ニュースから」カテゴリーアーカイブ

【2021年12月28日】一部のJ−POPと地下水脈で繋がる?「ミナス音楽」を聴く

 

 

 

この記事で「ミナス音楽」というジャンルを知りました。君島大空さん、長谷川白紙さん、その他、J−POPシーンでも影響を受けている方が多いということで、早速調べて聴いてみました。

 

 

YouTubeに上がっていた幾つもの楽曲を聴いて驚いたのは、「ミナス音楽」、今どきの一部のJ−POPとの共通項があまりに多いことです。

スピード感及びポリリズムや変拍子多用のリズム感。そしてボサノヴァから派生したと思われる、捻りまくったコード進行による不安定なコード感、無調の浮遊感のあるメロディ…。まさに今の一部のJ−POPシーンの音楽のようです。

この記事にはありませんが、今年よく聴いた、DAOKO×網守将平「anima」も正にそんな楽曲だなあと、思わず聴き返しました。

 

 

思うに、J−POPのミュージシャンたちが単純にミナス音楽を聴いて取り入れていったというより、もともと世界で同時多発的にこういう感じの音楽が進行していたのではないかなと。そして偶然にも少数の日本人がミナス音楽に遭遇して、感性の針が触れて、更に深く取り入れていったのではないか、そう感じました。

 

 

 

インターネットにより、世界はどんどん狭くなってきています。もしかしたら、ブラジルでもJ−POPが聴かれていて、「あ、これは自分たちのと似てるぞ」と共感して、早速取り入れているかもしれません。

「ガラパゴス化」と言われて久しいJ−POPシーンですが、こんなところでちゃんと世界と繋がっているんだなあと。

 

 

【2021年12月25日】Coccoのインタビュー記事から「つながる、ということ」について考える

 

 

 

大変読み応えのある記事です。Coccoさんは「「逆に聞きたい。つながりって何?」と問いかけます。

 

 

こうやってブログで書くのは矛盾しているかもしれませんが、LINE、Twitter、Facebook…、SNSって本当にコミュニケーションのツールとして機能しているのかなあと、時々思います。

そこには「相手の気持ちになって・相手の気持ちに寄り添ってコミュニケートする」という姿勢が大きく欠けている言葉が散見するからです。私はそんな言葉を目にする度に、反面教師として読み、襟を正すよう心がけている次第です。

 

 

 

「寄り添うこと」そして「想像すること」は、つながることへの第一歩であると思います。この記事を読んでいたら、私が数年前に書いたブログ記事を、ふと思い出しました。ドラクエと不登校の子どもについての記事です。

 

 

不登校の子どもに、引きこもりの子どもに、ただ「学校へ行け」と圧をかけるのではなく、単純に「ともだち」になって遊んだら、他者が入る事によってその子の世界も広がって、やがて世間とコミットしていくようになるのでは。そんな事を考えながら書いた記事です。

 

 

今読み返してみたら、意外と?面白かったので、全文載せます。上げた日付けをみたら2017年8月2日で、4年以上も前でした。Coccoさんのインタビュー記事への、私なりの回答にもなるかなあと。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

ドラクエの面白さとは?(やや長)

 

 

 

先日のブログを上げてから、ドラクエの面白さは何なのだろう、どうしてあんなにドラクエにのめり込んだのだろう、と考えてみました。

 

 

ひと通り考えてから、ほかの人はどう思っているのだろうと気になり、「ドラクエ 面白さ」で検索してみました。

 

 

トップにきたのが、Yahoo!知恵袋への質問でした。本質を突いたその内容にちょっと感動したので、そのままコピペします。2015年と、割と最近の質問です。質問者は、nddf2424さん。

 

 

 

ドラクエの面白さを教えて下さい。

 

物凄い人気ですよね。

 

どこが面白いの?
という質問ではありません。
私やったことないですから。


私は不登校、あるいはひきこもりの子供を
助ける仕事してます。
心許してドアを開けてくれた子供の部屋には
大抵ドラクエあります。


ちょっと見せてよって言ったら
いいですよって言って


歩いてたらぎょぎょぎょぎょぎょって
音が鳴って、攻撃。ど~ん。
反撃。きゃきゃきゃきゃきゃ。
攻撃。
ぱぱぱぱっぱぱ~ん。

 

それの繰り返し。

 

これどこに感動があるの?って。


これ本心です。バカにしてるわけでも
なんでもありません。
気を害する方もいるのは承知で質問してます。


純粋な質問だと捉えてください。
どこが面白いのかな~っていう。


どこが(笑)じゃなくて、どこなんでしょうか?
です。


ここが面白いんですか?


それに気付けない私にご教授下さい。
仕事にも繋がるので。


カテゴリーがわかりません。


間違いだと思うのですが、回答戴けたら
幸いです。

 

 

 

この質問自体も秀逸ですし、回答も数名の方から寄せられていて、その回答も、それぞれのドラクエを語っていて、質問者もそれに対してちゃんと返事を返していて、とても読みごたえがありました。

 

 

それで、以下、この質問への私なりの返答です。

 

 

ドラクエに夢中で遊んだ事のある方は、この質問の中に、既に答えがいっしょに書いてあると感じたと思われます。

 

 

歩いてたらぎょぎょぎょぎょぎょって
音が鳴って、攻撃。ど~ん。
反撃。きゃきゃきゃきゃきゃ。
攻撃。
ぱぱぱぱっぱぱ~ん。

 

それの繰り返し。

 

 

この部分です。この繰り返し (まるで、学校の勉強や賃労働などのルーティンのよう!) で、自分が強くなっていき、友だちが増え、アイテムが増え、敵をやっつけることができる。そうやって「世界」にコミットメントしている感覚が体験出来る。

 

 

まるで、「理想の現実」のシミュレーションのようです。(現実はそう簡単にはパワーアップしません)

 

 

 

私のおもちゃ屋勤務時代に、いつも朝からゲームをしに来る小学生がいました。

 

 

その子は学校にも行かずにお店に来て、ゲームをしたりガチャガチャをしたりで、夕方になって、ほかの小学生が遊びにくる時間になったら、いつの間にかいなくなっていました。本当なら注意をすれば良かったのでしょうが、他に行き場所がないんだろうなあと思うと、かわいそうで、見て見ぬ振りをしていました

 

 

その子と喋るきっかけになったのも、ドラクエです。レアアイテムの場所とか、はぐれメタルのやっつけ方とか、いろいろと楽しい話をしました。その子にとって、ゲームは自分の居場所だったんでしょう。上記の質問の文中「心許してドアを開けてくれた子供の部屋には 大抵ドラクエあります。」は、とてもよく分かります。

 

 

そして、その質問中の、不登校や引きこもりの子どもや、お店でドラクエの話をしていた子どもたちと私とは、時空を超えて繋がっていると思いました。

 

 

気がついたら、その子は店には来なくなっていました。

 

 

あの男の子は、現実の世界に、ちゃんと自分の居場所を作ることが出来たんだろうかと、ふと思い出しました。

 

 

 

(追記)

 

 

上記の質問中のいろんなやりとりの中で、「老後の楽しみに取っておこうかな。」という意見がありました。同じことを考えている方もいらっしゃるんだなあと、うれしく思いました。

 

 

そう。やはり面白いゲームや小説、そして映画は、絶対に老後です!

 

 

 

 

 

「ドラクエⅢ」より。これがはぐれメタルです!