音楽全般」カテゴリーアーカイブ

【2019年11月3日】アナログ盤でしか聴けない音源たち 第一回 〜 プリンス&ザ・レヴォリューション、ライヴ・アルバム

実家に帰った際、例によってアナログ・レコードの整頓をしました。以前にも書きましたが、CD化されていないレコードがとても多く、今回はそんなレコードの中から、割と有名なアーティストのをピックアップしてみました。

 

 

 

 

先ずは、プリンス&ザ・レヴォリューション。大好きなアルバム「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ」(‘85年) からカットされた12インチ・シングル盤。

 

 

 

 

左「ペイズリー・パーク」

 

開放感溢れるこのアルバムの、UKで最初にシングル・カットされた「ペイズリー・パーク」のロング・ヴァージョン。このアルバムのテーマ・ソング的な曲です。

カモメの鳴き声のような声?音?が心地良く、印象に残っています。ドラムの音がアルバム・ヴァージョンよりも更に抜けが良く聴こえ、このアルバムの開放的気分を象徴しているようです。

ちなみに日本やアメリカでカットされたのは、ポップな「ラズベリー・ベレー」。こちらの12インチ・シングル音源はCD化されています。

 

 

右「アメリカ」

 

20分を超えるロング・ヴァージョンは圧巻でした。CD化が望まれます。

あと、「ポップ・ライフ」の12インチもあった筈なのですが、何故か見当たらず。。A面「ポップ・ライフ」B面「ハロー」の両ロング・ヴァージョン共、CD化されてない筈です。

 

 

 

 

次はライヴ・アルバム。

 

 

 

 

左「カンボジア難民救済コンサート」(‘81年)

 

 

ロンドンで行われた、当時のカンボジア難民救済の為のチャリティー・コンサートをレコード化。

初めて聴いたのは、渋谷陽一さんの「サウンド・ストリート」で。ザ・フー「シー・ミー、フィール・ミー」に興奮しました。大学生になってから、中古盤を購入しました。

 

 

ニュー・ウェイヴのアーティストの音源も多いのですが、やっぱりザ・フーが一番でした。一曲目「ババ・オライリー」は衝撃の一曲で、この曲を聴いて「フーズ・ネクスト」を購入しました。シンセサイザーの使い方は、’71年の曲とは思えない斬新さです。

 

 

知人に「ライヴ映像がある」と聞いていたので、検索してみると、ニコ動とYouTubeで一部上がっていました。ニコ動で「シー・ミー〜」観ましたが、やっぱり凄い!観客の興奮も尋常ではありませんでした。

 

 

 

 

こんなに豪華?な出演者たち。今になって思うに、’80年代の音楽界のチャリティー・ブームのはしりのようなイベントでした。

 

 

 

 

 

中央、デヴィッド・ボウイ「デヴィッド・ライヴ」(‘74年)

 

 

このアルバムはCDでもリリースされているのですが、音質が全然違います。違うアルバムのようです。

LPを最初に聴いた時には、あまりの音の酷さにビックリした記憶があります。楽器音や歌が分離し過ぎていて浮いて聴こえたり、音が薄っぺらくて抜けが悪かったり。。声も掠れかすれで別人のよう。そもそも、ジャケットからして、半分死んでいるような雰囲気です。

 

 

それからアレンジも、グラム・ロック期からプラスティック・ソウル期への過渡期だった為か、実に中途半端。痛快なギター・ロックの「レベル・レベル」が、いきなり「ラララ〜」と、ソウルフルなコーラスから入ったり、デカダンスな魅力の「アラディン・セイン」がサルサにアレンジされてホーンが入ってラテンっぽく変わっていたり。。(今聴くと、これはこれで悪くない 笑)

つまりは「これはロックじゃない」と感じたのだと。

 

 

そんなこんなで殆ど聴くことがなかったこのLPですが、リマスタリングされてCD化された音源を聴いたら、認識が180度変わってしまいました。

ミックスが良く、音が格段に良くなった (というか、普通になった) このアルバムを聴いて思ったのは、これは過渡期の、ロックからソウルに変わる一瞬を捉えた極めて貴重な記録だ、ということです。

 

 

