洋楽」カテゴリーアーカイブ

【2020年7月7日】プリンス「ラヴセクシー」「サイン・オブ・ザ・タイムズ」など、自分でリマスターしています

‘87年リリースの名作「サイン・オブ・ザ・タイムズ」が、大量の未発表曲と一緒にリマスターされて再リリースされるというニュースを、最近見ました。

 

 

 

‘80年代の、プリンス及びプリンス&ザ・レボリューション名義のアルバムは全てハズレなしの名盤揃いです。けれどもCD化された際、アナログ・レコードで聴けた音に比べて、かなり音のダイナミズムが損なわれていると感じたのは、私だけではなかった筈です。

 

 

特に、今回リマスターされる「サイン・オブ・ザ・タイムズ」が一番よくないなあと感じていました。

それでこのニュースを聴いてふと閃いたのは「自分で好きな音質にリマスターしてみよう」です。もちろん自分しか聴かないので、法には触れません (笑)。

 

 

 

そして更に思ったのは、音質は良いけど、CDに切れ目がなくノンストップで40分以上聴き続けなければいけない「ラヴセクシー」(‘88年リリース。これも神盤) を、一曲づつに分けてリマスターしたら、クルマでも部屋でも、もっとお気軽に聴けるのではないか、という事です。(プリンスさん、スミマセン。。)

 

 

こちらの方が俄然ヤル気が出て、早速Cubaseに取り込んで、曲をそれぞれのトラックに分けました。順番にリマスターを施していきたいです。

どんな音になるのかな?楽しい作業なので、ワクワクしますねー。

 

 

 

 

 

 

そういいつつ、まず手掛けているのが、「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ」(‘85年リリース。一番好きなアルバム) 収録曲「ペイズリー・パーク」。

重低音を効かしたリマスター・ヴァージョンに仕上がりそうです。

 

 

【2020年6月29日】初夏の夕方にスタイル・カウンシルのアナログ盤を聴く

今日は夕方から実家に帰って、アナログ・レコードを聴いていました。何を聴いていたかと言えば、こないだからのマイ・ブームのスタイル・カウンシル。

もはや概発CDでは聴くことの出来ない12インチ・シングル音源を聴くのを楽しみに、帰路の車を走らせました。

 

 

 

 

 

昔はこういう、ジャケット文字が日本語の、怪しいというかダサい12インチ・シングルが多くリリースされていました。このジャケットは写真がカッコいいので許せます。

スタカンは、当時そんなに聴いていた記憶はありませんが、こうしてマニアックな12インチまで買っていたという事は、やはり気に入っていたのでしょう。

 

 

 

特によかったのは、12インチ・シングル「ユー・アー・ザ・ベスト」のダブ・ヴァージョンと、デビュー・ミニ・アルバム「イントロデューシング」収録の「ロング・ホット・サマー」のロング・ヴァージョンとクラブ・ミックス。

当時は、リズムだけを残して、曲をバラバラに分解するミックス (つまりダブの手法) が流行っていました。スタカンの楽曲は、そんなミックスにピッタリ合っているなと。今聴いていて思いました。

 

 

気怠い初夏の夕方の気分にマッチ。お陰様で至福の時を過ごせました。