日常生活から」カテゴリーアーカイブ

【2020年3月27日】インターネットの使いどき 〜 「ネットリテラシー」が問われる時

 

 

 

プライヴェートも、職場も、(観ないので、多分) TVも、そしてネットも、コロナ・ウイルス一色のこの頃です。

私もこのところ数回、コロナ・ウイルスについて語りましたが、いつもはほぼノー・リアクションな場末のこのブログにさえも、ご意見する方々が極々少数ですが、いらっしゃいます。

読んで考えるところが多くあります。本当にありがとうございました。

 

 

 

コロナ・ウイルスに対しての考え方や行動は千差万別で、そこには人それぞれの本性が顕れている気がします。私はといえば、自分が罹ったらしょうがないけど、他人には迷惑をかけたくないなーというところです。

 

 

 

 

 

あちこちで外出規制がかかっているので、今後必然的に、リアルなコミュニケーションが減って、インターネットの利用が増えていくことが予想されます。実際、私もそうです。

人はコミュニケーションの生き物なので、どんな状態になっても他者と繋がっていたいんだと思います。というか、非常事態にこそ。

 

 

ネットのコミュニケーションの場合、ストレスの元になるのは、自分自身の発信する言葉 (や、私の場合、音楽) です。これに関しては「発信したあと後悔しないか」が、重要なポイントになります。

というのは、当然ながら発信したらその内容が半永久に残るからです。これは諸刃の剣です。

 

 

日常会話のように、発信した内容が残らないネット・メディアがあれば、気軽に使えていいと思うんですが、誰か作ってくれないかな。。例えば、開いて読んだら、保存もスクショも出来ずに3分経ったら消去されてしまうとか。

 

 

 

という訳で、リアルなコミュニケーションと違い、ネットでのコミュニケーションは、内容もともかく、伝える・分かるための「ネットリテラシー」が重要になってきます。「目は口ほどに物を言う」が通用しません。言葉 (と絵文字) が全てです。

 

 

 

インターネットは誰もが使えるメディアですが、誤解なく、残っても後悔しないように?そしてフェイク情報を看破する為に、本当のことを伝えるために、、

ちゃんと伝わるように、ちゃんと理解出来るように、勉強 (大袈裟 笑) をしないといけないなあと。この騒ぎをきっかけに、今後、ますますそんな社会 (ヴァーチャル・コミュニケーションが重要になってくる) になっていきそうです。

 

 

 

 

気のせいか?、コロナ騒ぎから、私のブログやサウンドクラウドへのアクセスが増えたような気がします。ブログや楽曲の質ではなく、単にネット利用者が増えたからではないかと思い、本文を書きました。

そんな私の楽曲は、こちらから聴けます。↓

 

 

 

 

 

【2020年3月22日】今こそ新しいライヴのやり方を模索する時 〜 大瀧詠一「ヘッドフォン・コンサート」を思い出す

コロナウイルス感染予防の為、あちこちで大小のイベントが中止になっています。

外タレの来日公演も軒並み中止。金沢市のライヴハウスで行われる予定だった知人のバンドも出演するライヴも、あえなく中止となってしまいました。

 

 

私はここ10年程でライヴに行く機会がめっきりと減ったので、まるで他人事のように書いていますが、ライヴ収入を日々の生活の糧としているアーティストやプロモーターの方々は、月並みな言葉ですが、ホント大変な目に遭っている訳です。

 

 

 

思えば、機材が著しく進化して音が画期的に良くなり、その音源を、ネット経由 (YouTubeやSound Cloudなど) すると、アーティストが「今」作ったばかりの音が、そのまんま、リアル・タイムで聴ける、という、こんにちのリスニング環境とはうらはらに、ライヴは大昔から全く同じ形態で行われています。

それは、ステージに一人、もしくは少人数のパフォーマーがいて、対して圧倒的多数のオーディエンスがそのパフォーマンスを見守る、というスタイルです。

 

 

本来ライヴは、パフォーマーとオーディエンスは、それぞれ「一対一」、サシの勝負?です。周りに観客がいくら大勢いようと、ライヴはパフォーマーと自分の時間、の筈なのですが。。実際はお祭り騒ぎになっていて、まあそれがライヴのよさ?でもある訳です。

 

 

 

 

大瀧詠一さんの「ヘッドフォン・コンサート」、調べたら、行われたのは1981年、渋谷公会堂にて。私が高校生の頃です。

ホールの音は、反響その他PA状態で、オーディエンスにストレートに、平等に、届かない。それなら、ちゃんと届くようにオーディエンス全員がヘッドフォンで聴けばいいんじゃないか。そんな発想で行われたようです。

 

 

当時、それをFM雑誌で読んだ時は「変わった人も居るもんだなあ」ぐらいにしか思わなかったんですが、今も憶えているということは、当時大瀧詠一さんの音楽に興味のなかった私にも、それなりにインパクトがあった出来事だったんじゃないかと。

 

 

 

 

最近、何人ものアーティストが「配信ライヴ」を行なっています。私は実際に閲覧した事ないんですが、どんな音で配信してるのか興味があります。

大瀧詠一さんは、この日の演奏音がちゃんとオーディエンスのヘッドフォンに届くような、緻密なエフェクター処理をしたそうです。

 

 

TVの音楽番組や、ニコニコ生放送、AbemaTVのような、ごく普通の、不特定多数向けの音像ではなく、聴き方を想定 (ヘッドフォンで聴いて下さい、とか) した、個人個人の脳ミソにダイレクトに突き刺さるようなミックスをしての配信ライヴは、実は新しいライヴのカタチ=メディア、になりうるんじゃないかと思います。

ウイルス騒動や大地震が起きても、オーディエンスにちゃんと伝えることが出来るのではないかと。

 

 

人々を集めて行う普通のライヴが出来ない今こそ、「ライヴ」の形態が進化するチャンスなんじゃないかな。いいアイデアが浮かんだら、自分でもやってみたいですね。

 

 

 

 

 

 

「ヘッドフォン・コンサート」画像。ニコニコ動画に上がっていました。(動画ではないんですが)

 

このコメントは、「スピーチ・バルーン」へのリスペクト。私の大好きな曲です。