日常生活から」カテゴリーアーカイブ

【2020年2月7日】雪が降りました 〜 雪に思い出すこと

先日から急に冷込み、北陸地方はようやく?冬が訪れた気がします。吐く息が白くなったのも、この冬初めての事ではないかと。

 

 

大自然というのは、常に当たり前に在るものだと長い間漠然と感じていましたが、どうやらそうではなくて、結構不安定なもので、実はいろんな偶然が積み重なっての今の地球環境が在るみたいです。ちょっとしたバランスが崩れると、途端にギクシャクしてしまうみたいです。

決して学習した訳ではなく、ここ数年で、実感としてそう感じます。

北陸の冬も、大雪の年もあれば、今冬のように暖かすぎる年もあります。どちらも「異常」ではなく、それが当たり前な事のようです。

 

 

 

雪は、子どもの頃はちょっとしたイベントでした。朝起きて新雪が積もっていると、学校に行くのが楽しかったものです。誰も踏んでいない、田んぼの中に足跡を付けて歩いたり、雪玉をぶつけ合いながら歩いたり。

そういえば、一昨年の大雪の時も、楽しんでいたのは子どもたちでした。あちこちで大きな雪だるまやかまくらが見れました。雪合戦をしている姿も見ました。それらを見て子どもの頃を思い出したものです。

 

 

自曲に「雪」が出てくる歌が、数曲あります。「雪の降る夜」「きみを待ってる」「西暦2120 年」。どの曲も、子どもの頃に見た雪景色が原風景となっています。記憶を辿りながら歌詞を書きました。

自分にとって大切な雪景色は、もしかしたら今後益々見れなくなっていくかもしれませんが、これらの曲を聴きかえすと、あの頃の景色がサッと現れます。

 

 

 

こういう心の原風景というか、懐かしい感覚は、いくつになっても忘れない大切な自分の宝物として、大事にしたいものです。

「雪」をテーマに、また曲が書けるといいなあと思います。

 

 

 

 

 

これが今年初の雪が積もった景色。すぐに溶けてしまうんだろうなあ。。

 

 

 

初雪のキラキラ感を音で表現してみた「きみを待ってる」は、こちらから聴けます。↓

アートワークは、一昨年の大雪時の画像。いや、あの時は凄かったですね。。

 

 

 

 

 

 

【2020年1月7日】「限りなく穏やかに」「続いていく世界」、スタジオでギター入れてきました

島村楽器さんのスタジオで、ハタチのギタリストG君と、「限りなく穏やかに」「続いていく世界」、のギターをレコーディングしました。(というか、弾いて頂きました)

島村楽器さんのスタジオの、マーシャルのバカでかいアンプからはとてもいい音色が流れて、パソコンの音にはない豊かさを感じました。

 

 

 

2時間借りたのですが、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。

2曲とも、録りたいところは一応録れました。これからちゃんと聴いて編集作業に入ります。

 

 

こうやって身近にギターをちゃんと弾ける人がいると、ソング・ライティングの幅も広がります。今までは、この「限りなく穏やかに」のようなバンドっぽい曲は、途中で作るのを止めていたからです。

 

 

 

私はギターもピアノも、テクニックは実に中途半端です。弾けない人からみると、それなりに弾ける人みたいにみえますが、弾ける人に比べると、雲泥の差があります。両方とも、ちゃんと練習しないからでしょう。

ほんとうにやりたいのは、楽器を弾くことではなく、メロディを作ったり、歌詞を書いたり、歌をうたったり、です。

時間は限られているので、ほんとうにやりたい事を優先して、自分に出来ない事を、他の人の手を借りる、でいいんじゃないかなと、考えています。

 

 

もっともっと、ギターの活かせる曲やピアノの活かせる曲にチャレンジして、人とつながっていけたらいいなあと思います。

 

 

 

G君、どうもありがとうございました。