ニュースから」カテゴリーアーカイブ

【2019年3月18日】内田裕也さん死去

 

 

今朝のニュースから。謹んでお悔やみ申し上げます。

 

 

私の年代のロック好きには、リアルタイムではなく既に伝説となっていた方です。名前は知っていても、どんな音を鳴らしていた方なのか、知らない方が多いと思います。私もそうでした。

 

 

私の中で内田裕也さんと言えば、1991年東京都知事選に立候補された際の政見放送です。当時この放送は一部の人たちの間ですごく話題になりました。

私はこれを見て、内田裕也という人の人となりが好きになり、一気に距離が縮まりました。素晴らしい演説でした。今朝のニュースを見て思い出しました。

 

 

以前、その事について書きました。再掲して、追悼致します。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

政治の言葉とは 〜 1991年東京都知事選の内田裕也氏のこと (2017年 9月28日)

 

 

 

私は政治情勢にあまり興味がなく、政治絡みのニュースは熱心に見ませんが、このところなんだかんだで政局が大きく動いていて、気がついたら衆議院解散のニュースが流れていました。選挙は来月に行われるそうです。

 

 

 

選挙には政見放送というのがあります。衆参両院議員・都道府県知事選挙の立候補者が、自己の政見をTVなどで発表するんですが、この政見放送で伝説の一つになっているのがあります。選挙の度に思い出しています。知らない方もいらっしゃると思いますので、紹介します。

 

 

 

 

 

…政見放送では、冒頭でジョン・レノンの『パワー・トゥー・ザ・ピープル』を歌い、自らの経歴を英語で語った。型破りな政見放送は東京都民の記憶に焼き付き、また録画ビデオは、マニアの手で今なおダビングを繰り返されているという。  選挙演説は、トラックをステージにしての路上ライブ。運良く居合わせた都民は、しばしロックンロールに酔いしれた。 4月7日に行われた投票の結果、内田裕也は54654票を獲得。東京ドームを満員にする数字であった。  1991年春、東京は熱かった。

 

ー「内田裕也オフィシャル・サイト」より引用

 

 

 

1991年の都知事選。立候補者、内田裕也氏の演説です。
当時私も実際見たわけではなく、ニュースで知りました。最近はよくある (らしい) ユニークな政見放送のパイオニアのような放送です。今だとYouTubeで大量にアップされています。

 

 

 

そして後から面白半分に見て思ったんですが、実際これは奇をてらっただけではなく、ちゃんとした政見放送になっているんじゃないかと。
どこまで本音か分からない言葉や所属政党の政策を、台本を読んでいるように語るのではなく、自分の生い立ちを含めた自己紹介に徹して、歌まで歌って、自分はこんな人間だ、としか語っていないところが、すごいなあと。正にそれこそが、投票する有権者の一番知りたいところなのではないのでしょうか。少なくとも私はそうです。見ていてそう思いました。

 

 
そして、全編英語で語っているというのがポイントだと思います。何故なら、英語だと殆どの人に、喋っている内容が通じないからです (笑)。意味が通じない。それが、いいんじゃないかと。殆どの有権者には、自己紹介の内容すら伝わらず、放送を通じて、その「人となり」しか伝わっていないところが、良いのではと。

 

 

それにしても、5万票以上獲得したというのは、凄いことです。面白半分に投票した人もたくさんいらっしゃると思いますが。東京都内でも、私のように思った人は少なからずいらっしゃったのではと、勝手に思っています。

 

 

ちなみに私は内田裕也氏のファンでもなければ、歌も知りません。ロックンローラーだとは知っていましたが (笑)、この政見放送で距離が縮まったのは間違いありません。YouTube映像コメント、海外の方からのリスペクトも多いです。

 

【2019年3月12日】マイケル・ジャクソン告発映画って一体。。。

 

 

 

先ほどこの記事を読んで。これは行為の真偽の問題ではなく、こういう映画を作る事それ自体、やってはいけない事、反則なのでは、そう思います。死人に口無しですよ。

yahoo!のコメントを見ると、私と同意見の方が殆どで少し安心しました。

 

