ニュースから」カテゴリーアーカイブ

【2021年4月10日】金沢を拠点とするバンドのコンピ・アルバムがリリースされます

 

 

 

まさかのYahoo!ニュースに上がっていた記事です。10バンド共知らないバンドばかりでした。その音楽性は、ロカビリー、ハードコア、パンク…と書いてあり、私及び友人知人の音楽嗜好性と違うので、情報が入ってこなかったのでしょう。

 

 

 

数年前に、地元金沢市のライブハウスやTSUTAYAなどで数回ライブを演ったことがあります。対バンの方々を観て・聴いて、上手い人ばかりだなあといつも感心していました。

 

 

私が音楽活動を行なっている為、知人友人も音楽好きばかりなのですが、驚くのは楽器がちゃんと弾ける方が多いことです。いつも手伝っていただいているg君のギターや、楽曲「ギター」のモデルになった知人の娘さん (もう就職してるのかな?) のキーボードなど、若いのにホントに上手いな〜と感心します。土地柄、昔からジャズやロックが文化として根付いているみたいで、だから小さい頃から楽器に慣れ親しんでいる人が多いのではないかと思います。

 

 

 

情報がないので憶測ですが、このアルバムに参加のバンドの音楽は、そんな金沢及び近辺の風土が生み出した音が鳴っているのでしょうか?興味深いです。

40年ほど前?「めんたいロック」を聴き、「ああ、九州だなあ」と、20年ほど前?沖縄のパンク・バンド「モンゴル800」がブレイクした際、聴くとその旋律に「ああ、沖縄のバンドだなあ」と、妙に納得したものです。

 

 

インターネットの影響でグローバル化して地方色が薄れてきている音楽界で、地元のミュージシャンたちがこういった形で一緒になって活動を行なっている様子を知ると、知らないバンドたちですが、思わず応援したくなります。

 

 

【2021年3月26日】フジロック、今夏開催に思う

 

 

ご存知の方には何を今更という話ですが、フジロック・フェスは、マニア受けしてるけど日本では一般的なブレイクには一歩手前の、単独公演では絶対に日本では観れないような洋楽アーティストを普通に観れるというところが、大きな魅力のひとつでした。

フジロックのパフォーマンスでブレイクしたアーティストも多く、新しい才能が開花する場所であったと感じます。

 

 

ところが今年は、コロナ禍を受けて洋楽アーティスト抜きでの開催となります。正直言って、これには驚きました。しかも前年の予定同様、東京オリンピックを考慮して例年より1年遅れの8月20日〜22日に行われます。苗場の8末は天候がかなり不安定なのではないかと危惧されます。

 

 

主催のスマッシュの日高さんは、どうしてもやりたかったんでしょう。もちろんビジネス面の理由もですが、ビジネス面以外のモチベーションも大きいのではないかと。

フェスに関しては既に現役ではない私ですが、フジロック開催の英断に、密かにエールを送ります。