J−POP」カテゴリーアーカイブ

【2020年1月20日】音楽は商品を超えて 〜 完成に拘らずに創作するには?ーー X JAPANのニュー・アルバムに思う

 

 

X JAPANのヨシキさんが、ニュー・アルバムのリリースに際して、うつ状態になっているそうです。「DAHLIA」を’96年にリリースしてから、悩みに悩んでいるとのことです。何と、24年も経っています。

 

 

 

アルバム (やシングル) で、商品としてリリースするということは、作品がそこで完結してしまうということです。つまり世間的には「完成品」として聴かれる訳です。完成品ということは、普通に考えると、完結していて手直しが出来ないということです。

 

 

ヨシキさんは完璧主義者だそうです。一点の曇り・疑問があったら、やり直すんじゃないかと。だから完成しないんでしょう。しかし、「完璧」は、真剣に求めれば求める程、「完璧」から遠ざかっていきます。

ヨシキさんのようなアーティストは、世界をみるとそれなりにいらっしゃいます。つまり、なかなか完成させることが出来ないというのは、ヨシキさん個人の問題ではないと思われます。

 

 

 

宮沢賢治さんの「銀河鉄道の夜」は、何度も何度も推敲されて、結局未完成のまま、作者本人は死んでしまいます。

ところが、読んで感銘を受けた方なら分かると思いますが、この作品は、未完成だからこそ、美しく輝いています。未完成だからこそ、読者の想像力によっていろんな解釈が出来る、そんな作品です。

もしかしたら、宮沢賢治さんも完璧主義者だったのかもしれません。だから、一つの作品に一生涯を費やしたのかもしれません。でも、完成出来なかったことが、逆に作品の素晴らしさを高めている、そんな気がします。

 

 

 

以前に書きましたが、デジタルの表現とアナログの表現の大きな違いは、アナログは一回性なのに対し、デジタルはいくらでもやり直しがきく点です。昔は全ての表現がアナログだったので、「完成」という概念が生まれたのかもしれません。

デジタル時代の表現者は、別に作品を無理矢理完成させなくてもいいんじゃないかと、私は思います。とは言っても、商品として流通させなければいけないので、皆さんアルバムを作ったりシングルをリリースしたりしていますが。

 

 

CDやレコードなどで「最終形」としてリスナーに提示する、という表現スタイルは、もはや古いんじゃないか、そう思います。

発表した後も、いくらでも手直し出来てもいいんじゃないかと。

 

 

 

そう思いついたのは昨年のことで、私はそれから作品を量産しています。ダメなら寝かしとけばいいし、無理矢理詰めなくても、一応完成としておいて、後から手直ししています。

サウンドクラウドに上げた数曲でさえ、上げてから若干いじっている曲があり、データを更新しています。商業音楽ではないので、こういう自己満足が一番肝心なところなんじゃないかなと。ここが、CDアルバム曲と違う点です。

 

 

完成品として世に出した既存のCD作品も、アーティストの意向ひとつで気軽に更新できるようになれば面白いと思うのは、私だけではないと思います。

そうなれば、皆んなが皆んな、「完成品」にこだわることもなくなるんじゃないかなと。

 

 

 

 

 

【2020年1月11日】七尾旅人「きみはいるかな (戦地の家族たち)」を聴いて

一昨日、七尾旅人さんの新曲「きみはいるかな (戦地の家族たち)」が、サウンドクラウドにひっそりとアップされました。おなじみのアコギの弾き語りスタイルで、アルバム「リトル・メロディ」を思い出す楽曲です。

 

 

この曲は「昨夜、(ガザ、シリアなど)戦地にいる小さな家族を思い浮かべながら、歌を作りました。」(七尾さんのブログより) という歌です。

かつての東日本大震災後の「圏内の歌」のような、弱者にそっと寄り添った優しい歌です。

 

 

七尾旅人さんのアコースティックな曲を聴いていると、まるで小さな子どもの頃に母親が寝しなに唄った子守唄のように聴こえる時があります。(←実際そんな体験は憶えていません。想像上です)

メロディの懐かしさ・普遍性と歌声から、そう感じるのだと思います。

この曲「きみはいるかな (戦地の家族たち)」も、そう聴こえました。

 

 

東日本大震災を経て「リトル・メロディ」がリリースされた時、あまりにも普通の音で、それでいてメロディが豊かで優しい歌ばかりで、それまでのファンは驚いたんじゃないかと思います。一貫して「混沌とした自分」を歌ってきた七尾さんが「他者」を歌った、そんなアルバムだったからです。

母親が子どもに寄り添って歌うように、弱者にそっと寄り添って静かにうたわれた歌たちは、私には、昔聴いたルー・リードさんの弾き語りの歌たちと同じように聴こえたものです。

 

 

 

そういう人はわりかし多いと思いますが、私は災害とか犯罪で人が死ぬニュースが大嫌いで、だから悲惨で大きなのがあったら、ニュースはなるべく見ないことにしています。気分が滅入ります。

ニュース自体もですが、100%他人事感丸出しで喋っている、アナウンサーやコメンテーターを見聞きするのが嫌だからです。

 

 

ニュースをちゃんと見れないんなら、せめて歌はちゃんと聴かねば、そう思っています。

客観的で無責任なアナウンサーの言葉を聞くより、好きなアーティストの歌の方が、よっぽど深くその事象が心に入ってきます。

七尾旅人さんの新曲を聴いて、あらためてそう思いました。

 

 

 

 

 

私が聴いた時点で、660回再生されていました。

それからどれだけの人が聴いたんでしょうか?