音楽全般」カテゴリーアーカイブ

【2021年5月1日】新曲を制作していて思うこと 〜 肉体性を伴った音楽の復活とギター・ソロ

何度か書いていますが、私見で、’90年代のグランジ〜ミクスチャーを最後に、エレキ・ギターが世界のポップ・ミュージックの最前線、つまりヒット・チャートから姿を消しているように感じます。とはいえ、別にエレキ・ギターが弾かれなくなった訳ではなく、特定のジャンルでは、相変わらず多くのロック・バンドが日々ギターを鳴らしていますが。

 

 

特に、昔のヒット曲では定番的に弾かれていた「ギター・ソロ」が、近年ではすっかり忘れられて、過去の遺物のようになっています。私の10代〜20代前半の頃は、ロック=ギター=ギター・ソロ、で、私の住んでた田舎のロック少年たちは皆んなギター・ソロを練習していたものです。

何しろ、ギター主体曲では全然ない歌謡曲でも、普通にギター・ソロが入っていた時代です。

 

 

 

今どきの音楽は、プロでもアマでも、手弾きのロックでも生音の多いアコースティックでも、ほぼ100%、コンピューター・ソフトが介入しています。

ソフトによる制作の最大の魅力及び利点は、何と言っても「曲作りからマスタリングまでひとりで出来る」及び「テクニックがなくても制作出来る」ことではないかと、私も作っていて感じます。

極論すれば、練習、訓練しなくても曲想を練る想像力さえあれば、楽曲は作れる訳です。そんなこともあり、今どきのアーティストの「総インディーズ化」が進んでいるのでしょう。

 

 

それで私も日々ソフトで作曲していますが、ソフト音源ではどうしても物足りないところを感じることもしばしばあります。それが「肉体が奏でる音」です。

ギター・ソロは、そんな音の代表格。いいソロは、ギタリストが歌っているように聴こえます。

 

 

あと音に肉体性を加えるのに手で弾く以外の方法としては、サンプリング、があります。人力で叩いたドラムのビートや楽器のフレーズをサンプリングしてリズムやメロディにするという、ヒップホップの方法論です。

以上を踏まえて最近の自曲では、ドラムはサンプリング音源を使い、途中でギター・ソロを入れる、のパターンが多くなってきています。少しでも、肉体性を入れようかと。

今度の新曲も、そう。ギター・ソロのパートを増やそうかなと考えています。(もちろん、私には弾けないので、頼むことになるんですが、、)

 

 

 

ギター・ソロのどこが聴きどころかと言えば、フレーズ音自体もですが、それに伴う不安定なフィードバック音や弦の上を指が滑る際の摩擦ノイズなどです。これが実に魅力的に聴こえます。

昔は何とも感じなかった、レコード盤に針を落とす音・そのあと曲が始まるまでの数秒間のチリチリとしたノイズが、魅力的に聴こえるのと同様に。

 

 

おそらくですが、もう数年もすれば肉体性を伴った音楽が主流にと復活してくるような気がしています。もちろんそれは、コンピューター・ミュージックを踏まえた肉体性です。

そんな時代が来れば、ギター・ソロも過去とは違った形で復活するのではないか、そう思います。(予言というか儚い願望ですが、当たればいいなあ)

 

 

 

 

 

私の好きなギター・ソロはと言えば、パッと浮かんだのは、アズテック・カメラの「ジャンプ」(‘84年) コーダのロディ・フレイムさんのソロ。

ヴァン・ヘイレンの大ヒット曲のカバーですが、ヴァン・ヘイレン・ファンが呆れそうな?脱力アレンジと、後々のシューゲイザーにつながるような、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド直系のノイジーなギター・ソロが最高の一曲です。画像はYouTubeで観たライブから。

 

 

【2021年2月3日】最先端の音楽について考える

自曲の参考にという訳でもありませんが、先日から昔のテクノ・ポップを聴いていて、そういえばこういう音って当時の最先端の音楽だったんだよなあと感慨に耽っていました。時代がひと回りして新鮮に聴けます。

 

 

ところでその「最先端の音楽」って、どういう音を指すんでしょうか?

私はいわゆる「最先端ミーハー」だったので、常にその時代時代の最先端と呼ばれる音楽を聴いて、感動したり喜んだり、時には考えたりしていました。

 

 

昔は単純に「新しいテクノロジーから生まれる音楽」(テクノもそう) が、最先端の音楽だと認識していたように思います。でも、よくよく考えてみるに、そうではないんですよね。

 

 

音楽の発想が新鮮で (だからテクノロジーに対しても柔軟に対応出来る)、新しい音楽観、しいては新しい価値観・イデオロギーをちゃんと提示しているから、リスナーは「新しい」と感じるのでは、今はそう思います。そしてそれは一種の「予言書」として、未来を切り拓いていく・変えていく力を持ったものである、と。

いくら新しいテクノロジーを使っていても、発想の古い音楽は古く聴こえます。(古いのはダメという意味ではありません)

 

 

 

そんなことを朝からツラツラと考えていて、じゃあ今の時代の「最先端の音楽」は何だろう?となると、、。もうそんな概念なんて、とっくになくなってるんじゃないかという気がします。

まあ敢えて言うなら「ポップス」ではないかなあと。今の最先端は、発想や叡智を絞り出して、出し尽くして、誰もが楽しめるポップ・ミュージックを作る、そんな時代なんじゃないかなあと。

 

 

 

 

長くなりそうなので、続きは次回 (?) に。