 

「死人に口無し」

 

死人は無実の罪を着せられても釈明することができない。また、死人を証人に立てようとしても不可能である。

 

ーーデジタル大辞林より

 

 

以前書いたマイケルさんについての記事を再掲載します。昨年の4月3日に上げています。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

スーパースターへの羨望といじめの構造は同じ 〜 マイケル・ジャクソンさんを思う

 

 

 

前回の続きです。

 

 

「幸福量保存の法則」という法則があります。これは、人類全体の幸福と不幸の総和はゼロである、しいては、数人とかの集団や、一人一人の人生にも当てはまるとされています。幸福や不幸というのは相対的なものなので、こういう考え方があるというのは、何となく分かります。

 

 

「いじめ」も、この法則が当てはまると言われています。「いじめ」がなくならないのは、しあわせを相対的にしか感じられない人間が多い証明です。
「幸福量保存の法則」で検索すると、「小人さんの妄想」というブログで、私が書こうとしていたことがそのまま書いてありました。
余りにもそのままだったので、引用します。

 

 

 

いまここに、10人がいたとしよう。


10人のうち1人が、他の9人より抜き出ていたなら、抜き出た1人の幸福量は+9、残りの9人の幸福量は-1ずつである。

 

なぜかわからないが、そうなるように思える。

 

抜き出た1人は、圧倒的な羨望を集めるだろう。

 

ちょうどそれは、残りの9人分であるような気がする。

 

残りの9人は、1人が抜き出たことによって、同様に少しずつおもしろくない気持ちになるだろう。

 

それでも「あいつ1人が特別だったのだ」と割り切ることによって、各人が受け止める不幸の量はさほど大きくはならないだろう。

 

もし、抜きんでた人が2人で、劣った人が8人だったなら、それぞれの持つ幸福量は+4と、-1ずつになる。

 

2人が等しく抜き出ていた場合、ただ1人が突出していた場合よりも幸福の度合いは小さい。
それでも、そこそこの幸せを感じることはできるだろう。

 

反対に、10人のうち1人が、他の9人より劣っていたならば、劣った1人の幸福量は-9、残りの9人は等しく+1ずつの幸福を受け取る。

 

1人を犠牲にすることによって、残りの9人が等しくささやかな幸福を分かち合える。
これがいじめを形作る。

 

 

 

そして、ロックや芸能界などのショービジネスの世界のスーパースターは、まさしく「いじめられっ子」というコインの裏返しです。

 

 

マイケル・ジャクソンさんは生前、多くの人々からのリスペクトや華やかなスポットを浴びる反面、様々なゴシップや訴訟、家族の問題、などで、大変な人生を歩んでいました。世界中の人々から、羨望といじめの両方を受け続けてきた人生だったのではないでしょうか。

 

 

そして、その両方でゼロ、という感じではとてもなくて、むしろ大きくマイナスに振れている気さえします。

 

 

もしも幸福量保存の法則が本当なら、そのマイナス分は、マイケルさんの表現で心が満たされた世界中の多くの人々の心の中で、プラスとして生まれ変わっていった、そんな気がしてなりません。ロマンティック過ぎるでしょうか。

 

 

才能という、内なるモンスターが宿っている人の宿命だったと思いますが、何はともあれ、作品は永遠に残ります。
時々ですが、マイケルさんの音楽に触れるたびに思うことを書いてみました。

 

 

 

生前最後のオリジナル・アルバムとなった「インヴィンシブル」(’01年)。あまり売れなかったそうですが (それでも当然NO.1で、1000万枚以上売れていますが…)、マイ・フェイバリット・アルバムです。ベスト・アルバムや映像などでマイケルさんに興味をもった方に、ぜひ聴いてほしいです。

何度か聴くと、ヒット曲よりも数倍心に染みる曲が多いと感じると思います。保証します。