そんな思いがストレートに歌詞及び曲全体で表現出来ました。

 

「ボタンを外す時」ーー お借りしているフレットレス・ベースで作ったフレーズが、曲全体の通奏低音となっています。新しい曲想が開けました。

 

 

 

もちろん、上記に挙がってない曲たちも自分の大切な大切な分身たちです。来年も分身を増やせるように、がんばって曲作りに励みます。

 

 

 

 

アルバム「光る石」のアートワークのアウトテイクです。

 

 

【2022年11月19日】「くろい穴」Apple Music の注目トラックに選出されていました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

先日夜、リリース先の担当者から「ツボカワさんの作品が、Apple MusicのJ–POPジャンルのニューリリース、注目トラックに選出されています」との、少し興奮気味のメールが届きました。

 

 

私はApple Music (サブスクです) に加入していないので、どういう事かよく分からず、こういうのに詳しそうな、いつも手伝って頂いているギタリストのg君に聞いたところ、「Apple Musicは、リスナーがいろんな音楽を見つけれるよう、スタッフが目(耳?)を凝らしてプレイリストを作っていて、その中の一つのJ-POPカテゴリー」との事でした。

 

 

そして「数の多いJ-POPカテゴリーで選出されるのは結構すごいかも」「なんせ、King GnuやYOASOBIも並んでるので」と聞いて、嬉しいというより驚きました。送っていただいたスクショを観ると、確かに上の方に、King Gnu、YOASOBI、あと、VaundyやLiSAといった、今をときめくアーティストたちが並んでいました (笑)。

 

 

 

その注目トラックが、よりによって?「くろい穴」です。Apple Musicのスタッフさん、ちゃんと聴いているんだなあと、妙に納得というか感心しました。

と言うのも、この「くろい穴」、実は自分ではこのアルバム中で1番気に入っていて、でも超地味でマニアックな曲なので、だからアルバム1曲目に置いた訳です。1曲目だったら、聴いて下さる方が1人でも2人でも増えるかなあ、そう考えたからです。

 

 

この曲は元々、作った当時よく聴いていたトロ・イ・モア (アメリカの、チル・ウェイヴ及びファンクのミュージシャン) ふうのサウンドをイメージして作っています。それから大昔のファンク・バンド、スライ&ザ・ファミリー・ストーンも。どちらもブラック・ミュージックのマニアしか聴かないような音楽なので、アルバムに入れても聴く人がいないんじゃないかなあと。

 

 

そんな「くろい穴」にスポットが当たる (大袈裟ですが)、今のJ-POPシーンって、中々凄いなあと。安心して?これからもマニアックで自由、且つポップな音作りを進めていこうかなと、あらためて思いました。