音楽全般」カテゴリーアーカイブ

【2019年9月13日】「Bandcamp」閲覧してます

Bandcampは、アメリカの音楽配信サービス。世界中の、主にインディーズのアーティストたちが利用しています。(意外なメジャーな大物も、時々リリースしているそう)

フルコーラス視聴出来て、しかも音質も良く、何度も聴けます。ほんとに気に入ったら購入すればよいかと。この辺は、タワレコのストアがそのままバーチャルの世界に移行した感があります。

その販売価格はアーティストが決定しています。ほぼ毎日、どなたかが音源をリリースしています。

 

これがトップページ。日々更新されています。

 

 

 

 

知人に教えてもらって何気に閲覧してみたのですが、参加しているアーティストのレベルの高さに驚きました。洋楽アーティストで、私みたいな日本人にまで知られている方々というのは、ほんとにごく僅か一握りなんだなあと、あらためて感じました。

きっと音楽を心から愛するファン及びミュージシャン人口は、日本よりも遥かに多いのでしょう。いろんな国々のインディーズ・アーティストの方々の音から、その裾野の広さを想像しました。

 

 

それで、毎日聴いているのが、レゲエ/ダブのチャンネル。特にダブは、既に音楽シーンの前線から後退したかと思っていましたが、ちゃんと生きていました。見つけた時は、その膨大なカタログを前に、すごく大袈裟ですが、ああ生きててよかったなあと、誰にともなく感謝しました。それから毎日聴いています。

 

 

 

 

そしてこれがアーティストのサイト。

 

今、この人の音源を視聴しながら書いています。マーティン・キャンベル&ハイ・テック・ルーツ・ラディックス。

 

 

 

 

私もぜひ音源をアップしたいと思いましたが、曲作りだけではなく、ジャケットを作ったりWEBデザインをしたり等、いろんなハードルがあり、参加する時はしっかりと準備をして臨みたいかなと。

 

【2019年8月3日】前回の続き 〜 三たび?四たび?レゲエの魅力について

ポラリスを聴いていて、またまたレゲエについて書いてみたくなりました。

 

 

 

私の曲「ふきのとう見つけた」について、知人から「…ドラムが印象的でいいですよね」というラインをいただきました。仰っているのは多分、イントロとか途中のブレイクで鳴る、カカカーンという甲高く響く音です。

以前にも書きましたが、この音は、キース・リチャーズさんの「ワーズ・オブ・ワンダー」からのサンプリングで、ドラムはスティーブ・ジョーダンさんが叩いています。

 

 

昔のルーツ・レゲエやダブのイントロでは、こういうドラムで始まるパターンが常套でした。そして、甲高い「カカカーン」が鳴ると、それだけで一瞬にして曲の世界に入れるのです。誰が発明したんでしょうか?(笑)

問答無用で無理矢理リスナーの耳に直撃する、心地良い音の暴力です。

 

 

 

ポラリスの良さというか、狙っているところは、時間を空間的に刻むところではないかと。だから、クールで幾何学的に聴こえるのではないかと。(最近の音源聴いてないんで、単なる感想です)

そしてそれは、レゲエ/ダブの音楽的な一番の特徴であると感じます。

私にとってレゲエは、プロテスト・ソングやラスタファリズム・ソングとしての側面よりも、クールで幾何学的・数学的な音響が、先ず魅力的に響きます。なので、ポラリスの音も、しっくりくるのでしょう。

 

 

私の曲「ふきのとう見つけた」も同様です。この曲は音を組み立てる際、スカーッとした見晴らしのいい河原の空間を表現したいなあと思い、入れた音をどんどん抜いて作り込んでいった曲です。ベース音すら抜いていって、ところどころでしか鳴らしていません。最終的には結構スカスカしてますが、これでちょうどいいのかなと。

そう、レゲエにたくさんの音は必要ありません。

 

 

 

夏にレゲエを聴いたら気持ちいいのは、多分、レゲエがもたらす広々とした空間的な開放感が、夏の開放的な空気感とマッチしているからだと感じます。ジャマイカの果てしなく深い青空が、このような空間的な音楽を生み出したんだろうと想像してしまいました。

 

 

そう考えると、音の情報量が多くて、転調が多く、せかせかと縦ノリに動くJ−ポップの多くの楽曲は、やはり日本の土壌が生み出した音だと納得出来ます。生まれる音楽は気候や環境によって、結構左右されるものだなあと、あらためて考えました。

 

 

 

関連記事。⤵︎クリックで読めます。

 

先日の続き 〜 レゲエの魅力について、坂本龍一発言から