カルチャー全般 (書籍、映画、アニメ、マンガ…)」カテゴリーアーカイブ

【2019年3月3日】AYUO「OUTSIDE SOCIETY あるサイケデリック・ボーイの音楽遍歴」購入しました

 

 

 

AYUOさんの本名は高橋鮎生。父は著名な現代音楽家のピアニストの高橋悠治さん。こう言われると、本人はいい迷惑だと思いますが (私の親父は無名の人で、ホントによかったです)。

本人もミュージシャンで作曲家ですが、ピアニストではなく、ギタリスト、ボーカリストです。高校生の頃に聞いていた坂本龍一さんDJの「サウンドストリート」で、その存在を知りました。

それで、仕事帰りに立ち寄った本屋で見つけたこの本、手にとってパラパラと読んでみると、私のブログにも取り上げている多くのミュージシャンたちが、私とは全く違う目線で語られていました。じっくりと読みたいと思い購入しました。

 

 

AYUOさんは、’60年生まれ。私と4つ違いです。この本は自伝のような語り口ですが、普通にエッセイとして、どこから読んでも普通に読めます。

チラ読み程度なんですが、AYUOさんは親がアーティストなこともあり、子どもの頃から実に刺激的な生活を送ってきています。こういう人生を送る人もいるんだなあと。あまりにも、私と歩んだ道が違います。共通点は、少年の頃からロックに馴染んでいたというところのみです。

 

 

ところが読むにつれ、それが別段特別な人生というふうには感じませんでした。思えば、AYUOさんどころか、私の仕事仲間・音楽友だち・親族…、誰一人として、自分と似たような人生を送ってきた人はいませんし、私に限らず誰もがそれぞれ、その人独自の人生を歩んできている訳です。いわゆる「平凡な人生」などあり得ないんだと。

 

 

 

よく。自分の歩んできた人生について「あの時ああしておけばよかった」「こうしておくべきだった」と、後悔される方がいらっしゃいます。

これは持論ですが、今の自分が、今ここいるというのは、過去の一瞬一瞬を、逆らう事の出来ない力・圧力等 (これは、外からも内からも) と対峙しながらも、曲がりなりにもベストだと選択してきた、その結果なので、もし (はありませんが)、「あの時ああしておけばよかった」という通りにやり直せたとしても、それが今よりも満足した人生を送れるか、と言われれば、そんなことはないと思います。何故なら、そもそもそう思う人は、どんな人生を歩んでも、結局どこかで後悔する羽目になりそうだからです。そしてまた戻りたくなる…。

 

 

常に、今考えれるベストを尽くして進んでいくのが大事なのではないかと、そうすれば、後悔という感情も浮かばないのではないかなと、私は思うのですが。

読みながら、そんな事を考えました。

 

 

 

AYUOさんはそうやって人生を進んできたように感じます。人から見たら壮絶で特別な人生ですが、当人は只々その時その時を最善を尽くして生きてきた。そんな感じです。

それから、自分のことを語っていながら、達観しているというか、妙に醒めた語り口で、自分を他者として突き放して接しているような感じを受けます。自己憐憫に陥っていません。それも面白く読める一因です。

 

 

 

まだ全部読んでないのでこの辺にしておきます。

 

 

 

 

【2019年1月22日】先日の続き 〜 知人宅訪問と「棋士と哲学者」を読了して ーー「神話」(幻想) を考える

先日上げた本「僕らの哲学的対話 棋士と哲学者」、第4章でキーワードとして頻出する言葉が「神話」です。この本の対話では、宗教、恋愛、共同体、等々、個人の意思を超えて降りかかってくる事象を端的に表した言葉として用いられていると感じました。別の言葉で言うと「幻想」でしょうか。

 

 

 

本日、知人宅にお邪魔して数時間お話をしてきました。その中で「家族」の話になりました。

会えば時々されるその方の家族の話に、私の生まれ育った家庭と随分違うんだなあと、いつも思います。ちょっとしたカルチャー・ショックを受けます。誰かが言ってそうですが、100の家族があれば、それは100の異なった共同体があるという事、まさにそんな気がします。

それでその話の中で「ずっと家族に依存していた」という言葉を聞いて、ハッとしました。思えば、私もそうだったかもしれません。依存していたからこそ、時には関係に苦しんだり悩んだりするのではないかと。

 

 

家族に限らず、今の時代は、宗教・結婚・性・国家…、いろんな「神話」のベールが剥がされてきています。逆に言うと、自分の弱さを、エゴを、受け止めてくれる・寄り添うべきブラック・ボックスがない、ドライな「情報」だけがはびこっている、そんな時代。現代は依存を許さない時代です。

 

 

離婚率が毎年アップしているのは「結婚神話」「家族神話」(=幻想) が終わりかけているからでしょう。ブラック企業問題が多い、は、「仕事神話」しいては「会社神話」「終身雇用神話」(=幻想) が終わりかけているからでしょう。

 

 

昔から仲の悪い夫婦などいくらでもいましたし、今で言うブラック企業など、30年前にも普通にありました。

ブラック企業に関して言えば、そこで働いている人は誰もが「それは当たり前の事」と、会社を疑う事すらしなかった (出来なかった) だけです。今は疑う人が増えてきたから問題になっているだけです。その他、事例は上げれば結構出てきます。

 

 

 

でも人は寄り添うものがなにもなしで生きていける程、強くないというか、未熟で、か弱い生命体です。寄り添いたいけど本当にこれ (宗教・結婚・家族・会社…) に全身で寄り添っていいんだろうか?そのせめぎ合いが、現代に生きる私たちの不幸ではないかと思います。

 

 

情報しか頼るものがなかったら、インスタで「イイね」が何件あったとか、結局そんな「情報」に神経が入ってしまいます。私だったら、ブログが何人に閲覧されたか、CDが何枚売れたか、等。

当たり前の話、そんな事よりも、表現の質や、自身の本当にやりたい事が出来たのか、そちらの方が重要なのですが。

 

 

 

「僕らの哲学的対話 棋士と哲学者」を読んで、知人と話をして、今の私がこの世の中を息苦しく感じる原因が、少しだけ分かった気がしました。原因は、そう感じる自分の中にあるという事です。