洋楽」カテゴリーアーカイブ

【2021年4月2日】マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの立体音響に思う

 

 

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの音源がサブスク&デジタル解禁だそうです。このバンドは’80年代末から’90年代にかけて「イズント・エニシング」「ラヴレス」という2枚の素晴らしいアルバムをリリースして、その後20年程沈黙してしまったアイルランドのバンドです。

 

 

このバンド、ロック史的にはシューゲイザーというジャンルに分類されていますが、私見では、当時のシューゲイザー、ジーザス&メリー・チェイン、ライド、ペイルセインツ…とは一線を画す、似て非なる音楽ではないかと感じていました。

 

 

 

話は変わりますが、私の子どもの頃、「3Dメガネ」というのが流行ったことがありました。右と左にそれぞれ赤と青のフィルムを貼っただけの他愛のないものですが、このメガネで「アナグリフ」という特殊な処理をした画像を見ると、その画像は驚くほど鮮明な立体画像に見えます。今も地味ながらあるみたいです。

 

こんなメガネとこんな画像です。↓

 

 

 

 

 

マイブラの音響は、まさにこの「アナグリフ」のようです。アナグリフは「3Dメガネ」を通して立体画像を演出しますが、マイブラの立体音響は「ヘッドフォンで大ボリューム」を通して、見事なまでに目前に現われます。

 

 

轟音ギターというと、感情を表出した「エモーショナルな表現」と見られがちですが、マイブラの轟音ギターは、エモーションや情緒などお構いなしに只々クールに鳴っています。ヴォリュームを上げれば上げる程、幾重にも折り重なった音世界が、立体的に鮮明に浮き上がってきます。

 

 

 

ギター・ロックの世界観を根底から覆したこのバンドの音に、ギター・ロックを聴かない音楽ファン (今の私もそう) にこそ聴いて頂きたい、そう思います。

 

 

 

 

 

数年前「ラヴレス」リマスター盤購入時に、CDのオマケに頂いたポスター。

 

【2021年3月6日】「Just The Two Of Us 進行」に思う〜 「ゲームのルール」化するJ -POPのコード進行について

少し前から「Just The Two Of Us 進行」というコード進行が流行っているらしいです。

 

 

J-POPは、というか、日本人の音楽好きの多くのリスナーやミュージシャンには、昔から「コード進行信仰」があるみたいで、同じコード進行の曲が大ヒットして聴かれたりしています。

有名なところだと、「カノン進行」「小室進行」「王道進行」など。(これらがどういった進行なのかは、多くのサイトで説明されていますので、そちらでお調べ下さい)

 

 

「Just The Two Of Us 進行」も、そんなバリエーションの一つです。元々は’80年代に、日本では「クリスタルの恋人たち」(笑) という邦題で大ヒットした、グローヴァー・ワシントンJr.の超オシャレな楽曲です。因みに、最近ブログに上げた「夜に駆ける」も、この進行を下敷きにしています。

 

 

もちろん洋楽でも、パターン化されたコード進行曲は多数作られていますが、J -POPほど集中してヒットはしません。これはミュージシャン側よりも、J -POPリスナー側の趣味趣向の問題の方が大きいのではないかと考えます。

何故なら、J -POP=商業音楽、なので、リスナーが求めるものを作るというのが大変重要だからです。◯◯の進行が、今キテイル!となったら、単純に聴く人も多いので、右にならえで作る人も増えるのではないかと。

 

 

まあ先ずそもそも、◯◯進行 (今だと「Just The〜」進行) が、何故その時代々々のリスナーに心地よく響くのか、ということ自体、とても興味深いことです。

そして作っているミュージシャンや耳の肥えた流行り音楽好きのリスナーなら、何となくでも「今はこれだよなあ」と納得してしまうというところが、更に面白いところです。

いろいろ考えると長く深くなるので、ここでは触れないことにします。

 

 

 

 

当然ながら、同じコード進行の曲は、どれも似て聴こえます。しかしその中でも、当然ながら良い曲・平凡な曲、の違いは、はっきりとあります。ここが面白いところでもあります。いくら流行っているコード進行に乗っかっても、??の曲も多いのです。

つまり、決まったコード進行の中で曲を作るというのは、謂わば制約されたルールの中で競うゲームに近いものがあるということです。

 

 

そう考えると、ゼロからの創作とはまた違った面白さがある訳です。そういうのって、表現の「型」を重んじる日本人好みっぽいなあと。

 

 

 

以上、「Just The Two Of Us 進行」が流行っていると聞いて、漠然と思ったことです。

 

 

 

 

 

YouTubeにこんな解説サイトもありました。面白く視聴しました。