音楽全般」カテゴリーアーカイブ

【2020年2月16日】オシャレな音楽とは?

前回、「…オシャレな雰囲気の曲になりました…」と書きましたが、ふと「音楽でオシャレ」って、どういうことなんだろ?と、素朴な疑問がふつふつと湧いてきました。

 

 

オシャレ、は、生活のワンシーンを指す言葉のような気がします。

私の勝手な解釈だと、主に、ファッション (衣) や建築物 (住) 等で、生活臭がしなくて、個々人の個性が、主張せずにいい感じでさりげなく顕れている様子、を「オシャレ」と呼ぶのではないかと。

 

 

 

ここまでは辞書を見ずの自分の考えです。実際のところはどんな意味なのか、辞書で調べてみました。

 

 

服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。洗練されていること。また、そのさまや、その人。「お洒落な若者」「お洒落な店」

 

ーー「goo国語辞典」より

 

 

と記してありました。当たらずしも遠からず、です。

だとしたら、音楽に於ける「オシャレ」って??

 

 

 

 

洗練された音楽は、たしかに「オシャレ」と形容されることが多いです。私が前回しきりに書いていた「オシャレ」は、単純に、洗練されたコード進行を指しています。ここで「コード進行に洗練とかあるの?」と言い始めると収集がつかなくなるので、それはさておき、

 

 

 

音楽の進化=洗練と考えるのは、ブラック・ミュージックです。前述のコード進行云々の発想もそうです。

対して白人 (や我々) のロックの良し悪しは、洗練とかはあまり関係なくて、いかに深く突き詰めるか、そんなところが聴きどころになっていると感じます。表面的には、粗くても全然OKです。下手でも、全然OKです。

 

 

私はどちらも好きなのですが、自分で実際に演ることになって思うのは、自分の音楽は、作り込めば作り込む程に、楽曲がどんどん洗練していく方向に進んでいるということです。これは、自分の意思でそうなっている訳ではなく、自然とそうなっていくんです。良くも悪くも。

 

 

そう、音楽は、表面上洗練されていくことが、決してプラスにはならないんです。この辺、意識して気を付けねばと思います。

 

 

 

私の楽曲はこちらから聴けます。↓

 

 

 

 

サウンドクラウドを聴いた方から、「続いていく世界」、ジャズっぽくてオシャレですね、と言われました。

私としては、オシャレというよりもファンクを意識して作った曲ですが、たしかに、リズムはスウィングしているし、キレイなピアノソロまで入っています。聴く人によって、印象はいろいろなんだなあと。

 

【2020年1月31日】ヘア・スタイリスティックスの音源が大量にリリースされています 〜 ノイズ・ミュージックに思う

ヘア・スタイリスティックスは、小説家として、そして別名義、暴力温泉芸者としての音楽活動もされている、中原昌也さんの一人?ユニット。両ユニットともノイズ・ミュージックを奏でています。

 

 

 

私は数日おきぐらいにバンドキャンプという音楽サイトを閲覧しています。サウンドクラウド同様に、世界各国の有名無名アーティストたちが音源を上げているこのサイトに、昨年末から「Hair Stylistics」クレジットで、ボコボコと大量に音源がリリースされています。

 

 

特徴あるコラージュのジャケットから、これはあのヘア・スタイリスティックスに違いないと思って聴いたら、やっぱりそうでした。相変わらずのノイズで、安心?しました。

 

 

 

昔から、こういう音楽には一定数のリスナーやアーティストがいます。聴かない人にとっては、いつの時代の誰の音楽も、ただ単にグチャグチャとしているだけに聴こえます。

と書いている私も、しょっ中聴いている訳ではなく、だからやっぱりどれを聴いても、いつ・誰が演っている、と特定出来ません。

 

 

その中で、このヘア・スタイリスティックス (暴力温泉芸者) の音楽は、明らかに特徴があります。

それは、グチャグチャしていながらも、ポップに聴こえるところです。それから、この手の音楽に多い、幾何学的なところが感じられないところも。コラージュが面白いジャケット通りの、音の玉手箱のようなカラフルさがあります。

 

 

 

 

以前書いたことがありますが、私は日々、納豆・豆腐、最近だともやしなどの、大豆食品や卵や魚介類が中心の食生活を営んでいます。とは言っても、肉やジャンク・フードも嫌いな訳ではなく、時々食べていますが。

 

 

ノイズ・ミュージックを聴いていて時々思うのは、自分にとって、ロックやファンク・レゲエが主食、ポップスがお菓子やデザート、テクノやエレクトロニカがお酒、に喩えるなら、ノイズ・ミュージックは、味付けしてない生野菜のようなものかなあということです。

(実際の話、世界的に著名なノイズ・ミュージシャン、秋田昌美さん (メウツバウ) はヴィーガンで、「わたしの菜食生活」という著書もあります。)

 

 

暴力温泉芸者、ヘア・スタイリスティックスの音楽は、そんなノイズ・ミュージックの中でも、素材的ではなく、加工食品的、ジャンク・フード的な趣きが感じられて、そこが個性で面白いです。

中原昌也さんは、きっとジャンク・フードも食べてる人じゃないかなあと、勝手に推測。

 

 

 

 

 

このようなアートワークたち。中原昌也さんご自身作です。

小説を書いて、音楽を演って、更にヴィジュアルの才能もすごいなあと、驚きです。

 

 

 

スーパーのお惣菜のような?私の音源は、こちらから聴けます。↓