音楽全般」カテゴリーアーカイブ

【2020年10月21日】‘80年代や’90年代に購入したCD、リマスタリングしています

数日前に記事に上げた、フリートウッド・マック「噂」のCD音源、クルマでも聴きたくなり、プレイリストに入れてカーステレオで鳴らしたのですが、他の楽曲に比べて音圧も劣るし低音域の響きもイマイチ。

それで、以前にプリンスさんの’80年代の楽曲をリマスタリングしたように、こちらもソフトに取り込んで音質や音圧をいじってみました。

 

 

 

‘80年代のCD音源は音質がかなり劣るのが多く、近年軒並みリマスタリングされて再リリースされています。プリンス「サイン・オブ・ザ・タイムス」も、つい最近デラックス・エディションがリリースされました。「噂」も当然、高音質のがリリースされています。

 

 

元々Cubaseは作曲及び楽曲レコーディングの為に購入したのですが、他人の曲をマスタリングし直すという楽しみにも使えます。

最適なバランスを求めてというよりも、自分にとって聴きやすい・心地よく聴こえる音質に変える楽しみ、です。

 

 

クルマで聴く場合、エンジン音や道路を走る音などで、カーステレオの低音域が部屋で聴くよりも耳に届きにくくなっています。

それでいつも、純正のイコライザーで補正しているのですが、曲ごとに聴こえ方が違うし、なによりも、今と昔の音源は、音圧の差が大きすぎます。

そんなところを元から直すと、快適なカーオーディオ・ライフを楽しめるんじゃないか、そう考えた訳です。

 

 

 

それで、「噂」だけでなく、気になった楽曲をヒマをみて少しずつリマスタリングしています。自分のマスタリング・スキルの向上にも繋がって、一石二鳥なんじゃないかなと。

 

 

 

 

 

今日は朝から、ケイト・ブッシュさんのアルバム「ドリーミング」(‘82年) の一曲「ハウディニ」をリマスタリング。この曲、アレンジがかなり凝っていて、音の強弱差が大きく、コンプを効かせすぎるとベッタリとして聴こえ。。いろいろと苦労しました。

出来た音源は、左のチップに入れて聴いています。

 

この、昔の東芝EMI印のレーベル・マークのCDは、大体音圧が低く、リマスタリングのしがいがあります。

 

 

【2020年10月9日】布団に入る前によく聴くチルアウト 〜 Xander、Ujico など

ようやく秋らしくなってきたこの頃です。秋の夜長を楽しむ・且つ・気分をアップさせずに眠りに導く、そんな音楽をいくつか。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

先ずはXander。ザンダーと読むのでしょうか?トラックメーカー、ボーカリストとして活動中。

チル・ヒップホップ系の音響の中で最もよく聴いています。

 

 

 

 

「ドリームス」(ニコニコ動画より)

 

 

 

ローファイ・ヒップホップ・レイディオ各種。

24時間配信されているYouTubeチャンネル。いくつもあり、よく聴いているのは「Chilled Cow」という、フランス発の番組。いつ聴いても、キンタロー飴のような安定したクォリティーの楽曲が流れています。

 

 

 

 

 

 

Ujico。日本人。高校生の頃ニコニコ動画に投稿を始めた早熟のクリエイター。別名義Snail’s House としても活動。

バンドキャンプに定期的に上がっていて、その度に愛聴しています。音のセンスが独特です。ボカロ曲は歳のせいか?ついていけないのが多いのですが、静かな曲は愛聴しています。

 

 

 

 

何度聴いたか分からないほどの、一番の愛聴曲「ある雨の日に、私と君と。」(ニコニコ動画より)

騙されたと思って聴いて欲しいです。才気がみなぎっています。