音楽全般」カテゴリーアーカイブ

【2019年3月17日】知人がFrekul (フリクル) で活動します 〜 ネットでつながる音楽たち

このHPで知り合った知人からラインで「フリクルで活動始めます」の報告がありました。

Frekul (フリクル) とは、「あなたの音楽活動をサポートするバーチャル・プロダクション」と銘打って、ネット上での音源配信を行なっているプロダクションです。登録料及び使用料は無料。音源制作を行なっている方ならどなたでも参加出来ます。

 

 

因みにサイトを閲覧してみると、3月16日午後11時30分現在、登録アーティスト数 11,304組、登録楽曲数 42,807曲、でした。ここまで参加者がいらっしゃるのには驚きました。音楽クリエイター版「5ちゃんねる」みたいです。誰もが表現出来る、音楽メディアの新しい形として定着しつつあるのではないかと思います。

 

 

フリクルの登録者数をみても分かりますが、今音楽は、質は別として誰もが作れる時代になりました。なので、クリエイターやアーティストを職業としてやろうと努力されていらっしゃる方も、昔よりは遥かに増えてきています。専門学校まである位です。(しかも競争率が高くて、入るのも大変だそうです)

ところが実際には、逆に昔よりも遥かに、音楽は売れていません (お金になりません)。お金がかからないから普及したけど、いざ演る側になると、お金が絡まないから儲かりません。面白い現象ですね。

 

 

私は今のこの状況は、極めて健全なのではないかと思っています。今まで、音楽で大金を稼げる事が自体がおかしかったんだという気がします。

大きなお金が絡まないから楽しく出来ますし、しがらみも生まれません。食い扶持は別に持って (サラリーマンをするという意味ではありません)、自分の音楽はお金の匂いがしないものを作る。これが一番しあわせな活動だと自分では考えているのですが。まあこれは人それぞれの考え方ですね。

 

 

因みに知人のフリクルでのアーティスト名は「ぽちとまぜごはん」です。今どきのネーミングですねー。見かけたらヨロシクです。

 

 

 

インターネットの世界 (ニコニコ動画) からブレイクした米津玄師さんの「アイネクライネ」のPVから。いやー、いい曲ですねー。米津さんのブレイクで、自分も音楽を作ってみようと思った少年少女がたくさん居そうです。

 

【2019年3月7日】「たった一つの言葉を探して」完成です!〜 ケロケロボイスで歌ってみましたーーケロケロボイス&ボカロとアニメの親和性

という訳で、マスタリングまで完了しました。

何度か書いていますが、私は現在歯の治療中です。今回のボーカルも、歌ってはみたものの、抜いた前歯の隙間から空気が漏れて、ちゃんと発声出来ませんでした。。

 

 

曲によってはそれでもそれなりに歌えるのもあり、前回の「君を待ってる」や、その前の「続いていく世界」は普通にレコーディングしています。

ところが今度の「たった一つの言葉を探して」は、聴き返して、どうもその「漏れ」がすごく気になりました。しょうがないので、しばらく寝かしておこうかと思ったのですが、そこでふと閃いたのが、「不自然さを隠すためにケロケロボイスにしてみよう!」でした。

 

 

ケロケロボイスというのは、つまり、Perfumeやセカオワで、半分機械が歌っているような、あの声です。何とCubaseにはこんな機能も付いていました。完全にマシン・ボイスのヴォコーダーよりも、若干人間味を残しています。

 

 

それで、録った声をケロケロ処理したところ、曲が生まれ変わりました。こんなに印象が変わるものかという感じです。まさしく怪我の功名です。

自曲がこういう音楽になるとは思ってもみませんでした。

 

 

 

ところで、こういうケロケロボイスとか初音ミク等のボカロなど、聴かない人は全く聴きません。いや、聴かないというよりも、聴けないと言った方がいいぐらいで、拒否反応を起こす人がかなりいらっしゃいます。まあ何となく分かります。

つまり、映画でいうと、実写とアニメぐらいの差があるからです。実際、ボカロのPVは殆どがアニメです。YouTubeやニコニコ動画などを観ていて、ボカロとアニメは親和性が極めて高いと感じます。

 

 

子どもの頃から実写映画ばかり観ていた人が、いきなりアニメを観た時どう感じたのでしょうか?作品のクォリティ以前に、ニセモノっぽい、こんなのはちゃんとした映画ではない、そう感じたような気がします。

音楽の世界でも、大昔、クラフトワークとかYMOとか、機械に演奏させる音楽があらわれた時に、拒絶する人は結構いたように思います。つまりは、クオリティ云々の問題ではなく、表現スタイルそのものの進化の問題なのではないかと。大袈裟かな?

 

 

 

私のこの曲、人にはどう聴こえるんでしょうか?

 

 

 

 

セカオワ「幻の命」(‘10年) のPVから。一番好きな曲です。後半の英語詞をケロケロボイスで歌っています。