カルチャー全般 (書籍、映画、アニメ、マンガ…)」カテゴリーアーカイブ

【2019年9月5日】久しぶりに本を購入しました 〜 横尾忠則「死なないつもり」

 

 

 

横尾忠則さんは、著名な画家。音楽ファンにも、サンタナのジャケット・デザインや細野晴臣さんとのコラボなどで、その名は知られています。

 

 

私もその一人で、高校生の頃、友人が推していたサンタナの「ロータスの伝説」という三枚組のライヴ・アルバムで、横尾さんを知りました。同じ時期にYMOを聴いていて、メンバーのソロ・アルバムを遡っていたら、そこでも「コチン・ムーン」という、細野晴臣さんとのコラボ・アルバムに出会いました。

 

 

 

横尾さんの絵 (デザイン) は、一口で言うと「過剰」です。熱帯に繁殖する多くの動植物たちのような、過剰な生命力で満ち溢れています。ピカソのように長生きされるんじゃないかと、当時から思っていたら、この本に出会いました。

表紙のルックスを見る限りでは、とても80歳には見えません。あと20年は元気で絵を描いていそうです。

 

 

まだ少ししか読んでいませんが、昔読んだ岡本太郎さんの著書を思い出しました。

芸術家ならではの「断定」が多く、興味のない人が読むと、突っ込みどころが多いんじゃないかと (笑)。

私にはすごく面白いし、タメになります。

第2章「僕はいつも絵と対話している」(目次を見て、この章から読んでいる) では、創作に関するいろんなことを語っていて、身につまされることが多いなあと感じました。絵も音楽も同じなんだなあと。

 

 

 

ここ数年で私の考え方で一番変わったことと言えば「元気で長生きしたいなあ」と思うようになったことです。これには自分でも驚いています。40代までは、あれ程無頓着だった自分の命・健康が、今、これ程考えさせられるべきものかと。

 

 

横尾さんのこの本を読んでいて、そんな思いが更に強くなりました。元気で長生きして、歌をたくさん書きたいなあ、歌いたいなあ、と。

 

 

 

【2019年8月13日】橋本治を追悼します

 

 

何気に読み始めたこのニュースに目を疑いました。書き出しが「橋本治さんが亡くなって半年になる。…」だったからです。

橋本治さんって亡くなっていたんですね。。遅まきながら、お悔やみ申し上げます。

 

 

「親子の世紀末人生相談」「恋愛論」「悔い改めて」…。私が橋本治さんの著書を読み漁っていたのは、若い頃のごく一時期です。

昔は当然だった「男は男らしく、女は女の子らしく」の常識 (=迷信)?思想?に過激にNOを唱えたのは、私の知る限りでは、橋本治さんが最初なんじゃないかと。「そういう決めつけはおかしいんじゃない?」と。そう言えば編みものの本も上梓されていました。

 

 

橋本治さんは著書が大変に多く、その数は数百冊にも及んでいます。きっと手塚治虫さんと同じで、書くことが人生だったんでしょう。

私はそのうちの十数冊を読んだに過ぎませんが、その中から一冊選ぶとなると「親子の世紀末人生相談」です。

 

 

今は「青空人生相談所」とタイトルを変えて文庫本になっています。読めば、(プラスに) 考えさせられる事が大変に多い人生相談本です。何度読んだか分かりません。今は手元にもありませんが。

いつしか読まなくなって手元にもないという事は、自分が成長して、自我がしっかりしたからだと、この本が必要なくなったからだと、いいふうに捉えたいです。

どうもありがとうございました。