J−POP」カテゴリーアーカイブ

【2019年8月28日】初音ミク誕生12年に思う 〜 ボカロは生きづらさに寄り添う音楽です

 

 

今朝のyahoo!ニュース記事から。

 

 

以前当ブログで、「時代の音」というテーマで「’10年代の音はボカロ (ボーカロイド) だった」と書いた事があります。

J−ポップが洋楽から離れて新しいフェーズに入ったのもこの辺からだと感じます。それまでのJ−ポップは良くも悪くも、洋楽をお手本に歩んできました。

私が同時代のメインの音楽から離れだしたのも、この時期からです。聴く音楽が減ったので自分で作り始めた、とも言えます。

 

 

 

その昔、家庭環境・学校環境・人間関係…その他いろんな理由で生きづらかったり、あるいは私のように何の理由もないのに、ただ生きづらかったり、そんな少年少女の多くはハードなロックに救いを求めていました。

 

 

ボカロを聴いた時、「あ、これは今の時代の救いの音楽だ」と、直感しました。今の時代で、只々生きづらい少年少女の為の音楽だ、と。おそらく私が今の時代に生きていたら、かじりついて聴いていたかもしれません。

ボカロのノリや初音ミクちゃんの声についていけないオジさんでも、それだけは分かりました。

あと、聴く側がそのまま送る側へとシフトする様子は、まるでかつてのパンク・バンドのようです。

 

 

逆に言うと、だから今この歳になって、そんな思春期的表現は、聴かなかった・聴けなかったのだと思います。時々閲覧していたニコニコ動画では、そんな少年少女たちの孤独な魂が渦巻いていたように感じました。

 

 

 

この記事は、まさにそんなところにスポットを当てて語られています。長いけどすごく読み応えのある良い記事です。コメント欄も愛に溢れたコメントばかりで、読んで心が動いた人が、私だけでなく、多かったんだなあと。

興味ある方はぜひご覧下さい。

 

【2019年8月7日】ゼロ年代のギター・ロック 〜 ナンバー・ガール「ナム−ヘヴィーメタリック」

先日知人とラインをしていてあらためて、自分はゼロ年代以降のギター・ロックの音って聴いてないなあと言うことを実感。以前に書きましたが、ある意味ギター・ロックを極めたレディオヘッドの、ギターを捨てた?アルバム「キッドA」(‘00年) の衝撃が大きかったのでしょう。

トム・ヨークさんの影響を受けて?、エレクトロニカを聴き始めたのもこの頃です。

 

 

ところで最近yahoo!ニュースで、最近再結成したナンバー・ガールの記事が上がっていました。

 

 

 

 

 

ナンバー・ガールは、メジャー・シーンでは’99年〜’02年に活動していた日本のバンド。ミュージシャンにもリスペクトする人が多いこのバンド、私にとっては最後の、リアルタイムで聴いていたギター・ロック・バンドかもしれません。

私が一番よく聴いたのは、ラスト・アルバム「ナム−ヘヴィーメタリック」(‘02年)。このアルバムで、私の中でギター・ロックがとどめを刺されたという感じでしょうか。

 

 

実はこの「ナム−ヘヴィーメタリック」、既にギター・ロックとは言えない混沌とした音なのですが (だから解散したのでしょう)、この路線でもう一枚作って欲しかったなあと、当時思いました。

オープニング・ナンバーでありタイトル・チューン「ナム−ヘヴィーメタリック」、この一曲だけで、とんでもない地点に行っている事が分かります。

 

 

PIL「メタル・ボックス」の進化系のようなダブでノイジーな空間的音響に、念仏のようなラップが絡むこのナンバーは、洋楽のスタイルに乗った和製ロックではない、民謡やわらべ唄から脈々と流れる真に日本的な感性がロックしている、そんな印象を受けます。

褒めすぎかな (笑)?嘘だと思ったら、騙されたと思って実際に聴いてみて下さい。初めてこの曲を聴いた時は、ほんとビックリでした。

 

 

 

「再結成は稼ぐため」と明言しているのも向井さんらしいですが、理由はどうあれ、メンバーの化学反応がスパークする素晴らしい音を奏でて欲しいなあと。

 

 

 

 

その「ナム−ヘヴィーメタリック」。これはCD本体。まるでモディリアーニ (昔の西洋の画家) のような、顔のない女性のイラストのジャケットも大好きでしたが、残念ながら残っていませんでした。