カルチャー全般 (書籍、映画、アニメ、マンガ…)」カテゴリーアーカイブ

【2019年5月5日】藤原ヒロシ「MUSIC 100+20」購入しました

 

 

 

仕事帰りに立ち寄った本屋でパラパラとページをめくって、私のブログと共通点がとても多く、じっくりと読みたくなって購入しました。この本は、藤原ヒロシさんが自身の愛聴盤CDから120枚セレクトして、それについて語っている、そんな内容です。

 

 

それでどの辺が似ているかと言えば。

 

 

① 選んでいるアーティストの傾向

 

② ディスク・ガイドではなく、自分語り (=昔話が多い)

 

③ 紹介されているCDの画像を一緒に載せている (=CD愛)

 

 

など。

この方の名前だけは知っていましたが、どんな方なんだろうと思って、プロフィールを調べてビックリ。私と同い年でした。とても納得しました。以下、「BOOK」データベースより引用。

 

 

藤原ヒロシ (フジワラヒロシ)

 

1964年生まれ。三重県伊勢市出身。音楽プロデューサー、“Fragment”主宰。82年、ロンドンに遊学。83年にニューヨークでDJの現場を体感し、帰国後、日本におけるクラブDJのパイオニアとして活動。85年、高木完と音楽ユニット、タイニー・パンクスを結成。86年、日本初のクラブ・ミュージック・レーベル、メジャー・フォースへ参加。90年代からは自身の楽曲を発表する一方、音楽プロデューサーとして小泉今日子、藤井フミヤ、UAほか多数のアーティストたちの作品を手がける。2006年、DJ引退を宣言し、現在はシンガー・ソングライターとしても活動中。…。

 

 

実に華麗でオシャレな経歴で、田舎の音楽好きの普通のおじさんの私と大違いでしたが、音楽への接し方や愛は同じ匂いを感じました。一気に身近な方になりました。こないだ読んだ、AYUOさんの「OUTSIDE SOCIETY あるサイケデリック・ボーイの音楽遍歴」も、リスナーとして被るところが多いと感じましたが、こちらは同じ歳の為、更に近しく感じました。

現在の主な活動が、シンガー・ソングライターというところも納得出来ます。(今の時代に音楽を演ろうと考えると、絶対にシンガー・ソングライターだと、私は感じています)

 

 

 

「あるサイケデリック・ボーイ」同様、毎日少しずつ適当なページを開いて、そして大事に読みたい本です。

 

 

 

【2019年3月3日】AYUO「OUTSIDE SOCIETY あるサイケデリック・ボーイの音楽遍歴」購入しました

 

 

 

AYUOさんの本名は高橋鮎生。父は著名な現代音楽家のピアニストの高橋悠治さん。こう言われると、本人はいい迷惑だと思いますが (私の親父は無名の人で、ホントによかったです)。

本人もミュージシャンで作曲家ですが、ピアニストではなく、ギタリスト、ボーカリストです。高校生の頃に聞いていた坂本龍一さんDJの「サウンドストリート」で、その存在を知りました。

それで、仕事帰りに立ち寄った本屋で見つけたこの本、手にとってパラパラと読んでみると、私のブログにも取り上げている多くのミュージシャンたちが、私とは全く違う目線で語られていました。じっくりと読みたいと思い購入しました。

 

 

AYUOさんは、’60年生まれ。私と4つ違いです。この本は自伝のような語り口ですが、普通にエッセイとして、どこから読んでも普通に読めます。

チラ読み程度なんですが、AYUOさんは親がアーティストなこともあり、子どもの頃から実に刺激的な生活を送ってきています。こういう人生を送る人もいるんだなあと。あまりにも、私と歩んだ道が違います。共通点は、少年の頃からロックに馴染んでいたというところのみです。

 

 

ところが読むにつれ、それが別段特別な人生というふうには感じませんでした。思えば、AYUOさんどころか、私の仕事仲間・音楽友だち・親族…、誰一人として、自分と似たような人生を送ってきた人はいませんし、私に限らず誰もがそれぞれ、その人独自の人生を歩んできている訳です。いわゆる「平凡な人生」などあり得ないんだと。

 

 

 

よく。自分の歩んできた人生について「あの時ああしておけばよかった」「こうしておくべきだった」と、後悔される方がいらっしゃいます。

これは持論ですが、今の自分が、今ここいるというのは、過去の一瞬一瞬を、逆らう事の出来ない力・圧力等 (これは、外からも内からも) と対峙しながらも、曲がりなりにもベストだと選択してきた、その結果なので、もし (はありませんが)、「あの時ああしておけばよかった」という通りにやり直せたとしても、それが今よりも満足した人生を送れるか、と言われれば、そんなことはないと思います。何故なら、そもそもそう思う人は、どんな人生を歩んでも、結局どこかで後悔する羽目になりそうだからです。そしてまた戻りたくなる…。

 

 

常に、今考えれるベストを尽くして進んでいくのが大事なのではないかと、そうすれば、後悔という感情も浮かばないのではないかなと、私は思うのですが。

読みながら、そんな事を考えました。

 

 

 

AYUOさんはそうやって人生を進んできたように感じます。人から見たら壮絶で特別な人生ですが、当人は只々その時その時を最善を尽くして生きてきた。そんな感じです。

それから、自分のことを語っていながら、達観しているというか、妙に醒めた語り口で、自分を他者として突き放して接しているような感じを受けます。自己憐憫に陥っていません。それも面白く読める一因です。

 

 

 

まだ全部読んでないのでこの辺にしておきます。