自分の音楽 ー レコーディング日誌」カテゴリーアーカイブ

【2019年11月16日】前回の続き 〜「限りなく穏やかに」ギター・ソロのパートを加えました

その頂いたギターの音がしっかりしていたので、もっと活かそうと、ギター・ソロのパートを入れることにしました。

 

 

 

とは言え、私はギター・ソロを弾いたのは、つい最近作った「月を仰ぐ人々」で、ほんのワンフレーズ弾いたのが初めてという、超初心者です。その「月を仰ぐ人々」のソロも、ほぼボーカルラインをなぞっただけの簡単なものです。

 

 

私はギターの音は好きなのですが、ギター・ソロを聴かせるようなロックを聴いてこなかったので、また入っていても耳で追っかけたりしてなかったので、フレーズも浮かばないんだと思います。天才でない限りは、インプットがない限り、アウトプットもないので。

 

 

それで、ギターを弾いてもソロ弾きのフレーズが全く浮かばない&弾けないので、結局キーボードでソフトのギター音を弾いて、稚拙ながら、何とかそれらしくなりました。これをベースに、あとはお任せしたいなと。

 

 

この曲の歌メロは「ヨナ抜き音階」(雅楽の音階) を使った日本的なメロディなので、ギター・ソロも、雅楽っぽく、持続音を多用しています。そして歌メロの日本っぽさを強調する為に、ギター・ソロのメロディは敢えて普通の西洋音階で鳴らしました。

 

 

 

このところ、打ちこみで緻密な音ばかり作ってきたので、この曲のように、手で弾いて演る曲はやっぱり面白いです。生演奏によって、更に曲が活き活きするのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

U2「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」(‘87年) のPVから。バックの持続音は、この曲の音響を参考にしました。

久しぶりに聴きましたが、いい曲ですね〜。

 

【2019年11月14日】「限りなく穏やかに」〜 手弾きの魅力を活かす

以前作った「限りなく穏やかに」のデモ・ヴァージョンに、ギターの音が加わります。弾いて下さるのは、知人の息子さんで若干二十歳のGさん。

先日送ったデモトラックにギター音が被って返信がきました。私よりも全然上手いです。

 

 

この曲はいかにもバンドで演るっぽい曲だったので、途中まで作ってはみたものの歌も入れずにそのままあたためていました。

 

 

限りなく穏やかに」ラフなトラック出来ました 〜 打ちこみと生演奏について (クリックで読めます)

 

 

うちこみと人力の違いは、上記のグルーヴ以外にもあります。

ギターだと、フレット移動の際のキュッという摩擦音、ピッキングの際のきっちり揃わない持続音。感性の赴くままに弾くフィードバック・ノイズ。

意識でコントロールしきれないノイズこそが、音楽の一部として活きる訳です。

 

 

そんな要素が、打ちこみだと表現出来ません。うちこみは基本「意識」して行う行為だからです。それはそれで、そういう音が生きる曲にすればいいのですが、「限りなく〜」は、人力ノイズがあった方が活きると感じました。

今後の展開が楽しみです。

 

 

 

 

 

ノイズ・ギターの元祖、ジミヘン。

とりあえず弾けばそれが音楽になるという、天才的ギタリストです。