ニュースから」カテゴリーアーカイブ

【2021年5月16日】何故J –POPのアーティストは前髪が長いのか

 

 

 

この記事を何気に読んでいて頭をよぎったのは、そういえば日本はアイドルだけでなく、今どきのJ –POPのミュージシャンも皆んな前髪長いよな〜、という事実。これについて、ちょっと考えてみました。

 

 

 

そもそも、ロック及びポップ・ミュージックとファッションは、切っても切り離せない程の相関関係なのですが、私のこのブログ記事、3年以上、ネタにも困らずウダウダと何とか書き連ねていますが、ファッションについての記事は皆無です。本稿が初 (笑)。つまり自分自身、ファッションには全く興味がないからなんですね (笑)。

 

 

 

そんな私ですが、高校生〜大学生の頃、ひとつだけこだわりがありました。それが「前髪」です。

その頃の私の髪型はまさしく前述のJ –POPミュージシャン同様で、目が隠れる程の前髪ロングでした。当時は今と違い前髪ロングの男子は一般的にはあまり居なくて、多分変な奴と思われていたんじゃないかなと、今思います。

 

 

なので、何故J –POPミュージシャンがこぞって顔半分隠れる程の前髪ロングのヘアスタイルにするのか、その心情はとてもよく分かります。

そんなヘアスタイルがカッコいいと感じる感性とは?ーーつまりは、世間・世界、を拒絶したいからです。瞳も隠れる程の長い前髪が、小さく儚い「自分の脳内世界」を守る防波堤のような役割なのでしょう。前髪で、世界から「自分」「自意識」を隠したいんでしょう。遠ざけたいんでしょう。

 

 

 

もちろん当時はそこまで考えてはいません。ファッションなので、何となくいいからで、やっています。でもこの「何となくいいんじゃないか」が、重要なポイントです。

今のJ –POPミュージシャンも、多分そんなふうなのではないかなと。前髪ロングが、何となくカッコいいから、と。

 

 

前髪ロングのミュージシャンがJ –POP・シーンの前線に躍り出たのは、私の記憶では、渋谷系が最初ではないかと。フリッパーズ・ギターの二人やピチカートの小西さん、スパイラル・ライフ、カジヒデキさん…。

それから数年、決定的なのは、バンプ・オブ・チキンかなあと。バンプを経て現在に至っているのではないかと感じます。

 

 

ちなみに渋谷系全盛期当時の私は、既に前髪などどうでも良くなっていて、髪が伸びる→ジョン・ライドンぐらいにバッサリ切る→また伸びてくる→またバッサリ切る…の繰り返しでした。つまり、瞳や額を髪で隠さなくても、心がそれなりに社会と折り合いがついていたんでしょう。

 

 

 

それから数十年。伸ばしたくても伸びない、最早残り少ない (笑)、自分の頭髪をふと思いつつ、この文章を書いている次第です。

当時の自分がもし今のように薄毛だったら、どうやってちっぽけで弱い自分を守っていたのかなあと、ふと思いました (笑)。お化粧?ファッション?まあ歴史に「イフ」はないので、人はその人相応にどうにかこうにかして歳を重ねていくということなのでしょう。

 

 

 

 

 

オザケン〜尾崎世界観まで。J –POP前髪ロングの小歴史です。

 

 

【2021年5月6日】絵文字の話、、😅🤔😊

 

 

「絵文字っておじさんが使うイメージです(10代女性)」

「絵文字を使いすぎるとおじさんになっちゃう……(20代女性)」

 

(以上、記事本文より引用)

 

 

 

だそうです。ちなみに私は多用派です。そして、頭のてっぺんからつま先まで、どこからどう見てもおじさんです。

記事のアンケート結果だと、実際には若い人も絵文字を使っているらしいですが、コテコテに使うのは、やっぱり年長者ではないかという気がします。(私と世代の近い方々のLINEは、コテコテなのが多いので)

 

 

 

そう言われて気付けば、私には時々LINE交換している20代の男女が数人いますが皆さん絵文字は一切使いません。年長者に失礼だから皆さん使わないんだと思っていたら、どうもそうでないみたいですね。

 

 

私は基本、LINE文はパッと打ってパッと送るので、だからいつ頃からか気付いたら絵文字を多用するようになりました。絵文字は、基本的にプラスの表情です。たとえ😱😰😓でも。SNSは大前提としてプラス表現でないといけないと考えている私にはピッタリのツールです。

 

 

 

絵文字のない文章は、ある意味ストレートに表現されます。ちゃんと読み返して、推敲をしてから送るのならいいのですが、そうでない場合、誤解を生む表現になることもあります。なので、いわゆるLINEトラブルは絶えないのでしょう。打った後消せるようになっただけでも、トラブルはかなり減ったんじゃないかなあ。

 

 

あと、絵文字を使うと、文章力がなくても、絵文字の表情で何とかなります。去年 (一昨年?) よく使われていたらしい🥺など、嬉しい時にも困った時にも使える、実に使い勝手のいい表情で、だから多用されたのでしょう。

絵文字は日本発だと、何かで読んだことがあります。知って、白黒ハッキリさせない・曖昧さを美徳とする日本人らしい表現ツールだなあと思ったものです。

 

 

 

タイトルに使った絵文字は、私がよく使用する表情です。

特に😅は、使用頻度NO.1です。受け身な表情で、押し付けがましくなく、相手に「僕はこんなだけど、どう?」的に伝わるんじゃないかなと考えて使っています。この記事にメゲずに?これからもバシバシ使っていきます (笑)。記事はおじさんバッシングではありません。念のため。

 

 

 

 

おじさん構文の一例だそうです (笑)。私のもこれに近いものがあります。