月別アーカイブ: 2019年9月

【2019年9月17日】ダニエル・ジョンストンの美しい世界に触れる

先日のニュースで、ふとダニエル・ジョンストンさんを聴きたくなり、CDを探したら、偶然にすぐに見つかりました。私が購入していたのは「1990」(‘90年) と「ロスト・アンド・ファウンド」(‘06年)。見つかったのは「ロスト〜」の方。

 

 

そんなに熱心には聴いてなかったアルバムだったのですが、今聴いていて、実に馴染みます。音楽性は、ビーチ・ボーイズ直系の、明るく且つナーヴァスなポップス、ロックンロール、です。購入当時は多分、アルバム全体に漂う古き良き時代のアメリカ臭が馴染まなかったのではないかと。

 

 

 

ダニエル・ジョンストンさんと言えば、作品そのものよりも、双極性障害と統合失調症を患いながらも断続的に音楽活動やグラフィックを行なっていたという人生の方が有名で、ドキュメンタリー映画化もされています。(「悪魔とダニエル・ジョンストン」)

さぞかし生きるのが困難な人生だったのではないかと、推して知るべしです。

よく言われますが、人生は終わっても、歌は聴く人の中で生き続けます。どうか末長く聴き継がれますように。

 

 

 

 

YouTubeに、ダニエルさんの「Story Of An Artist」という歌を「歌う人」というタイトルで、「ふちがみとふなと」というデュオがカバーしているヴァージョンが上がっていました。

メロディのみならず、訳詞も素晴らしいです。まるで私に向かって歌われているような気がして、身につまされました。「まとめサイト」に上がっていたので転載いたします。

 

 

 

【2019年9月16日】3人のアーティストの死を悼む

 

 

 

yahoo!ニュースに、カーズのリック・オケイセックさん死去の記事が上がっていて、少なからず動揺しました。その記事を読んで、下の方の関連記事を見てまた動揺。

この数日で、エディ・マネーさん、ダニエル・ジョンストンさんもお亡くなりになっていました。このお二方も同様にアメリカのロック・アーティスト。

 

 

さほど思い入れのなかった御三方ですが、ちょうど「ツチニカエル」のレコーディング最中だった為か、私の心に響きました。

 

 

 

「ツチニカエル」や「死について思うこと」、その他の数曲で「生と死」について歌っていますが、何故このような、マイナーなテーマの曲を飽きもせず書くかと言えば、私は臆病者なので、死ぬのがすごく怖いからだと思います。怖いから俯瞰して・対象化して、心を落ち着かせたいのではないかと。

今、癌のステージ4宣告されたら、怖さのあまりにショック死するんじゃないかなあ (笑)。

 

 

すごくいいことがあっても、例えば好きな女の子とデートしたりの後、「ああ楽しかったなあ〜」「しあわせだな〜」よりも、「この幸せって、いつまで続くんだろう?」「こんなに楽しくても、そのうち別れたり死んだりしてしまうんだろうなあ。。」と、ついつい考えてしまうんですよ(笑)。損な性分だと我ながら思います。

だからこそ、過去も未来もない、「今」「このひととき」が最高、と歌われるロックが好きなんだと思います。

 

 

 

リック・オケイセックさん、エディ・マネーさん、ダニエル・ジョンストンさんに合掌します。