カルチャー全般 (書籍、映画、アニメ、マンガ…)」カテゴリーアーカイブ

【2020年11月14日】宇野維正「1998年の宇多田ヒカル」読んでいます

仕事帰りの久しぶりにリサイクル・ショップに立ち寄り、これまた久しぶりに音楽関連の本を購入。タイトルと値段 (100円) に釣られました。

 

 

タイトルにある「宇多田ヒカル」は、単なる切り口で、その音楽性についての言及はほぼ見当たりません。この本は、宇多田ヒカルさん、椎名林檎さん、aikoさん、浜崎あゆみさんらがデビューした「1998年」の音楽マーケット状況を、彼女たちの状況を分析しながら語った本でした。

 

 

当初の「宇多田ヒカルの音楽本」としての期待は大きく外れましたが、そういう本だと思って読めば、先ず文章がとても上手いので、スラスラと読み進めます。宇野さんは、元「ロッキング・オン」のライター。そう言えば居たなあと、思い出しました。

 

 

 

この本によると、1998年というのはCDの売上がピークだった年とのことです。ここから、音楽産業は右肩下がりが続いて現在に至っている訳です。

 

 

私も以前の当ブログ記事で上げましたが、この頃の数年のJ−POPは本当に面白いアーティストが多数いました。J−POP史上、スリリングで最高の数年間ではなかったかと。

宇多田さんは勿論、七尾旅人さん、くるり、コイル等、今でもよく聴くアーティストが、この時期にあらわれています。

 

 

 

それが数年にして、メジャー・シーンはAKBその他アイドルに席巻され、インディーズ・シーンはボカロ (初音ミク) に席巻され、で、私自身が新たに聴くアーティストがいなくなってしまいました。まあ逆に、だから自分で演り始めたということも言えますが。

 

 

 

そんなことを思い出しながら読んでいます。

宇野さんのプロフィールみてたら、他にもくるりやオザケンの本も書いてて、そういえばロッキング・オンでもよく記事を読んだことを、段々と思い出してきました。見つけたら他の本も読んでみようかなあと。

 

 

 

 

 

【2020年11月14日】ミッフィー65周年に思う 〜 ミッフィーやスヌーピーの「丸み」について

ミッフィーの生誕65周年ということで、今年はいろんなグッズがたくさんリリースされています。私の子どもの頃は「うさこちゃん」だったミッフィーですが、今やすっかり垢抜けて、人気のキャラクターに成長?しています。

 

 

 

先月末にそのミッフィーのぬいぐるみについて書きましたが、実はミッフィー、今と昔を比べると、デザインが明らかに変化しています。こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

上が、創世記?からのミッフィーの変化。下が、最新のキャロット及びクリスマス・ヴァージョン。つまり「まるく」なってきている訳です。

 

 

 

そんな話を職場でしてたら、スヌーピー好きの女性が「ミッフィーだけでなく、スヌーピーもハロー・キティもまるくなってきている」と仰って、調べたら、たしかにそうでした。

 

 

つまり、アクが取れて万人向けになっていく・子どもに好かれる=フォルムがまるくなる、なんでしょう。

その他、国産でも、ドラえもんやアンパンマン、トトロなどの長寿人気のキャラクターは、大体まるいです。マイメロディ、リラックマ、たれぱんだ、最近だとすみっコぐらし…。挙げればキリがない位です。

 

 

これは人にも当てはまります。「カドが取れて」「まるくなって」は、基本、褒め言葉です。

ところが音楽 (ロック) の場合は「まるくなる」のは、必ずしもプラスに働くとは限りません。逆に「日和った」とか言われてしまいます。

ロックの場合、洗練される、まるくなるは、イコール、先鋭性がなくなってしまう、無個性、に通じるからです。

 

 

 

それで思ったのは、私が自曲を作り込んでいく際、無意識のうちに、まるく・洗練化の方向に行っているということです。その過程で、ゴツゴツした感じを削っていってる気がします。私の曲はポップスなので、それはそれでいいかなとも思うんですが。。

 

 

私はミッフィーもスヌーピーも、大昔のクセのあるフォルムの方が好きです (単なる好みで、今のが良くないという意味ではありません)

自曲も、クセをちゃんと残して、ゴツゴツしたまま完成に持っていきたいんですが、これがなかなか。

 

 

 

 

 

知人に送って頂きました。20年前のだそうです。時々洗っているそうで、とってもキレイですね。