自分の音楽 ー レコーディング日誌」カテゴリーアーカイブ

【2018年11月12日】新曲「昭和のメロディ」に歌詞がつき「ユメヒトヨ」が生まれました

以前何度か上げた「昭和のメロディ」(仮題) の歌詞が書けました。「ユメヒトヨ」というタイトルです。「夢一夜」でしたが、同名曲があったため、「ユメヒトヨ」とカタカナにしました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

ユメヒトヨ

 

 

※あれも夢   これも夢

夢一夜

過去も夢   今も夢

春の夜

 

※※花の色   色褪せて

夢一夜

塵となれ   灰となれ

花吹雪

 

遠くで鳴ってる鐘の声

諸行無常の響きありやと

 

あれも夢   これも夢

夢一夜

過去も夢   今も夢

夏の夢

 

 

行く川の   その流れ

絶えずして

もとの水   にあらずと

流れゆく

 

浮かんで消えて

また浮かんで

人の世のように

思いけりやと

 

 

※くりかえし

 

 

過ぎてゆく日々まるで

旅の途中のように

どこで暮らしていても

行き着く先同じなり

 

 

※くりかえし

 

※※くりかえし

 

※くりかえし

 

 

 

これを読んで「あれ、どこかで読んだフレーズが…」と思われるかもしれません。この曲は古典文学をモチーフに書いてみました。温故知新です。ざっと挙げると、「平家物語」「方丈記」「奥の細道」などです。宇多田ヒカルさんもヒット曲「Traveling」で、平家物語を引用していますね。

 

 

以前から、古典文学の「もののあはれ」について歌ってみたいと思っていましたが、ふと今回の曲は、これでいけるんじゃないかと閃き、一気に書き上げました。レゲエ・ビートにも上手くハマってとっても歌いやすく、すぐにレコーディングで歌えそうです。

 

 

上記の古典文学作品たちには、ある共通した通奏低音が流れていると感じます。それは私にも共感出来るものですし、今になっても読み継がれている物語であるという事は、それは私だけではなく日本人の多くに共通するものなのでしょう。

この歌で、私なりに、そのエッセンスを抽出してみました。いかがでしょうか。

 

 

 

 

イントロとアウトロのメロディを、新たに加えました。

 

【2018年11月10日】新曲「Songtronica (ソングトロニカ)」歌詞出来ました 〜 散歩の快感のような曲です

先月末に曲想が浮かんだ「ソングトロニカ」、歌詞を書きました。ちなみにソングトロニカとは、歌モノ+エレクトロニカを表した、私の造語です。

 

 

このところ言葉の意味を重要視した歌詞ばかりを書いてきたのですが、今回は久しぶりに、意味から離れて、音のイメージを膨らました情景描写をしてみました。

音も言葉も、数日前に上げた業田良家さんのインタビュー記事にある、明鏡止水、静かな心でいる時のしあわせ、そういった情景・心情を表現してみました。聴く人によっては、実に退屈な音楽だと感じると思います。曲の9割がインストのパートで、歌はほんの一部でしか歌っていません。

 

 

私は晴れた日の朝や、休日の夕方など、よく散歩に出かけます。歩いては、公園で一休み、また歩いては、別の公園でまた一休み。この曲の刺激のなさは、そんな散歩の快感に似ています。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

Songtronica (ソングトロニカ)

 

 

公園の木々の影

 

長く延びる秋の夕暮れ

 

片隅で老人が

 

寂しげにギター爪弾く

 

 

※木洩れ陽   影踏み

 

犬が吠えている

 

優しい世界に僕ら生きている

 

 

時が過ぎて闇が迫り

 

樹々は夜を包むように

 

気付けば独りで

 

迷い子のように立ち尽くす

 

 

※くりかえし