ニュースから」カテゴリーアーカイブ

【2020年9月20日】谷川俊太郎「PEANUTS」を語る 〜 文学の真髄は人の悲しみ

 

 

 

先日の朝日新聞デジタルの記事から。

 

 

 

ピーナッツは、スヌーピーやチャーリー・ブラウンが活躍するアメリカの人気マンガ。訳者である谷川俊太郎さんが、完訳を終えての所感などを語っています。

 

 

 

実は私はピーナッツにはさほど興味がなく、谷川俊太郎さんのインタビュー映像目当てに記事を観ました。谷川俊太郎さんの詩集は若い頃数冊読んでいましたが、全て売り払って手元にはありません。

 

 

前回の「月と六ペンス」同様、出逢いは中学生の頃です。名物?だった国語の先生の授業で、です。この先生は、おそらく谷川俊太郎さんのファンだったのでしょう。すごく熱心に語っておられたのを記憶しています。それがどんな内容だったかは忘れてしまいましたが。

 

 

 

このインタビュー記事、タイトルにもなっている「『PEANUTS』の真髄は人の悲しみ」この言葉に尽きます。

 

 

「…いくらでも子どもが喜ぶようなキャラクターなんだけど、基本的には大人のマンガですよね。基本的な、人間が生きている悲しみみたいなものが、そこにありますよね」

 

 

 

すぐれた文学・面白い文学は、文章のテクニックやよく練られたストーリーとかではなくて、作者の「絶望」の深さがどれだけ表れているか、で決まるのではないかと、本をよく読んでた頃に思ったことがあります。絶望が深い程、その話は心に染みるという訳です。

タイトルの「PEANUTS」を「文学」に変えてみて下さい。ピッタリくるのではないかと。

 

 

 

私はいつ頃からか、ほぼ文学を読まなくなったのですが、音楽にはドップリとハマって今日に至ります。

音楽というか歌も、古今東西「嘆き節」的な表現が多く、そういうのも当然好きでよく聴きます。

けれども文学と大きく違うところは、それは「肉声」で、リズムとメロディがあるところです。そして、一瞬 (数分) で消えていくところです。

 

 

「マンガ」も、何故か?文学よりも音楽に似ていると感じます。(だから離れてないのかも)

「ピーナッツ」、興味がなく読んだ事もなかったのですが、谷川さんの言葉で訳されていることもあり、ちょっと読んでみたいなあと思いました。

 

 

 

 

【2020年9月7日】最近の炎上ニュースから (とユーミンの音楽性について)〜 ツイッターやフェイスブックは諸刃の剣 (ブログも)

 

 

京都精華大学の講師の「死んだほうがいい」発言が、数日前にフェイスブックでの炎上ニュースとして、Yahoo!ニュースに上がっていました。結構な反響があったみたいでご存知の方も多いのではないかと。

 

 

実はこういう物言いは、友人など親しい間柄の人との会話では、ちょくちょく出てきそうな言い方です。アーティストを愛しているが故の発言です。私も若い頃、友人との会話で「◯◯は日和った」「××は終わった」(◯◯や××にはアーティスト名が入る) というような会話を、しょっ中していた記憶があります。

 

 

 

この発言がこれだけ問題になったのは、発言が親しい間柄 (つまり、そう言う事を喋る人となりを理解し共有している関係) 以外の、パブリックな場に拡散してしまったからです。これがネットの怖さですね。

私はこのニュースをみて、この講師への嫌悪感ではなくて、あらためてユーミンの偉大さを思った次第ですが。まあ捉え方は人それぞれです。

 

 

この講師は間違いなく「カルト・ユーミン」時代の熱狂的ファンだったのでしょう。この人は多分、親しい人にもこういうこと喋っていて、何かの拍子にポロッとフェイスブックに上げてしまったのでしょう。つまり、ちょっと口が滑ったんじゃないんでしょうか。

 

 

例によって昔話ですが、デヴィッド・ボウイが「レッツ・ダンス」で、カルト・アーティストから一般受けした際に、キュアのロバート・スミスさんが「ボウイは『ロウ』をリリースした後、死んでしまえばよかった」と言うような発言をされていたのを思い出しました。言うまでもなく、ロバート・スミスさんは、カルト・アーティスト時代のボウイさんの大ファンでした。

 

 

 

ネットの場は、プライヴェートなようであってパブリックな、パブリックなようでプライヴェートな、とても不安定な場所です。プライヴェートで喋るような、反射神経でパッと口から出る言葉が、パブリックな場にあっという間に拡散してしまいます。

パッと喋るように拡散出来るところが魅力でもあるんですが、最近はデメリットばかり取り沙汰されている感がします。

 

 

 

ツイッターやフェイスブック、私は怖いので利用は控えています。SNS利用するなら、楽曲を上げたり、じっくりと考えて書くこういうブログが合っています。

 

 

 

 

 

 

その、カルト・ユーミン時代、荒井由美さんのファースト・アルバム収録「ひこうき雲」(‘73年) 聴いています。

死を歌う言葉。当時の邦楽離れしたメロディとコード進行。とてもとても、’73年、19歳の作品とは思えませんね。。

 

 

私が普段から聴いている音楽の嗜好性とは全く違うのですが、こうして聴くと、耳が離れず最後まで聴き入ってしまう、初期のユーミンです。