自分の音楽 ー 楽曲について」カテゴリーアーカイブ

【2019年3月6日】先日の続き 〜 「たった一つの言葉を探して」(と「続いていく世界」) はベースラインが聴きどころです

昨年末に作った「続いていく世界」(まだこのHPに上げてないです) という曲も、この曲同様、数日であっという間に出来た曲です。共通点が多いので挙げてみました。

 

 

① 曲構成ーーリズムが横ノリ。Aメロがラップっぽく、サビがメロディアス。

 

→ 横ノリのリズムだと歌詞が書きやすく (メロディに乗りやすく)、歌い易い

→ 横ノリのリズムはソフトで音が作り易い

 

② 上モノの楽器は、ほぼコード音のみ。アクセントとしてベースラインが特徴的。

 

→ 聴かせどころがベースラインだと、上モノ (キーボード類やギター) のフレーズに時間を使わなくてもよい。(ベースラインはいつもすぐに生まれます)

 

 

以上の2点です。

 

こうやって分析していて、どうしてすぐに出来たのか、自分の曲ながら納得しました。つまり、得意な事しかやってないからです。(笑)

 

 

 

先日、「…PILのように、ベース音を大きく録りました。イコライザーでかなり低いところも鳴らしました。クルマで聴いたらスピーカーが震えました。」と書きましたが、このベース音というのが実際のところ、聴こえない方も多いそうです。いや、聴こえないというか、意識に入ってこない、あるいはたとえ耳で追っても面白く感じられない、楽しめない、という意味です。

 

 

自分が一番作り易いスタイルで作ると何故こうなるかは、やはり若い頃に浴びるように聴いたニュー・ウェイヴとレゲエ/ダブの影響ではないかと。いつもドラムとベースラインばかりに耳が入っていたからです。だから今になって自分で作るようになった時に、ベースラインばかりが豊富に生まれてくるのではないかと。

 

 

かといっても、一般的には意識して聴いてくれないベースラインです。ポップスなので、上モノにも工夫が必要です。前回はコーダにピアノソロを入れました。今回はストリングスやフルートの音色を入れてみました。そしてキモのベースラインは「続いていく世界」以上に、フリーキーで、音も大きくしてみました。

 

 

 

このスタイルが自分の創作スタイルとして定着するよう、もう少し試行錯誤してみます。以前のメロディアスな曲が好きな方、ゴメンナサイ。おそらくそのうち戻ってくるので。

 

 

 

 

メロディアスなベースラインといえばこの人。ビートルズやウイングスを聴く際は、時々でいいのでベースラインにも耳を傾けて頂きたいなあと。

 

【2019年3月1日】ライヴ用のオケを作っています

早いもので、もう3月。今年はちゃんと雪が降らないままに春になりました。おかげさまで日々忙しく、冬の寒さは気がついたらあっという間に過ぎ去っていったという気がします。

 

 

それで一応予定通り、4月に久しぶりに人前で演る為のオケのアレンジを行いました。ソフトで作った楽曲はどうも手弾きの楽器が入る余地が少なく、とりあえず選んだ3曲 (3曲も歌えるか分かりませんが、とりあえずです)共に、それぞれにアレンジに一苦労でした。

 

 

 

以前、東京にライヴにいった時に、monaレコードのマネージャーさんに「ツボカワさんの場合、ギターはリズム刻むだけなので、それならキーボードでフレーズを弾いた方が面白いんじゃない?」と言われた事を思い出しました。いろいろ考えて、一曲はアコギ、一曲はキーボード、にしました。もう一曲は、ボーカルのみに集中して熱唱?しようかなと。(まだ決定はしてません)

 

 

歌や楽器の練習も始めようかなーと。また一つ、日々の楽しみが増えました。新曲の制作もいい感じで進んでいて、これは時間を上手く使わないと睡眠不足に陥りそうです。。