カルチャー全般 (書籍、映画、アニメ、マンガ…)」カテゴリーアーカイブ

【2019年12月28日】ジョン・ライドンとビートたけし

若い頃から思っていたのですが、ここ数年で「やっぱりそうだったよなー」と、確信していることがあります。それは「ジョン・ライドンとビートたけしは似ている」ということです。

数日前にたけしネタ書いててまた思い出したので、そのことについて書いてみます。

 

 

 

方や、稀代のパンク・ロッカー (セックス・ピストルズ) → ニュー・ウェイヴのヘッドランナーとして、音楽史に残る数々の名盤を世に出し続けたアーティスト。方や、毒舌の漫才師 → 俳優、映画監督、画家、小説家…、表現領域をどんどん拡大していった、カリスマ・コメディアン。

 

 

ジョン・ライドンさんは中学生の頃ラジオや音楽雑誌で知り、たけしさんは高校生の頃、漫才ブームで知りました。当時私は、たけしさんをTVで観てラジオで聞いて「なんかジョン・ライドンっぽいな」と思いました。

 

 

 

大瀧詠一さんがハッピーエンド解散後、コミックソングばかり作っていた時期が続いてたんだけど、いきなりあの「ロング・バケーション」(←高クォリティーでオシャレなシティ・ポップスのアルバム。当時バカ売れした) を作ったのは、「コミックソングでなくても、音楽ってそもそもお笑いのようなもんだと気付いて」というようなことを、たしか週間FMかロッキング・オンのインタビューで喋ってて、なるほどなあと感心したことを憶えています。

 

 

表現って、つまりは「ボケ」なんですね。聴かれてナンボ。突っ込まれてナンボ。笑われてナンボ、のものじゃないかなと。(ちなみに「ツッコミ」は批評行為かなあ)

その昔、尾崎豊さんがブレイクした頃、あの大袈裟なパフォーマンスが笑いのネタにもなってましたが、そういうことなんですよ。マイケル・ジャクソンさんも笑えましたね (もちろん褒めている)。真似する芸人さんも居たような。つまりそれだけすぐれた表現だったということです。

 

 

ジョン・ライドンさん、ビートたけしさん、お二方とも「演じている (表現している) 自分をギャグにして笑う」という客観性が、素晴らしいところだと感じます。表現者であって且つ批評家な訳ですね。そして自分をギャグにして照れているところが私たちにも伝わるから、余計に面白いんですよね。

 

 

 

今となっては、ジョン・ライドンさんはコメディアン (!) に、たけしさんはマルチ・アーティストにと、昔と逆の立場になってるとこが面白いですね〜。

 

 

 

 

 

『アイム・ア・セレブリティ』はジャングルでサヴァイヴァル生活して他の出演者らと競うリアリティ番組です。この番組でジョン・ライドンはダチョウと格闘したり、暴れたり、ケーキになったり、放送禁止用語「CUN*S」発言をし番組が謝罪する事件に発展したりしてコメディアンとして大ブレイクしました。

 

ーー ブログ「NEVER MIND The Sex Pistols」より引用

 

 

あのジョン・ライドンが (笑)。。でも、この姿こそがジョン・ライドンという気もします。セックス・ピストルズの再結成も最高でした。

 

【2019年12月25日】ビートたけしの紅白歌合戦出場に思う 〜 コメディアンが歌うリアルな歌

 

 

ビートたけしさんが今年の紅白歌歌合戦で「浅草キッド」を歌います。私は毎年大晦日は仕事をしていて (今年も)、紅白歌合戦は数十年観たことないのですが、たけしさんの歌声は生放送で聴いてみたいなあと思います。

 

 

 

これは持論ですが、コメディアンは、大体が自分の歌をちゃんとうたえる人が多いんじゃないかと思っています。何故なら、ステージ (お笑いの) での喋り自体がリズミカルでないと、お笑い自体が成立しないからです。

一流のコメディアンたちは、全てその人その人固有のリズムで喋り、観客を巻き込んでいると、お笑いを滅多に観ない私ですら感じます。皆さんそれぞれ声にも味がありますし、皆さんまるですぐれたラッパーのようです。

 

 

過去にコメディアンの歌では「浅草キッド」以外にも、「ルッキング・フォー・ア・ファイト」(片岡鶴太郎さん) 、「WOW WAR TONIGHT 」(H Jungle with t =浜ちゃん) など、好きな歌があります。それぞれ、佐野元春さん、小室哲哉さんの曲ですが、それぞれご自分の歌にして歌っているように聴こえます。

 

 

 

その「ちゃんとうたえる」は、リズムと音程通りにきっちりと、という意味ではありません。

 

 

先日のデジランド・クリエイターズの集まりの際、クリエイターのOさん (女性) が、島村楽器主催の「演れコン」(島村楽器主催の、全国から楽曲を集めて競うコンテスト) で、自曲の寸評に「他の人に歌ってもらったらどうですか」と書いてあって、いや、そういう問題じゃないんだけどと思った、と仰ってました。

Oさんは自分でも、歌は (テクニック的に) すごく下手だと分かっているとのことです。でも自分で歌いたいから歌うんだと。(当たり前ですよね 笑)

 

 

 

審査員のプロのミュージシャンの先生方は、単純に、歌が下手なので、楽曲作りに専念して歌は上手い方に歌ってもらえば、その楽曲が更に映えるんじゃないか、と思ってのコメントだったんじゃないかなと思います。

でも思うに、音程通りに歌えなくても、リズムがズレてても、その人なりに歌うのが一番いいんじゃないかと。

 

 

 

ビートたけしさんが今年の紅白歌合戦で歌う「浅草キッド」はそんな歌です。歌詞も、メロディも、そして声も、まさに「ビートたけし」を表現している、そんな歌です。カラオケで高得点が出るのが上手い歌、ではありません。一つの要因ではありますが。

 

 

「浅草キッド」、たけしさんの歌を聴いたことのない、若い人にこそ聴いて欲しいなあと思います。きっと、今どきのスマートな歌にはない何かを感じる筈です。

私はこの歌のように、演歌っぽい曲調で、あからさまに「人生」をうたった歌は苦手なんですが、この歌は、ベッタリしてないというか、突き放して歌っているというか、そんなところがたけしさんらしいなあと、いう気がします。自分をギャグにして笑い飛ばせる人がうたえる歌です。

紅白で歌われたら、数年前の美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」同様のインパクトを、人々に与えるんじゃないかと。