ニュースから」カテゴリーアーカイブ

【2020年7月3日】いしだ壱成とレゲエ

 

 

 

 

いしだ壱成さんがTVに出ていたみたいです。少し前に知人に「石川県に住んでいる」と聞いていましたが、記事を読むと、ほんとに白山市に住んでいらっしゃいました。

 

 

 

実は私は、かつて石田壱成さんの音が好きで、アルバムもリリースされた2枚とも持っています。(ここに上げようと探したけど、残念ながら見つかりませんでした)

俳優としてのパフォーマンスは、私はドラマは観ないので、実は一度も観た事はありません。でも、多分凄く演技の上手い俳優なんじゃないかなと、歌を聴いて思ったものです。

 

 

初めて聴いたのは、シングル「ワーニング」で、レゲエです。その次のシングル、こちらもレゲエの「マイ・フレンド」を聴いて、そのあまりに気持ちのいい音と声にやられて、アルバムも購入しました。アルバムは全曲レゲエではなくてちょっとガッカリしました。

 

 

 

レゲエ曲のヴォーカルがとても堂に入っていて、これは一朝一夕ではないと思い、プロフィールを調べて納得しました。やっぱりこの方はレゲエが大好きな人でした。

日本人が日本語でレゲエを歌うと、私もですが、普通にメロディラインをなぞって歌ってしまいます。これが実は、ニセモノっぽく、浅はかに聴こえる原因です。

 

 

レゲエは「間」を聴かせる音楽です。ヴォーカルも、ビートとビートの間を縫うように歌われています。ところが実際に歌うとなると、これがとっても難しい。メロディも、下手に難しいコード進行や転調のメロディだと、何故だか逆にダサく聴こえてしまいます。

 

 

自曲でも数曲レゲエ曲がありますが、どうしてもホンモノのように、ビートとビートの間を泳ぐように歌えませんでした。それで苦肉の策として、あえて童謡のようなシンプルで抑揚のないメロディにしてみました。そしたらメロディの違和感が少なくなるんじゃないかと。

そうして作ったのが「ふきのとう見つけた」です。

 

 

 

いしだ壱成さんのレゲエ曲のヴォーカルは、日本語で歌っていながら、自然にレゲエのマナーに則って歌っているように聴こえます。ヒラヒラと、ビートの隙間を見事に泳いでいます。そこが一番の魅力です。

今、PCに入っていた、2nd.アルバム「ストーン・サークル」の一曲目「DC-8」を聴いているのですが、いやほんとに見事なものです。

 

 

 

白山市に住んでいるんだったら、地元でライブなど演らないかなあ、またレゲエ歌わないかなあ、と、思ってしまいました。自曲のレゲエ曲を送って、一緒にライブしましょうと誘ってみようかな (笑)。

でもこんなダサい曲は嫌だと言われそう。。

 

 

【2020年7月2日】仕事は「それしか出来ない」と思うから必死でがんばれる 〜 コロナ禍の職種叩きに思う

私は若い頃、何で働かないといけないのか分かりませんでした。家にいると、太陽が昇るように当たり前に食事は出るし、夜露を凌いで毎日ぐっすり眠れるベッドもある。でも、そんな家を出たくてしょうがなかった。

家を出る為には、現実問題として、食っていく為に働かなければいけない。そう考えて、嫌々ながらも働き始めたんじゃないかと思います。

 

 

 

人は様々な理由で働いています。学校卒業してその延長線上で何となく働いている方、人と・社会と接するのが好きな方、いい暮らしをしたいからハードに働いている方、嫌だけど生活に困ってやむなく働いている方、実家が名家で、嫌々ながらも跡を継いでプレッシャーの中で働いている方、会社員は嫌でバイトで生計をたてていらっしゃる方…。

仕事が好きな方も嫌いな方も、皆んな、どうにかこうにか自分自身と折り合いをつけて、一番何とか出来そうな職に就いているんじゃないかと思います。

 

 

私もそうです。いろいろとアルバイトや転職をした挙句、何とか働ける場所が見つかったから、何とかやってこれました。ここなら多少辛くとも、何とかやっていけるんじゃないか、そう考えて一生懸命働きました。

何が言いたいかと言うと、世の中の人々は、それぞれの好き嫌いを超えたところで、いろんな理由でもって、そのお仕事に携わっていると思う訳です。

 

 

 

仕事というのは、基本、働いた分お金を頂けるんですが、そのお金は、その仕事の「お客様」から出ている訳です。つまり、他人がお金を払うと認めない限りは、どんなに一生懸命がんばっても仕事になりません。

 

 

コロナ禍で、パチンコ屋や夜の街が叩かれていますが、私は常々、特定の職種を叩くのはおかしいんじゃないかと思っています。誰かが必要として、そこに行くから仕事になる。決してお店だけが悪いのではないんじゃないかな。私はパチンコもキャバクラも行かないので自己弁護ではありません。

 

 

 

例えば何らかの理由で (亡くなった親に多額の借金があったとか、離婚して母子家庭になったとかで)、手っ取り早く人並み以上に稼がなくてはいけなくなったとか。極論かもしれませんが、そういう理由で夜の街で働いている方々も、実際多い訳です。そしてそういうお店を「必要」として、来店してお金を払ってらっしゃる方々もいらっしゃる。だから商売が成り立っている。

 

 

 

何が必要な仕事で何が不必要な仕事かと決めるのは、ちょっと違うのではないかな、と思います。

ライブハウスや演劇に興味のない方や、キャバクラやスナックに行った事ない人や、パチンコをやらない人などは、それらは生活に必ずしも必要な事ではないと仰いますが、それらが必要な人はいらっしゃいますし、自分はそこでしか働けないと思って、しがみつくように働いている人々も、同じくいらっしゃいます。

 

 

クラスターが出たからその業種の営業を止める、ではなく、どうしたら安全に営業出来るのか、を、働く側・利用する側の双方共に、考えていく事が大事ではないかと思うのですが。。