ニュースから」カテゴリーアーカイブ

【2019年11月11日】ホームレスと天皇陛下 〜 ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」を聴き返す

このブログを始めて間もない頃、ボブ・ディランさんの「ライク・ア・ローリング・ストーン」を取り上げて論じました。

 

 

歌詞考「ライク・ア・ローリング・ストーン/ボブ・ディラン」(←クリックで読めます)

 

 

 

今回、再度取り上げたいと思います。

 

 

 

この曲は、一人の育ちのいい女の子 (Miss Lonely=訳すと孤独ムスメ 笑) がどんどん落ちぶれていき、最後には無一文になってしまうという物語を歌っています。語り部であるディランさんは最後にこう言います。

 

 

「もう何にも持ってないんだから、失うものも何にもないよ」

「君は今、透明だよ。隠す秘密も何にもないし」

 

 

このフレーズについて私はその記事で、「… 『何にもない事は、何て素晴らしい事なんだろう!』と歌っているように、私には聴こえます。」と書いています。もちろん、逆に捉えた人もいると思います。

 

 

上記の最終章のフレーズの後、サビのあのフレーズ「♬ How dose it feel?」(どんな気分だい?) が歌われる訳です。

 

 

 

 

それで思うのですが、少なからずこの曲 (の歌詞) が心に刺さった方は、実際どんな風に感じたんでしょう?

 

 

このフレーズをプラスの気分に感じたあなたや私は、立派な?ホームレスになる資格があります (笑)。(あくまで概念論です)

 

 

 

 

 

 

本日のこのyahoo!ニュース記事のホームレスさんのインタビューを読んで、「ライク・ア・ローリング・ストーン」と、あと、何故か先日の「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」を思いました。

華やかなパレードの数キロ圏内に、この記事のような生活を送っている人々がいるんですね。

 

 

私には、ホームレスさんが悲惨には感じず、皇室の方々が裕福でしあわせにも感じられません。

ただ、人生それぞれだなあと思うだけです。それぞれの人生に、いいことも訪れれば、悪いことも訪れます。

 

 

 

 

【2019年11月2日】興味深い本を見つけました 〜 フランソワ・デュボア著「作曲の科学」

 

 

実は、一般的に聴かれているメロディがスムーズに流れてハーモニーがきれいで、自然に聴こえるポピュラー音楽の方が、オルタナティヴで難解なロックよりも、アカデミックで数学的で、ガチガチに作られています。

多くのミュージシャンは、そんな型通りの理論の積み重ねが、ともすれば息苦しく感じて、もっと自由な音はないものかといろいろと試行錯誤をしている訳です。

私も、理論と非理論を行ったり来たり彷徨っています。

 

 

リスナーは曲を聴く際、無意識にさまざまな期待をします。心地良い和音の登場や、すでに知っていたり気に入っていたりする和音の出現、あるいは、覚えやすいメロディ展開などを期待しながら聴き進めます。それは、ポピュラー音楽が成立するための重要な条件でもあります。(本書より引用)

 

 

たまたま今朝のyahoo!ニュースに上がっていたこの本の、上記の引用に目が止まりました。まさしく、ロックは自分の為に歌う、ポップスはリスナーの為に歌う、です。(←昔誰かが言ってたような気がするフレーズです)

 

 

 

時々、有線とかTVとかで、音楽理論の奴隷のような楽曲を耳にすることがあります。音楽理論の奴隷というのはつまり、既存の理論を全く疑わずに、その中だけで作っているような楽曲のことです。リスナーの為に、お仕事として、敢えてそんな曲を作っているのかもしれません。

 

 

反対に私が、これはいい!と感じるポピュラー音楽は、既存の理論上で鳴っていても、それを越えようという意思や工夫が感じられる曲です。

メロディでもリズムでもアレンジでも音色でも声でも、何でも構いません。ほんの少しでもいいので、オルタナティヴな要素がないと、それは単なる焼き直し・停滞、です。音楽に限らずですが、理論は超える為に存在するのだと思います。

この本はその足掛かりになりそうな内容が書いてありそうです。