J−POP」カテゴリーアーカイブ

【2018年10月31日】YMOコンピレーション・アルバム「NEUE TANZ」は「マイ・ベスト」の成れの果て

 

 

YMO結成40周年アニバーサリーという事で、テイ・トウワさん選曲・監修、砂原吉徳さんのリマスタリングのコンピレーション盤「NEUE TANZ」がリリースされました。

 

 

何度か書いていますが、私の高校生時代のYMO人気はそれは凄いもので、今思うと、ああいう新しい音楽が大ブームになったのは信じがたい事です。

リリースに関わったテイ・トウワさん、砂原吉徳さんは、お二人とも大のYMOフリークのミュージシャン。YMOによって人生が決定されたとも言っていい程の方々です。さぞや力の入った仕事だったのではないかと。

 

 

この「NEUE TANZ」の選曲ですが、リストをみると多分に偏った選曲がなされていますが、リストをみて頭の中で音を鳴らし、曲をつなげてみると、実にいい感じで流れます。テイさんの個人的なマイ・ベスト的な趣きも少し感じました。

 

 

こういう独自の選曲でアルバムを作る作業というのは、個人的に行うと実に楽しいもので、私も様々なアーティストのマイ・ベストを作って楽しんでいました。その選曲も、選ぶ時期によって、曲目が大きく変わります。

 

 

 

そのYMOのマイ・ベスト、高校生か大学生の時に多分何度も作った事がある筈です。46分カセットにちょうど収まる選曲です。内容は忘れましたが、多分、坂本曲 7:高橋曲 2:細野曲 1 、ぐらいの割合だったのではないかと。それほど当時の私は坂本さんの曲をよく聴いていました。(細野さん、ユキヒロさん、スミマセン…)

 

 

ちなみに、ブログネタにと思い、今しがた、ささっと80分のCDサイズに、聴きたい曲を直感的に選んでみました。相変わらず坂本さんのが多いのですが、細野さんの曲がたくさん入っていて、我ながら驚きました。(ユキヒロさん、ごめんなさい…)

細野さんの作曲でなくても、「京城音楽」「東風」など、ベースラインが目立つ曲を何曲も選んでいて、自身の耳の変化を再確認しました。

 

 

当時、地味であまり聴いていなかった「マス」「シムーン」「マッドピエロ」など、今聴くととてもいい感じに聴こえます。(以上3曲とも細野曲)

凝り性の私としては、細野さん再確認の旅 (といっても、過去音源を聴き返すだけですが) に出ようかと思ってしまいました。

 

 

そんなこんなで、曲目を眺めていただけで楽しめた、YMO「NEUE TANZ」でした。

 

 

 

 

YMOのマイ・フェイヴァリット。「BGM」と「テクノデリック」。

 

【2018年10月24日】米津玄師「flamingo」は衝撃です

大ブレイクした米津玄師さんの新曲「flamingo」のPVが公開されていたので、早速閲覧しましたが、あまりに衝撃的な曲でした。リズムを聴かせるヒップホップのようなスカスカのトラックに乗る米津さんのボーカル・パフォーマンスが圧巻です。

 

 

この人については、随分前にチラッと「大昔の日本的なメロディが時折覗き、そこがすごく魅力的に聴こえます」というような事を書きましたが、今回のはチラッとどころか、後半のパフォーマンスは浪曲師の趣きすら感じます。ファンキーな浪曲師、民謡師です。

私の知る限り、こういうポップス以前の、古来からの純邦楽的な音楽性をナチュラルに感じさせる人は、本物中の本物の音楽人です。古くは山下達郎さん、矢野顕子さん。それから、エレカシの宮本さん…。

 

 

おそらくこれらの方々のように、末永く愛される楽曲を、これからもたくさん作り続けるのではないでしょうか。そして更には世界レベルでも聴かれるようになればいいなあ。そう感じた「flamingo」でした。「最近の曲はよく分からん」と仰る方にこそおススメします。