洋楽」カテゴリーアーカイブ

【2021年7月24日】「一枚の絵」歌詞推敲&リミックスしています 〜 自曲とジョニ・ミッチェル

最近作った不安定なメロディ・ラインの「Blue」「Flower」は、この曲「一枚の絵」から派生しています。この曲が出来て以来、メロディの幅が大きく広がりました。この曲自体は全然メロディアスではなく、かなり地味で聴きにくいのですが。

それで今朝、再度ミックスダウンを試みました。歌詞も推敲しています。近々上がりそうです。

 

 

 

当初この曲は、よく聴いているジャズ・ヒップホップを意識して作っていたのですが、「Flower」「Blue」と作っていき思ったのは、この不安定な音はジャズ・ヒップホップではなく、20代の頃によく聴いた、ジョニ・ミッチェルさんの影響ではないか、ということです。もちろん、音楽的成熟度は天地の差があります。

 

 

ジョニ・ミッチェルさんはここ数年で急に再評価やリスペクトが進んでいる、主に20世紀に素晴らしい音楽を数多く遺したカナダのシンガー・ソングライター。40パターン以上のオープン・チューニングのギター・バッキングに乗った独自のメロディ・ラインと、音色や音の配置が絵画的なサウンド・デザインが、私にとっての聴きどころです。一般的?には、歌詞も凄く評価されています。

 

 

以下、彼女のファンを公言しているアーティストのAyuo (高橋鮎生) さんの発言より。

 

 

… ジャズでもこのような和音は使うがジョニの和声進行はジャズのとは全く別の物だ。ジョニは中世ヨーロッパ音楽に基づくフォークから音楽を始めている。

 

ーーAyuo「Ayuo.net」より引用

 

 

 

なるほどなあと思いました。たしかにジョニ・ミッチェルさんの音楽は、バックが全員ジャズ・ミュージシャンで、ビートが4ビートでジャズっぽいコード進行の曲でも、ジャズではないんですよね。それはひとえに、ボーカルのメロディによるのではないかと、私は感じます。

 

 

そう考えると、私の一連のテンション・コード多用の数曲、果たしてメロディのオリジナリティがあるのだろうかと、ふと不安になりました。この辺、自分では何ともよく分からないところなので、取り敢えずはベストを尽くして作るしかないかなと。

 

 

 

(追記) この曲「一枚の絵」のサビで歌われる、アンリ・ルソー。ジョニ・ミッチェルのウィキペディア見てたら、何とジョニさんも「夏草の誘い」の2曲目「ジャングル・ライン」で歌っていらっしゃるとのこと。

アンリ・ルソーを歌にするなど、世界広しとは言えジョニさんと私ぐらいでは?と、ちょっとうれしくなりました。(たくさん居たりして)

そう言えば「夏草の誘い」のジャケット、アンリ・ルソーの絵っぽいです。もちろん、ジョニさんが描いています。

 

 

 

 

 

【2021年7月14日】レディオヘッド「Creep (Very 2021 Rmx)」を聴いて 〜 レディオヘッドの次のアルバムが聴きたいです

 

 

 

「クリープ」は、イギリスのロック・バンド、レディオヘッドの代表曲の一つ。代表的アルバムは?と言えば「OKコンピューター」「KID A」が挙げられますが、曲単体だと、初期のこの曲にもスポットライトが当たる、そんな曲です。

 

 

記事を読んで、早速ネットに上がっていたそのヴァージョンを見つけて聴いてみました。テンポを落として、スペイシーなシンセサイザーがバックで鳴っているこのヴァージョン、テンポが遅い分、メロディ・ラインが強調されて聴こえます。9分超えですが、普通に聴き終えて思わず溜め息が出ました。時代を超えた美しい曲だと、改めて感じました。

 

 

 

レディオヘッドと言えば、アルバムがリリースされる度に、時代を切り取るその音の革新性がいつも取り沙汰されますが、この曲「クリープ」をあらためて聴くと、私が耳を傾けてきたレディオヘッドは、そのサウンドよりも、メランコリックなメロディとトム・ヨークさんの絞り出すような高音ヴォイスだったのではないかと、ふと思いました。

思えば数年前の、トム・ヨークさんのソロ・アルバム「アニマ」にいまいち馴染めなかったのも、一聴してトム・ヨークさんが作ったと分かるあのメロディが足りなかったからではないかと。

 

 

 

昔から和洋問わず、ベテランになったら自身の音楽活動の総括の意味で、ストリングスをバックに過去曲をリメイクして歌い直す、というアーティストが、少なからずいらっしゃいます。

私ははっきり言って、そういうのには全く興味がないのですが、10数年前にジョニ・ミッチェルさんのそういうアルバムを聴いた時に、そのメロディの良さにあらためて驚いたことがあります。「トラヴェローグ」(‘02年) というアルバムです。

 

 

ジョニ・ミッチェルさんは、フォーク→ジャズ→ポップス…、その時代その時代にサウンド・スタイルを変えつつ、自身の音楽に拘ってきたアーティストです。それが、何故今ストリングス?ダサいんじゃないか?…、と、その時は思いつつも、いざ聴いたら、若い頃よく聴いていた曲たちの、そのツボのメロディ部分が純粋に抽出されていて、いたく感銘を受けました。

なるほど、メロディを聴かせるというのはこういうアレンジなんだなと。

 

 

 

この「Creep (Very 2021 Rmx)」を聴いていて、ふとそのことを思い出しました。

まさかレディオヘッドが、ストリングスをバックに自身の楽曲をリメイクすることはないと思いますが (笑)。でももしあったら、ぜひ聴きたいものです。

レディオヘッドの次のアルバム、メロディ回帰の曲たちにならないかなあ。トム・ヨークさんは、基本何でも出来るアーティストで且つ好奇心が旺盛なので、メロディにはそんなに拘りがないのかもしれませんが。