音楽全般」カテゴリーアーカイブ

【2021年10月2日】土曜の夜はAbemaTVのHIPHOPチャンネル「ABEMAMIX」が面白い

大体土曜日は仕事の上がり時間が遅いのですが、時々ある早上がりの日には、ビールやお酒を呑みながらAbemaTVのHIPHOPチャンネルを閲覧しています。この時間は、ABEMAMIXという番組で、DJが生でプレイしています。ほろ酔いで観ていると実にいい気分です。

 

 

 

今日はそんな早上がりの日でした。それで今日も観ていたら、今日は私の好きなDJ、ChibiChael (チビケル) とYukibeb (ユキベブ) が続けて回していました。

 

 

いろんな方が回しているこの番組ですが、このお二方は、何といっても選曲が私のツボに入っています。

チビケルさんは、選曲もさることながら繋ぎがとても上手く、アクセントで意外な曲のワンフレーズを挿れたり、多彩な技を持っています。そして、自身の回しながらのダンスも最高です。

ユキベブさんは、この番組ではアッパーな選曲のDJが多い中で、メロウに絞った選曲がとても上手くて、いつも感心して観ています。まったり感を十分に味わえます。酔いが回ります。

 

 

という訳で、当ブログは閲覧しながらほろ酔い気分で打っています。

私にはDJはとても無理ですが、時々DJ欲求を満足させる為?、プレイリストを作って車内や寝る前に流しています。

自分でリストを作って思うのは、やっぱり選曲するのは大変だなあということです。自分の好きな曲ばかり繋げても、人が聴いたら?になりそうです…。

 

 

 

 

 

【2021年8月23日】YouTubeでフジロックの平沢進を観る 〜 人生はトライ・アンド・エラーの繰り返し

先日までの週末3日間、去年は中止だったフジロック・フェスが行われました。コロナ禍の中での大型フェスは、このフジロックが最初ということです。そのことについてと、先日のホワイト・ステージのヘッドライナー、平沢進+会人(EJIN) のステージについて。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

先ずは平沢進+会人(EJIN)。平沢進さんは、日本のプログレッシヴ・ロック創世記にマンドレイク、パンク/ニュー・ウェイヴ期にP−MODELを率い、現在はいろんなユニットを組みつつのソロ活動を行っています。

 

 

私は高校生〜大学生の頃、P−MODELにドップリと浸かっていて、毎日のように「パースペクティヴ」「アナザー・ゲーム」「スキューバ」を聴いていました。その頃のファンとして、一昨年、ほんとうに久しぶりに平沢進さんのステージをYouTubeのフジロック・チャンネルで観て、今年も楽しみにしていました。(↓2年前に上げたブログ記事です。クリックで読めます)

 

フジロックはアーティストとの再会のメディア 〜 平沢進+会人(EJIN) とザ・キュアを観て

 

http://musiclub.link/diary/5554/

 

 

 

先日は仕事で帰宅が10時近くになったのですが、帰って即YouTube観たら、いきなりP−MODELの「アトム・シベリア」(後から調べたら私の勘違いで、正しくは「HOLLAND ELEMENT」でした) のフレーズが耳に入ってきて、いきなり持っていかれました。

まるでロック・オペラかプログレのような大胆且つ緻密に練り上げられた楽曲と構成で、尚且つ最新のテクノロジーに乗った郷愁漂う和メロや軍歌調の歌も堪能出来て、マンドレイク〜P−MODEL〜ソロを総括されているような、圧倒的な音楽でした。気が付くと終わっていて、アンコールまで演りました。

 

 

平沢進さんは60代後半の年齢です。もしかしたら意図的にこのような自身の全時代を総括するようなステージ構成にしたのかもしれません。とは言え、常に新しいことにチャレンジしていらっしゃるので、もしかしたら単にフェス仕様のステージだったのかもしれません。最近のステージや曲を知らない昔のファンとしては、どちらにしても大満足でした。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

それから、フジロック開催について。

いろんな意見がありますが、私はオリンピックも音楽フェスも基本賛成です。あくまでも個人的な意見です。反対意見を批判する訳ではありません。

私自身は持病持ち且つ年齢的にも無理は出来ずコロナ感染が怖いので、残念ながら観戦はしませんが。

 

 

人の歴史は「トライ・アンド・エラー」の歴史です。動いて・失敗して・修正して、また動いて、です。これは個人の生活ーー仕事でも趣味、でも同じです。

「失敗は成功のもと」という格言があります。失敗を恐れて動かない人には、成功 (しあわせ) も訪れません。経験上、これは間違ありません。失敗して凹むからこそ、次なる手が編み出せるんじゃないでしょうか。

 

 

音楽フェスも、そうだと思います。最善を尽くしてやってみて、ダメなら次の手を考えていけばいいのではと。感染予防上、拍手のみで歓声ひとつない今回のフジロックをYouTubeで観ながら、そんなことを考えました。