J−POP」カテゴリーアーカイブ

【2019年1月23日】七尾旅人「STRAY DOGS」聴きました

一週間程前に、近くのファミマで七尾旅人さんの新曲「きみはうつくしい」がかかって、ニュー・アルバムの紹介がされていました。インディーズのアーティストがファミマで紹介されてる事に、ちょっとビックリ。アルバムは昨年末にリリースされていました。先日のオフ日に、久しぶりにタワレコに行って購入してきました。

 

 

インターネットは、こちらから求める情報に関してはいくらでも深く掘れるのですが、求めないと全く教えてくれません。私もそんなネット病に罹りつつあるようです。気をつけねば。。(だから情報メディアに関しては、yahoo!ニュースやデジタル新聞よりも、今はまだペーパー新聞の方が健全で優秀だと思えます)

 

 

それでこのアルバム「STRAY DOGS」、実に聴きやすいアルバムです。ファンでない人が聴いても普通に聴けます。(ファミマでかかっている位なので)

前の音楽アルバム「リトルメロディ」も、七尾さんのアルバムとしては、メロディアスで聴き心地がよかったのですが、今回のは更にポップな音です。

 

 

 

このアルバムは、自身のデビュー20周年を意識して制作されたようです。デビュー・アルバム「雨に撃たえば…! disc 2」から、もう20年も経っているんですね。

そのデビュー・アルバムは、メジャーのレコード会社からリリースされたとはとても思えないカオスなアルバムでしたが、私はこの頃、この人と中村一義さんと神森徹也さん (まだ活動してるのかな?) を合わせて「宅録三羽ガラス」と勝手に命名して愛聴していました。三人とも年若くして一人で音を制作してのデビューです。それぞれが超個性的な音楽性でした。

 

 

この三人の中でも、七尾旅人さんの音楽性は一番混沌としていたのですが、アルバムを時系列に沿って聴いていくと、その混沌とした音楽性が時が経つにつれて段々とポップに開けていくのがよく分かります。決してシーンに迎合しているという訳ではありません。相変わらず濃いままですが。

 

 

変な例えですが、誕生時、マグマとかがドロドロとして混沌とした状態だった地球が、長い時を経て海と陸地に分かれて、原始生物が誕生して、植物や動物が生まれて、やがて命に満ち溢れた緑の惑星に成長する、そんな過程と似ているなあと。

今作はまだ数回しか聴いていないのですが、そんな事を感じました。それは、音楽的成熟、とは意味合いがちょっと違います。七尾旅人さんを聴き続けてきた人なら、この感じ、分かると思いますが、いかがなものでしょうか。

 

 

5曲目に「DAVID BOWIE ON THE MOON」。デヴィッド・ボウイさんの亡くなった日に作った曲との事です。この曲を聴いて、更に七尾さんの音楽が好きになりました。

 

 

 

しばらくは毎日聴き続けそうです。

 

 

 

 

本人からのメッセージ付きです。

 

【2019年1月13日】先日の続き 〜 レゲエの魅力について、坂本龍一発言から

 

 

先日自曲のレゲエのグルーヴについて少し触れましたが、数日前に関連する興味深い記事が上がっていました。

坂本龍一さんがナビゲーターを務める「RADIO SAKAMOTO」で、編集者でライターの若林 恵さんをゲストに迎えてのお話です。

 

 

その話の中で “跳ね返される音楽” について言及されていました。

 

 

坂本:僕が跳ね返されたのはレゲエです。

若林:「レゲエ、わかんねえ」って感じですか?

坂本:わかんない。何がいいんだろうと思う。

若林:面白い。

坂本:たぶんいいんだろうと思って、わかんないんだけど聴き続けて、面白いってなるまでに2年かかりました。

 

「ある日突然、レゲエ空間が見えた。幾何学的な空間」と坂本。それ以来、レゲエを面白く聴けるようになったと言います。

 

 

面白くなるまで聴き続けたというのも凄いですが、この感覚はとてもよく分かります。面白くないなら聴かなきゃいいじゃないと思いますが、そうではなくて、「この音は絶対に良く聴こえる筈だ」「自分に必要な音楽だ」との確信が、何故か直感としてあっての事だと、そんな気がします。坂本さんのレゲエ場合、直感に意識が追いつくまでに2年かかったという事なのでしょう。私にも、そんな音楽は多々あります。

 

 

その、2年かかった結果が後々の音楽性に影響を与え、見事に花開いています。

坂本さんの初期のアルバム「千のナイフ」「B−2ユニット」は、それぞれレゲエ・ダブの影響が色濃く出ています。まさしく「レゲエ空間・幾何学的な空間」(レゲエの魅力を一言でまとめた、的を得た上手い表現だと感心) を感じさせる音楽です。それぞれ’78、’80にリリースされていますが、この時期にここまでレゲエ・ビートを地肉化していたのは、あとは細野晴臣さんぐらいじゃないかなあと。今のビート・ミュージックと一緒に聴いても全く色褪せて聴こえません。

 

 

坂本さんの曲はレゲエ調でなくても、鳴っていない筈のバック・ビートが強烈に感じられます。例えば「戦メリ」を、「エナジーフロー」を、頭の中でレゲエにアレンジして鳴らしてみて下さい。割と簡単に想像出来ますよね。坂本さんにとってレゲエは「必要な音」だったのでしょう。

 

 

 

 

軽快なレゲエ曲「ムーヴィング・オン」(‘94) を演る坂本さん。こういう曲をもっと作ってほしいんだけど、もうやらないんだろうなあ。。