月別アーカイブ: 2018年11月

【2018年11月13日】アルバムは「地味な曲」を聴くためにあります 〜 CDアルバムが売れない時代に

 

 

今朝の記事から。CDアルバムが売れないそうです。今に始まった事ではない気がしますが。。

そもそも、シングルカットされるキャッチーな曲を求めている人が世の中の音楽ファンの多数派なので、資本主義経済上、必然的にこうなっていく訳です。

 

 

私がアルバム (昔はLPレコード) を買い始めた中学生の頃は、ヒット曲やラジオでかかったお気に入りの曲を目当てに、おこずかいを貯めて購入していたのですが、大体が、インパクトの強いお目当ての曲以外、心にスッと入ってきませんでした。

でもせっかくなけなしのおこずかいを叩いて買ったので、払ったお金が勿体ないので、元を取ろうと思い、そのつまらない曲たちも「きっとそのうちちゃんと面白く聴けるようになる筈だ」と思い、毎日聴き続けました。

 

 

その結果、目的のシングル曲よりも好きになった曲は、山ほどあります。「(その時の自分では)理解できない曲」があったからこそ、音楽を聴く耳も、探究心も、肥えていったのだと感じます。

この辺は、ある意味読書体験と似ています。理解できる「面白い本」ばかり読むよりも、背伸びして、今理解できなくても、何度も何度も読めばきっと理解できて自分がひと回り成長出来るのでは、と思える本を手に取るのも、時には大事であるように。

 

 

アルバムの中の地味な曲は、キャッチーな仮面を外した、そのアーティストの本質が顕になっている曲が多いと感じます。実験している曲、内省している曲、途中で放ったような完成度の低い曲…etc。だから好きになったアーティスト程、アルバム曲は聴きどころ満載です。こないだ50周年盤でリリースされた、ビートルズ「ホワイト・アルバム」など、その典型です。

 

 

そういう楽しみ方が段々と減ってきているというのは、ちょっと残念に思います。まあ音楽の楽しみ方は、その時代その時代違うので、どちらが正しいかとかの問題ではありませんが。

 

【2018年11月12日】新曲「昭和のメロディ」に歌詞がつき「ユメヒトヨ」が生まれました

以前何度か上げた「昭和のメロディ」(仮題) の歌詞が書けました。「ユメヒトヨ」というタイトルです。「夢一夜」でしたが、同名曲があったため、「ユメヒトヨ」とカタカナにしました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

ユメヒトヨ

 

 

※あれも夢   これも夢

夢一夜

過去も夢   今も夢

春の夜

 

※※花の色   色褪せて

夢一夜

塵となれ   灰となれ

花吹雪

 

遠くで鳴ってる鐘の声

諸行無常の響きありやと

 

あれも夢   これも夢

夢一夜

過去も夢   今も夢

夏の夢

 

 

行く川の   その流れ

絶えずして

もとの水   にあらずと

流れゆく

 

浮かんで消えて

また浮かんで

人の世のように

思いけりやと

 

 

※くりかえし

 

 

過ぎてゆく日々まるで

旅の途中のように

どこで暮らしていても

行き着く先同じなり

 

 

※くりかえし

 

※※くりかえし

 

※くりかえし

 

 

 

これを読んで「あれ、どこかで読んだフレーズが…」と思われるかもしれません。この曲は古典文学をモチーフに書いてみました。温故知新です。ざっと挙げると、「平家物語」「方丈記」「奥の細道」などです。宇多田ヒカルさんもヒット曲「Traveling」で、平家物語を引用していますね。

 

 

以前から、古典文学の「もののあはれ」について歌ってみたいと思っていましたが、ふと今回の曲は、これでいけるんじゃないかと閃き、一気に書き上げました。レゲエ・ビートにも上手くハマってとっても歌いやすく、すぐにレコーディングで歌えそうです。

 

 

上記の古典文学作品たちには、ある共通した通奏低音が流れていると感じます。それは私にも共感出来るものですし、今になっても読み継がれている物語であるという事は、それは私だけではなく日本人の多くに共通するものなのでしょう。

この歌で、私なりに、そのエッセンスを抽出してみました。いかがでしょうか。

 

 

 

 

イントロとアウトロのメロディを、新たに加えました。