J−POP」カテゴリーアーカイブ

【2020年10月14日】昭和の歌謡曲★我が心のベスト・テン

 

 

 

ふと見かけたこの記事。興味深く閲覧しました。

先日、筒美京平さんがお亡くなりになったニュースが流れましたが、追悼を込めて、私の歌謡曲史を彩る名曲を上げます。

 

 

多過ぎて選ぶの大変でした。YouTubeで、観ながら・聴きながら、懐かしのひとときを過ごせました。

先ずは、今風に言うと、神曲を3曲。

 

 

 

タイム・トラベル/原田真二 (‘78年)

 

異邦人/久保田早紀 (‘79年)

 

ガンダーラ/ゴダイゴ (‘79年)

 

 

3曲とも、偶然ながら’78年と’79年に集中。そして3曲ともに、和洋折衷具合が絶妙です。あと、イントロも印象的。

 

 

 

 

 

タイム・トラベル/原田真二 (‘78年)

 

3ヶ月連続シングルをリリースして、一気にスターダムに躍り出た原田真二の4枚目のシングル曲。以前にも書きましたが、当時この曲を聴いて「原田真二は天才だ」と確信しました。でも、クラスの女子数名しか分かってくれる人がいませんでした。

数十年経ってスピッツのカバーを聴いた時、当時にタイム・トラベルした気分に陥りました。あまりのエヴァーグリーン感にクラクラしました。

 

 

 

 

異邦人/久保田早紀 (‘79年)

 

この曲も、以前に上げています。たしか「ユメヒトヨ」という自曲を作った時です。曲想・歌詞、そして歌う本人のルックス・佇まい、全てが完璧に、この曲の世界を表しています。途中のメジャーに転調するメロディに心が洗われました。

そういえば、次の「ガンダーラ」とか、ジュディ・オング「魅せられて」とか、異国情緒漂う曲って最近ないなあと。ネット社会で、異国幻想がなくなりつつあるからかもしれません。

 

 

 

 

 

ガンダーラ/ゴダイゴ (‘79年)

 

ゴダイゴがブームになる、その先駆けとなった曲。ギターのイントロで持っていかれます。「異邦人」とは逆に、メジャーのイントロからマイナーの歌メロへの転調です。歌メロがマイナーなので、イントロと間奏の、あのフレーズが活きるのでしょう。

ゴダイゴはこの後、「モンキー・マジック」「ビューティフル・ネーム」「銀河鉄道999」…、次々とヒット曲を生み出しますが、そのどれもこれも傑作揃いです。

 

 

 

あと7曲は、時系列で。幼少期〜小学生の頃好きだった歌ばかりです。

 

 

 

恋の季節/ピンキーとキラーズ (‘68年)

 

てんとう虫のサンバ/チェリッシュ (‘73年)

 

恋のダイヤル6700/フィンガー5  (‘73年)

 

およげ!たいやきくん/子門真人 (‘75年)

 

木綿のハンカチーフ/太田裕美 (‘75年)

 

やさしい悪魔/キャンディーズ (‘77年)

 

カサブランカ・ダンディ/沢田研二 (‘79年)

 

 

 

小学生の頃からずっと聴いて好きだったキャンディーズとジュリーは、中学生の頃の曲を選びました。「やさしい悪魔」「カサブランカ・ダンディ」は、それぞれのマイ・フェイバリットです。

 

 

あと「恋の季節」、ニュー・オーダー「60マイルズ・アン・アワー」(アルバム「ゲット・レディー」収録) にそっくりで (もちろん、ニュー・オーダーが後)、初めて「ゲット・レディー」聴いた時、思わず笑いました。(今聴いたら、そんなに似てない。。)

 

 

こうして並べてみると、明るい曲が殆どいうのが面白いです。

 

 

 

その他、洋楽カバーの歌謡曲。

 

 

聖母たちのララバイ/岩崎宏美 (‘82年)

 

雨音はショパンの調べ/小林麻美 (‘83年)

 

 

この2曲、調べたら’80年代なんですね。洋楽がお茶の間に完全に浸透してきた頃です。洋楽メロディと日本的歌唱&言葉が、ピッタリとマッチして、原曲よりも遥かにいい曲に聴こえます。これもまた、歌謡曲。

 

 

 

 

 

岩崎宏美「聖母たちのララバイ」。歌唱力がとんでもないです。。

 

【2020年9月28日】山下達郎「ポケット・ミュージック」「僕の中の少年」リマスター盤リリースされます

 

 

 

「ポケット・ミュージック」は’86年、「僕の中の少年」は’88年に、それぞれリリースされています。私の中のタツロー・ツー・トップのアルバム2枚です。

クールな音に熱いボーカルが魅力のタツロー・サウンドですが、この二枚はシンガー・ソングライター的な思想・内省も加わっていて、翳りも感じます。当時の私のようなロック好きの耳にも届きました。特に「僕の中の少年」は、ホントによく聴きました。

 

 

 

達郎さんと言えば、昔から音に対する拘りが厳しいことで有名です。パーソナリティーであるFM番組「サンデー・ソングブック」でも、オールディーズの音源をご自身のマスタリングでオンエア向けに最適化して流している程の拘り具合です。

そんな達郎さんが、この2作をどのようにリマスターするのか、とても興味深いところです。

 

 

 

この2作の特徴は、レコーディング機材がアナログからデジタルへの移行期に制作されている事です。この辺の経緯は、ウィキペディア「ポケット・ミュージック」「僕の中の少年」項にかなり詳しく記されているので、興味ある方はそちらをご覧ください。

 

 

完璧なまでに完結した音世界を誇るタツロー・サウンドの中で、この2作は、アナログとデジタルの狭間で制作された為、唯一?スキが多く、前述したように個人的な匂いの強いアルバムであり、そんなところが逆にファンの耳を捉えているところなのではないかと。

 

 

完成度は、ポケット・ミュージックの前作で、アナログ・レコーディングの集大成「メロディーズ」や、「僕の中の少年」の次作「アルチザン」以降の作品と比べると落ちるのですが、アナログ音像とデジタル音像のせめぎ合いが、とても興味深く聴こえます。

 

 

 

それぞれのアルバムの大トリ曲「風の回廊」「僕の中の少年」では、両曲とも、まるでスライ&ファミリー・ストーンのようなベースラインが、サウンド全体を引っ張っています。

このベース・ラインが、ガチガチのデジタルな音像であるところが、今聴くと、とてもユニークです。

個人的には、こういうデジタルなベースのフレーズが引っぱる曲、あと数曲あればと思うんですが、それぞれのアルバムに1曲づつというところが達郎さんらしいです。

 

 

 

今、タツロー・サウンドを聴き返して、唯一時代を感じさせるのは、全体にエコー成分が多いところです。特に、ボーカルに掛けるエコーです。

今どきのポップ・ミュージックは皆、エコーをあまり掛けなくなってきています。これは、今どきのリスニング環境が、スピーカーからヘッドフォン/イアフォンに変わってきているからではないかと。

 

 

逆に言えば、このエコーが、タツロー・サウンドのウリでもあるのですが。

果たしてリマスターされる「ポケット・ミュージック」「僕の中の少年」、どのような音像になっているのでしょう?