洋楽」カテゴリーアーカイブ

【2021年10月12日】ワクチン接種してきました 〜 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド「ヘロイン」を聴きながら

本日、1回目のコロナ・ウィルスのワクチン接種に行ってきました。以前どこかのWEBサイトで注射針が腕に垂直に刺さっている画像を見て、すごく痛そうだなあと思っていましたが、打った人に聞くと針の痛さは全然大した事はないとの事でした。実際、実に呆気なく終えて拍子抜けした程です。

 

 

そんな物理的痛みよりも、打った瞬間に (まだ安全性が完全に確認されていない) 未知の物質が体内に入ったという異物感・精神的な気持ち悪さを、今回は感じました。打つ前まではそんな感覚はなかったのですが。

 

 

ところで思ったのは、こんな僅かな薬物数滴で肉体や心が大きく揺れ動くくらいに、ヒトというのはデリケートで頼りない生き物なんだなあという事です。

思えば、タバコにしてもお酒にしてもそうです。数グラムの枯葉を燃やした煙を吸いこむだけで、数10ccの液体を流し込むだけで、正気ではなくなってしまう訳なので。

 

 

 

それで思い出したのは、若い頃よく聴いていたオルタナの先祖的なバンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの1st.アルバムに収録の「ヘロイン」という歌。タイトルで察する通り、この曲は、薬物の王様「ヘロイン」を歌っています。

 

 

とは言えこの曲は、単純なヘロイン賛歌でもなければ薬物否定の歌でもありません。只々ヘロインが体内に入っていって心が変わってゆく様子を、情緒を廃してまさに観察者視点で歌っている、そんな歌です。そしてサウンドも見事に歌詞に対応しています。

 

 

 

その「ヘロイン」、早速聴いていたのですが、思ったのは、そのうちワクチンの副反応の様子を観察者視点で歌う人があらわれたりして (笑) など。多分私はいい歳なので副反応はないと思われますが、もしあったら、そんな歌を書いてみようかなと。

 

 

 

 

 

実家にレコードがあります。ヴェルヴェッツの魅力については、そのうちちゃんと書いてみたいと思っています。

 

【2021年9月22日】キャバレー・ヴォルテールのリチャード・H・カーク死去

 

 

 

仕事から帰ってYahoo!ニュースを観たら、何とトップ記事に上がっていて驚きました。リチャード・H・カークさんは ’70年代から活動されているバンド、キャバレー・ヴォルテール (以下キャブス) のフロントマン。

 

 

キャブスは思春期の頃よく聴いていた、ノイズ/インダストリアルの代表的なバンド。ちょうど?数日前に、哲学用語の脱構築について語りましたが、まさしく当時、ロック及びポップ・ミュージックからの脱構築を体現した音を鳴らしていたバンドのひとつでした。

 

 

 

’80年前後は、混沌としたノイズ・ミュージックとして名を馳せていましたが、今年になって実家でLPレコード「ザ・ヴォイス・オブ・アメリカ」「スリー・マントラス」を数10年ぶりに聴いた際、「え?こんなにポップな音だったかな?」と、自分の耳を疑いました。

 

 

そう言えば、当時のニュー・ウェイヴ・シーンのフロントランナーだったPILの、代表作の一枚である「メタル・ボックス」を数年前にたまたま聴いた際も、今どきの普通のロックに聴こえてちょっと驚いたことがあります。当時はとんでもなく尖った音に聴こえたのですが。

このブログにも「『メタル・ボックス』は今が聴きごろ」というような記事を上げたと記憶しています。

 

 

 

月並みな言い方をすれば、時代が彼らの音楽に追いついた、という事なのでしょう。

私は思春期のいっ時のみしか聴いていませんでしたが、キャブスはその後も、良質なEDM (エレクトロニック・ダンス・ミュージック) を作り続けていたとのことです。(ウィキペディアにて)

 

 

且つて熱心に聴いていたファンのひとりとして、謹んでお悔やみ申し上げます。

 

 

 

 

 

1番上が「スリーマントラス」、2番目が「ザ・ヴォイス・オブ・アメリカ」。