自分の音楽 ー 楽曲について」カテゴリーアーカイブ

【2020年7月5日】◎アルバムのタイトルと曲順決定しました!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

Songs 4 Seasons (ソングス・フォー・シーズンズ)

 

 

 

ふきのとう見つけた

 

花咲く庭にて

 

虹のメロディ

 

ひみつの言葉

 

 

 

2019年のサマータイム・ブルース

 

月を仰ぐ人々

 

祭の夜

 

 

 

鳥になって 魚になって

 

人生最後の日

 

ツチニカエル

 

 

 

続いていく世界

 

きみを待ってる

 

限りなく穏やかに

 

 

 

2020年春、コロナの日々

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

以上、全14曲のコンセプト・アルバムです。コンセプトは「四季の徒然 (つれづれ) を、音と言葉で綴る」。豊かな自然と素敵な人々に恵まれた北陸での日々の暮らしから、紡ぎ出された歌たちです。(←アルバムのコピーにもなりそう 笑)

四季の流れに沿った曲順・選曲で、春に始まって、次の季節の春に終わります。

 

 

 

アルバムにまとめる為、ここ数年の曲を聴き返していて、季節的なモチーフが多いのにちょっとした驚きでした。どんなに人工的な環境で、人工物を駆使して生活していても、身体や心は、自分が大自然の一部である事を憶えているんですね。

宮沢賢治「アメニモマケズ」じゃないけど、気まぐれな季節の移ろいに、只々オロオロと右往左往するのが人間なんじゃないかなー。同じく、そんな季節の中で一喜一憂する対人関係。

 

 

残念ながら、完成しながらも収録出来なかった曲も多いのですが、また機会があったら手直しして纏めたいなと考えています。

ジャケットや全体通してのマスタリングはこれからです。もう一息です。

 

 

 

私の楽曲はこちらから聴けます。↓

アルバム収録に際して、サウンドクラウドに上げた以下のヴァージョンは、かなり手直ししました。

 

 

 

 

 

【2020年6月4日】「祭の夜」リミックスしてサウンドクラウドにアップしました

去年の今頃?5月頃?出来上がった「祭の夜」、この間演り直したニュー・ヴァージョンをリミックス&マスタリングして、今ほどサウンドクラウドにアップロードしました。

いつもながら、アップロードの際は世界に向かって私信を発する気分になり、実に気分がいいです。一人でも二人でも、聴いてくださる方がいらっしゃったら、作った甲斐があったというものです。

 

 

この曲が出来たのは、前後に「ひみつの言葉」「カーニバル」「エリザベート・ワルツ」など、憂いのあるメロディの曲ばかり作っていた時期です。

一年経って聴き返して感じるのは、その中でも、この曲はそんな曲たちの中の決定版という感じがする事です。

出来がいいという訳ではなく、メロディの個性が、です。今、こういった雰囲気の曲を作れと言われても出来ないかもしれません。