洋楽」カテゴリーアーカイブ

【2019年7月18日】レディオヘッド「イン・レインボウズ」発見!〜 トム・ヨーク来日に寄せて

「イン・レインボウズ」は、’07年にリリースされた、レディオヘッド7枚目のアルバム。知人とレディへの話になり、このアルバムをよく聴いているとの事で、私もすごく久しぶりに聴きたくなりました。

実はこの「イン・レインボウズ」、買ってから数回聴いただけでお蔵入りしていて、PCにもiTunesにも入ってなくて、CDを探したけどなかったので、しばらく聴くのを諦めていました。

 

 

ところが先日、ふとした拍子にジャケットごと発見。早速聴いてみました。これが今聴くと、当時は (レディへにしては) 普通すぎて肩透かしをくった穏やかでクリアな音が、心にスッと入ってきます。音楽 (に限らずですが) で感動するという事は、素晴らしい作品と出逢う事はもちろんとして、聴く側の受け入れ体勢・姿勢も、重要なのだとあらためて思いました。

 

 

当時、私がレディオヘッドに求めていた音は、おそらく、新しい音・世界観、だったと感じます。そんな自分勝手な過剰な期待を、このアルバムであっさりと裏切られた、そんな気が当時したものです。円熟してきたのかなと。でも、今聴くと、普通に良いです。特に「レコナー」「ヴィデオテープ」の歌声には、心がギュッと締め付けられました。

 

 

 

今になってこのアルバムを聴き返して、ビートルズの「アビイ・ロード」を少し連想しました。このアルバムは、ビートルズの実質的なラスト・アルバムです。それまでイノヴェーションを重ね続けてきたこのバンドの歴史を総括したような、そんなアルバムです。

「イン・レインボウズ」は、総括的というより、レディへのメンバー個々の音楽センスのエッセンスを絞り出したようなアルバムですが、穏やかな音を聴いていると、これがラスト・アルバムになってもおかしくなかった、そんな雰囲気を感じます。

 

 

このアルバムの後、レディオヘッドは新たなフェーズに入るんですが、「ヘイル・トゥ・ザ・シーフ」「イン・レインボウズ」にガッカリした当時の私は、ちゃんと聴いていません。今からでも、心をフラットにして耳を傾けたいと思います。

 

 

 

【2019年7月10日】なぜ高音で歌うのか 〜 SOSを発する声

音源制作が一区切りついたので、というか無理矢理つかせて、過去曲のトラック及びボーカルの見直しを行い始めています。それで、いくつかの曲を聴き返して、ここ半年程でキー(音程)が上がっている事に気がつきました。

歌っていても聴いていても、気持ちがいいのは高音なのですが、歌う場合と聴く場合だと、その気持ち良さには違いがあります。

 

 

 

私が聴いていて気持ちがいいのは、その人の声の限界の高さで歌われている、そんな声です。裏声もカスレカスレで、ギリギリ感のする声です。だから私も自曲を作る際は、歌メロの一番高いキーを、そんな自分の限界に設定しています。

 

 

具体的にいうと、以前は「ソ」〜「ラ」だったのが、最近は「ラ」〜「シ」もしくは「ド」に上がっています。

一番最近作った「フレルココロ」は、トップが「シ」、「カーニバル」は「ラ」です。そして以前はコントロールが容易でなかったのですが、最近はこのキーも何とかコントロール出来るようになってきました。つまり単純に、歌い重ねているうちに、以前よりも上手くなったのでしょう。

 

 

 

何故そんなギリギリの高音が気持ちよく聴こえるのでしょうか。

多分、その人の最高音は、他者を求める・SOSを発する時の声だからではないかと思います。心がそんなSOSに反応して、響くのではないかと、そう思っています。シャウトも同様です。

 

 

逆に苦手なのは、余裕のある、いかにも気持ちよさそうに歌われる、伸びやかな高音です。でも世間的には、こっちの声の方が需要があるようです。

私は普通に気持ち良く歌うと、そんな伸びやかな高音になってしまうので、歌う際は、変な表現ですが気持ち良く歌わないように気をつけています。ぎこちなく、ギリギリな感じで歌いたいなあと。

 

 

 

それで、キーを上げて歌い直そうとしている曲は「ユメヒトヨ」です。この曲はコントロールが難しいので、しばらくぶりに歌ったら、見事に下手になっていました。練習が必要です。。歌い直して良くなればいいのですが。

 

 

 

 

絞り出すような高音が魅力の、ニューヨーク・パンクの伝説バンド「テレヴィジョン」のリーダー、トム・ヴァーレインさん。先日実家に帰って、ソロ・アルバムを見つけて思い出しました。私はテレヴィジョンの2枚と、ソロは4枚目まで聴いています。

パンクと呼ぶには違和感のある、あまりにも繊細な音です。

 

テレヴィジョンのデビュー作「マーキー・ムーン」(‘77年) と、ソロ二作目「ドリームタイム」(‘81年) が、特にヒリヒリした金属的な音で気持ちよく、よく聴きました。