日常生活から」カテゴリーアーカイブ

【2019年3月12日】「ふきのとう見つけた」トラック出来ました! 〜 動物と植物の大きな違いを考える

2日前に録ってきた自然音を曲間に挟んで、ミックスも終わりようやく完成です。後は歌を入れるだけとなりました。

この稿をアップするにあたってふきのとうの画像を付けようと思い、いろんなサイトでふきのとう画像を閲覧していました。以下の文章は、「田舎センセイによる田舎暮らしでの悩み解決情報サイト」というサイトの、群生するふきのとうの画像を観ながら考えた事です。

 

 

 

前回の続きのようですが、私は動物と植物を比べた際、植物の方に愛着が湧きます。

動物は「死」をちゃんと受け入れられる心構えがないと、飼ったり育てたりは出来ない気がします。

 

 

小学生の頃、お祭りで金魚すくいをして、数匹捕まえたのを家で飼った事があります。数匹はすぐに死んでしまったのですが、最後の一匹は冬になっても泳いでいました。毎日見るのを楽しみにしていましたが、ある朝、その金魚が死んでいるのを見て、ショックで熱を出して学校を休んだ事があります。それから金魚すくいはした事ありません。動物を飼いたいと思った事もありません。

 

 

 

人間を含めた動物と植物には、同じ生物ながら、大きな違いがあると思います。一口で言うと、動物は「個体」で始まって (生まれて)、個体として完結 (死ぬ) しますが、植物は、命が繋がっていくイメージです。だから、接していて心が落ち着くのかもしれません。

群生しているタンポポが、季節になったら綿毛を飛ばします。やがてそのタンポポたちは枯れて土に還っていきますが、飛んだ綿毛は、どこかの土地でまた花を咲かせます。だからでしょうか、植物が枯れても悲しいという感情は湧きません。

 

 

 

とここまで書いて、大昔に読んだ、ロッキング・オンに書かれていた岩谷宏さんの文章を思い出しました。

たしか岩谷さん自身が野菜を栽培されていて、バラバラの大きさのトマト?きゅーり?(忘れました) を見て、「それぞれがかけがえのない個体である事がよく分かった」といった趣旨のコラムだったと記憶しています。

 

 

残念ながら、私にはそこまで植物に「個体差」は感じられませんが、昨年秋にみかん狩りに行った際、自分たちが狩ったみかんと売っているみかんを比べて、大きさが不揃いな自分たちの狩ったみかんの方が、店先に並んでいる、大きさが揃ってワックスでツヤツヤのみかんよりも、数倍美味しくみえました。平たくいうと、そういう事なのかなあと。

 

 

 

思うに、植物も動物のようにそれぞれの個体なら、人や犬や猫だって、植物のように種を残して死んでいきます。同じですね。

もしかしたら「個」を意識しなかったら、死もそれほど悲しくはないかもしれません。自分の死も同様です。自分がいなくなると思うから、人は死を恐れるのでしょう。

いろんな宗教の輪廻転生思想も、「個人」が「人類という種の一部」として安らかに死んでいけるための、一種の思考装置かもしれませんね。

 

 

 

 

【2019年3月8日】島村楽器のイベント「録れコン」のエントリーしてきました

以前にも触れた「録れコン」、本日島村楽器さんに行ってエントリーしてきました。「録れコン」とは、島村楽器さん主催の、楽曲・録音・演奏・アレンジ・オリジナリティなどのクオリティを競う録音作品のコンテストで、毎年行われているそうです。

 

 

エントリー〆切日が3月10日です。以前当ブログに上げたように、既に選曲までして参加するつもりが、いくつかの新しい楽曲制作に勤しんでいたらすっかり忘れていまして (笑)。先日「たった一つの言葉を探して」が完成して、早速誰かに聴いて欲しいなーと思ってたら、ふと思い出しました。それで出来たてのこの曲、早速エントリー曲に加えました。

 

 

その「たった一つの言葉を探して」で使ったいろんなワザ (ここ数日の過去ブログ参照) を教わったのは、島村楽器さんのCubase担当のスタッフ、Tさんです。最近やたらとTというイニシャルが出てきますが、全部別人で偶然です。念の為 (笑)。

 

 

その話をTさんにして、ほんとに感謝してますとお礼を言いました。まあ向こうは、店員として当然の対応をしただけだと思っていそうです (実体験から)。でもお客さんに感謝されるというのは、店員冥利に尽きます。仕事のしがいがあったというものです。(こちらも実体験から)

 

 

 

いろいろお話しをしていて、この「録れコン」には、私のようにソフトによる宅録の方ばかりではなく、バンドや弾き語りでの参加もいて、フォーラス店だけでもエントリーは十数人いるそうです。それを聴いて思わず「みんなの曲を集めてCDアルバムにしたらどうですか?」と提案しました。他の人の曲を聴きたいなあと個人的に思ったので。

 

 

Tさんが言うには、実は過去にもそんな話があったけど、結局たち消えになっていったとの事でした。CD作るのって手間ひまかかって大変ですからねー。残念ですね〜。こないだのデジランド・クリエイターの集いの楽曲鑑賞会を聴く限り、皆さんそれなりのレベルの方が多いので。

もしそういう動きがあるのなら、是非協力したいなあと思います。