Diary」カテゴリーアーカイブ

【2017年8月21日】今日もレコーディング その⑤ 〜 ベースの低音

ベースの低音をもっとしっかり鳴らしたいと思い、いろんなサイトをあたってみました。
単純に周波数について触れてあるサイトや、「なぜ低音なのか?」の精神論を語っているブログなど、興味深い記事が意外と多かったのですが、夜も遅いので、後日改めて閲覧します。

 

そんな中で、レゲエ・ダブ好きが高じて自分でサウンド・システム (移動式の音響設備) を作ってDJ活動を行なっているJAH-LIGHTさんのブログ「JAH-LIGHT’s Dublog」の、その悪戦苦闘ぶりとマニアックなこだわりに、ちょっと感動しました。
ブログは2010年から始まり、断続的に続いて、今のところ2015年が最後となっています。主に東京で活動されている方です。北陸にもいらっしゃったら、ぜひ遊びに行きたいと思います。

 

ところでこのベースの音ですが、いわゆる音楽慣れした耳でないと、意識上に聴こえないらしいです。
なるほど。そう言われると、音楽に興味を持ち始めた小中学生の頃は、歌やメロディばかりが耳に残り、楽器の音といえば、ギター (とドラム) しか聴こえてこなかったような気がします。

 

私がベースの低音に興味を持ったのは、高校生の頃、イギリスのニュー・ウェイヴを聴いてからです。ストラングラーズやジャパンなど、ベースの音やフレーズに特徴があり、耳に引っかかっていました。

 

ストラングラーズは、ジャン=ジャック・バーネルのゴリゴリ突き進む爆音ベースが、ジャパンは、ミック・カーンのウネウネしたフレットレス・ベースが、それぞれ魅力でした。
その中で、極めつけの一枚、パブリック・イメージ・リミテッド「メタル・ボックス」(’79年) での、ジャー・ウォーブルのダブ・ベース。でっかい音で聴くと、重低音で家が震えます。このアルバムや当時のダブのレコードで、重低音に取り憑かれた方はかなりいたのではないかと、想像に易しです。(私もその一人)

 

JAH-LIGHTさんのブログを読んでいて、思い出しました。

 

 

音質キープのため、45回転LP3枚組を金属ジャケットに入れて発売された「メタル・ボックス」。私が買ったのは、その普及版で33回転LP2枚組の「セカンド・エディション」でした。

【2017年8月20日】今日もレコーディング その④ 〜 ストリングスのアレンジ

2日間の帰省で、たっぷり充電できました。今日からまたレコーディングの続き。
アレンジをしながら楽器の音や定位も決めていきました。とにかく演っては聞いて・聞いては演って、の繰り返ししかありません。
サビの後のところ、天国から降ってくるようなストリングスのフレーズと音色にしたくて、四苦八苦しています。

 

この辺から、針の穴に糸を通すような作業が続きます。毎日コツコツとやるしかありません。
苦労の末に、何とかいい感じでストリングスの音色とアレンジが決まりました。鈴の音色と合わせただけで、ほんのちょっとだけ天国っぽく聞こえました。
今日はこの辺で、ジ・エンド。

 

 

ストリングスのアレンジで印象に残っている曲です。ジル・ジョーンズ「ミア・ボッカ」(’87年)。
プリンスがバック・トラックを手掛けたアルバム「ジル・ジョーンズ」(画像) のオープニングの曲です。
イントロのストリングスは、まさに来世から聴こえてくるような趣きの音です。この時期のプリンスは才能が爆発しています。YouTubeで聴いてみて下さい。