J−POP」カテゴリーアーカイブ

【2019年3月17日】知人がFrekul (フリクル) で活動します 〜 ネットでつながる音楽たち

このHPで知り合った知人からラインで「フリクルで活動始めます」の報告がありました。

Frekul (フリクル) とは、「あなたの音楽活動をサポートするバーチャル・プロダクション」と銘打って、ネット上での音源配信を行なっているプロダクションです。登録料及び使用料は無料。音源制作を行なっている方ならどなたでも参加出来ます。

 

 

因みにサイトを閲覧してみると、3月16日午後11時30分現在、登録アーティスト数 11,304組、登録楽曲数 42,807曲、でした。ここまで参加者がいらっしゃるのには驚きました。音楽クリエイター版「5ちゃんねる」みたいです。誰もが表現出来る、音楽メディアの新しい形として定着しつつあるのではないかと思います。

 

 

フリクルの登録者数をみても分かりますが、今音楽は、質は別として誰もが作れる時代になりました。なので、クリエイターやアーティストを職業としてやろうと努力されていらっしゃる方も、昔よりは遥かに増えてきています。専門学校まである位です。(しかも競争率が高くて、入るのも大変だそうです)

ところが実際には、逆に昔よりも遥かに、音楽は売れていません (お金になりません)。お金がかからないから普及したけど、いざ演る側になると、お金が絡まないから儲かりません。面白い現象ですね。

 

 

私は今のこの状況は、極めて健全なのではないかと思っています。今まで、音楽で大金を稼げる事が自体がおかしかったんだという気がします。

大きなお金が絡まないから楽しく出来ますし、しがらみも生まれません。食い扶持は別に持って (サラリーマンをするという意味ではありません)、自分の音楽はお金の匂いがしないものを作る。これが一番しあわせな活動だと自分では考えているのですが。まあこれは人それぞれの考え方ですね。

 

 

因みに知人のフリクルでのアーティスト名は「ぽちとまぜごはん」です。今どきのネーミングですねー。見かけたらヨロシクです。

 

 

 

インターネットの世界 (ニコニコ動画) からブレイクした米津玄師さんの「アイネクライネ」のPVから。いやー、いい曲ですねー。米津さんのブレイクで、自分も音楽を作ってみようと思った少年少女がたくさん居そうです。

 

【2019年2月22日】新曲が生まれそうです 〜 キース、レゲエ、ロキシー、忌野清志郎…

数日前に、キース・リチャーズさんの「ワーズ・オブ・ワンダー」のドラム・フレーズをループさせてみましたが、早速そのトラックにコードとメロディを乗せて、一曲作っています。歌詞はまだ書いていませんが、トラックは出来上がりつつあります。

 

 

それでそのドラムのループに、ロキシー・ミュージック「エイント・ザット・ソー」(アルバム「マニフェスト」に収録) のギターを、これまたサンプリングして絡ませてみたところ、上手くフィットしました。こういう作業は楽しくてクセになります。睡眠時間が削られます。

 

 

このように書くと、何となく今時のサンプリング・ミュージックを作っているみたいですが、実際はそういう音を目指しているのではなく、この曲はぎこちないナチュラルなグルーヴ感を出せたらいいなあと思っています。最近の自曲はどうも機械っぽいのが多いので。

 

 

 

しばらくその作りかけの音源を流しながら、合わせてアコギを弾き、「このグルーヴはいつか聴いたことがあるぞ」と思った瞬間、頭の中にはRCサクセションの「僕の自転車のうしろに乗りなよ」が鳴っていました。そう、まさにあのグルーヴです。しばらく弾き続けました。(いつもの事ながら、この曲を知らない人には何のことやらという話ですが。。)

 

 

「僕の自転車のうしろに乗りなよ」は、RCサクセションの’72年リリースのアルバム「楽しい夕に」のラスト・ナンバー。6分を超える長尺曲です。イギリスで、ジギー・スターダストやT−REXがブレイクしていた頃、日本でもこういうステキな音楽が生まれていたという事です。このアルバム「楽しい夕に」は、RCサクセションのアルバムのマイ・ベストでもあります。

 

 

 

よっぽどの才能豊かな人でないと、無から有を生み出す事は出来ません。私を含め普通の人は、膨大なインプットがあって、はじめてアウトプット (表現) する事が出来ます。

今回のこの曲も、数々の聴き込んだ音楽があってこそ、生み出されています。曲が出来るたびにいつも、先人に感謝をする次第です。

 

 

 

 

「僕の自転車のうしろに乗りなよ」を歌う、若かりし頃と歳を重ねた後の忌野清志郎さん。唯我独尊な面構えは全然変わっていません。

清志郎さんは享年58歳です。私はもうすぐ55歳です。亡くなられた時は遠い年齢だと思っていましたが、今気がつくと、何とあと3つです。歳はちゃんととるものだなあと改めて感じました。

 

 

 

 

「楽しい夕に」と、1990年9月1・2・8・9日の4日間、東京・日比谷野外大音楽堂にて行なわれたRCサクセションのコンサート「4 SUMMER NITES」の最終日の模様を収録したDVD「ミラクル」。「僕の自転車のうしろに乗りなよ」は、上の若い頃の映像が時折シンクロして導入されています。

このDVDも「楽しい夕に」も、忌野さんが亡くなってから一度も見聴きしていません。特に理由はありません。画像を上げようとyoutubeを観ていて、目頭が少しだけ熱くなりました。