日常生活から」カテゴリーアーカイブ

【2021年3月18日】ギター購入しました!٩( ᐛ )و

本日、いつもギターを弾いて頂いているg君宅で、楽曲制作のミーティングをしました。

ミーティング時に、滑らかに弾いているg君のギターのフレーズを聴きながら自分もギターが欲しくなり、買うなら今しかない!今を逃したらもう買わないんじゃないか?そう思い、g君を誘ってごはんを食べてから近くのリサイクル・ショップに一緒にギターを観に行きました。

 

 

私がエレキ・ギターを所有していたのは、30歳?35歳?ぐらいまでです。安いストラトキャスターを時々弾いていましたが、壊れてしまって引越しの際処分してしまいました。今回はそれ以来です。

数10年経って、曲を作り始めた時は、ギターはほぼアコギ、時々エレアコを使用していました。ソフトでの制作を始めてからは、ギターはほとんど弾かなくなってしまいました。曲も、9割がたキーボードで作っています。

 

 

けれども実は、曲を作り出してからずっと、エレキ・ギターはそのうち購入しようと考えていました。結局今日購入するまで、かれこれ10年程経ってしまった訳です。

どんな機種を買おうかも考えず、取り敢えず財布を開いたら万札が2枚あったので、g君には「予算は2万円で」と伝えて、数本候補を選んでもらいました。

 

 

結局、選んだのが、これです。

10年程考えていたことがいきなり現実になって、今、とても不思議な気分です。

取り敢えず、今、弾きまくっています。

 

 

 

 

 

【2021年3月13日】わたせせいぞう展 (の画像) を拝見して 〜 エヴァーグリーンな「ハートカクテル」

知人がお正月に「わたせせいぞうの世界展」に行ってきていて、こないだその画像を頂いています。前々回に江口寿史さんの展示会の記事ブログを書いていて、ふと思い出しました。

 

 

わたせせいぞうさんといえば、バブル期を象徴していたようなマンガ「ハートカクテル」の作者です。当時の私は全く興味がなく、どちらかと言えば胡散臭く感じていたのですが、今、その画像を観ると、意外と時代を感じさせず、ほんわかとしたエヴァーグリーンな雰囲気が伝わってきます。ホンモノにしか出ないオーラを感じます。

 

 

つまりわたせさんの世界は、依頼された「お仕事」ではなく、元々好きでこういう表現をしていたら時代が彼を必要として大ヒットしたのではないか、そう思います。

 

 

 

そのマンガやイラストは、ひとことで言えば「日常のささやかなしあわせ」です。平凡な日常も、視点を変えれば、しあわせの光景が至るところに存在しているーーそんな光景を、丹念に、数十年に渡って全くブレることなく切り取って描き続けてきた、そんな表現ではないかと。

若い頃の私には、分かる筈がありません。

 

 

ご本人の画像も見せていただきましたが、都会的で、オシャレでカッコよくて、ついでにタレ目 (笑) で、つまりは「ハートカクテル」に出てくる男性そのまんま。

「ハートカクテル」は、つまり「自分」を描いていたからこそ、作品のリアリティーが担保されていて、そしてあれだけの人気があったのだと、実感した次第です。

 

 

 

 

 

その頂いた画像から。

 

上は、金沢市内の尾山神社をモチーフに書き下ろされた大看板。

下は、わたせさんが実際に乗っていたスクーター。作品世界とそのまんま繋がっています。