このライヴの、数ヶ月前でも数ヶ月後でも、音は全然違っていたのではないかと推測出来ます。それ程、この時期のボウイさんは音楽性の変化が速い時期でした。「ダイヤモンド・ドッグス」「デヴィッド・ライヴ」「ヤング・アメリカンズ」と続けて聴くと、すごくしっくりときます。

 

 

そもそもかつてのボウイさんは、オーディエンスの期待を裏切り続けていました。裏切り続けて数十年、気付いたらレジェンドになっていた、という感じでしょうか (笑)。

生々しくて変な音のこのLPを、また聴いてみたいなあと。まだまだいろんな発見がありそうな気がします。

 

 

 

 

→右、一風堂「ライヴ・アンド・ゼン」(‘84年)

 

 

YMOを別格として、日本で一番売れたニュー・ウェイヴ・バンド「一風堂」のライヴ・アルバム。たしか中古レコード屋さんのセールで何気に購入したこのアルバムですが、意外に良くてよく聴きました。

CD化されてないと思っていましたが、今調べたら、8枚組のBOXセット「MAGIC VOX 一風堂 ERA1980-1984」の5枚目に、ボーナス・トラック付きで丸々収められていました。が、せっかく画像も撮ったので、記事はこのまま進めます。

 

 

このアルバムの聴きどころは何と言っても、パーシー・ジョーンズ&スティーヴ・ジャンセンのリズム隊です。お二方共に、土屋昌巳さんのソロ・アルバムで弾いていますが、このライヴ・アルバムのプレイも素晴らしかったと記憶しています。

特に、ベースのパーシー・ジョーンズさん。プログレ系のバンド「ブランドX」出身ですが、ポップなバンドとのプレイに真価が発揮されてる気がします。私がプログレ系が苦手だから、そう感じるのかな。。

 

 

 

と、ここまで書いたところで読み直すと、今回は結構書いていますね。撮った画像はまだあるので、続きは次回に。

 

【2019年10月19日】「ふきのとうDUB」作っています 〜 ダブとキュビズムについて

先日「リュケリ」のHPで、音響系の音源をたっぷりと視聴した影響で (?)、自分でもそのような音楽を作りたくなって、かねてから考えていた「ふきのとう見つけた」のダブ・ヴァージョンに着手しました。

 

 

「ふきのとう〜」は緩やかなレゲエのリズムで、ダブ化するにはピッタリの曲です。しかも元々楽器音だけではなくリアル音響も入っています。このリアル音響も加工して面白く聴けるようにしたいなあと。

 

 

 

 

それで今回も飽きもせず (笑)、またまたダブについて語ってみたいと思います。

 

 

そのダブですが、西洋絵画の「キュビズム」と共通点があると、常々感じています。

以下、キュビズムについての説明を、わりと分かりやすく書いてあるなあと読んでて思った記事から引用。

 

 

 

…20世紀の始まり頃になると、多くの画家が物が本当にそこにあるかのよなリアルな絵を描こうとはしなくなりました。

写真の発展に伴ってその必要性が無くなってしまったと言っても良いと思います。

 

物体や空間をキャンバスにそのまま再現していく事が重要ではなくなったんですね。

そんな中、現れたのがキュビズムという美術の技法でした。

キュビズムでは一つの物体を、固定した一つの視点で描くのではなく別々の角度から見たイメージを一つの絵の中に合成していったんです。…

 

ーー岡部遼太郎さんのブログ「アクリルラボ」より引用

 

 

 

百聞は一見に如かずです。大作「ゲルニカ」。

 

 

 

この作品は、キュビズム時代のものではありませんが、キュビズム的手法で描かれています。実物は、349 cm × 777 cmというビッグ・サイズです。

生きているうちに一度でいいから見たいなあと、少年の頃から思っています (笑)。

 

 

ダブもまさに、楽曲の「再構成」です。ギター、ドラム…いろんな楽器のいろんなパーツ (フレーズ) を切り取って、いろんな角度から曲を再構成しています。

この方法論は更に深化、後のヒップホップやエレクトロニカに受け継がれていき、現在に至っています。

 

 

私の「ふきのとうDUB」、どう仕上がるんでしょうか。自分でも楽しみです。

 

 

 

 

 

⤴︎こんな動画がYouTubeに上がっていました。なかなか的を得てるなあと感心しました。

ピカソの絵は、見て「これなら俺にも出来そう!」そう感じさせるところが凄いところなんじゃないかなと。