【2018年9月21日】新曲「死について思うこと」〜 シンセサイザーで音作りをしてみました

私の使っている音楽ソフト「Cubase」には、いくつかの音源ソフト・シンセサイザーが入っています。いつも使っているのが「HALion Sonic 」というソフト・シンセで、これは私のようなCubase初心者向けの、一番使いやすいものです。

 

 

何故使いやすいかと言うと、プリセット音源が豊富で、そこから音を選ぶだけで、ある程度曲のイメージに沿った音作りが楽しめるからです。操作も簡単です。ただし、元音源の音色を大きく変える事は出来ません。

知人から音についての言及があった事もきっかけで、そろそろ音作りにも凝ってみようかと思い、HALion Sonic 以外のソフト・シンセも使ってみようと思いました。

 

 

そこで選んでみたのが「PADSHOP」というソフト・シンセです。音作りの自由度は非常に高いのですが、ツマミがたくさんあって、しばらくいじらないと上手く掴めません。今日は小一時間程いじって、ようやく曲に合う音を二つ作りました。

 

 

その二つには、「Window」と「Sinkai」という名前を付けました。「Window」の方は、’80年代に坂本龍一さんがよく使っていた、プロフェット5というシンセサイザーで作った「ポ〜」というかすれた打撃音に似ています。「戦メリ」や「ヴェネツィア」などで、とてもいい感じで鳴っています。

もう一つの「Sinkai」の方は、深い海の底でボコボコと海底マグマ?が鳴っているイメージの音だったので、そう名付けました。

 

 

両方とも何とか曲に馴染みそうですが、リアルの楽器音 (ピアノやギターなど) と、シンセサイザーの抽象音は、上手くブレンドしないといい感じに聴こえません。もう少し煮詰める必要があります。

 

 

 

 

こちらがHALion Sonic 。数百もの音色を内蔵。これはピアノの画面。

 

 

 

 

こちらがPADSHOP。音源ソフトというより、昔ながらのシンセサイザーという感じです。いじるのはこちらの方が楽しいです。

 

 

ソフト・シンセサイザーはまだ数種類入っていて、全く触っていません。Cubaseをちゃんと使いこなせる日が来るのはいつの日になるんでしょうか。。

 

【2018年9月19日】新曲「死について思うこと」の歌詞を書いています

以前「死について」という曲を書いたのですが、マイナー・キーの、いかにもという感じの悲しげなメロディが今ひとつ納得出来ずに、結局没にしました。だけども歌詞は気に入っていたので、そのうちリメイクしたいと思っていました。

歌詞は以前何かの機会に上げたことがあると記憶していますが、いつだったかは忘れてしまいました。

 

 

私が気に入っているくだりは、サビのこの部分です。

 

 

産まれた時を覚えているかい?

君の知らない大きな力の中で

息を殺して目を瞑って

君の胸の鼓動に耳澄ます

 

産まれた時は憶えてないだろ?

息が止まってしまう時もまた多分分からない

ここは仮の宿だと思えば

あなたといることがとっても愛おしい

 

 

 

生命というのは、基本的にその生物にとって最適に循環されるものだと、私は思っています。決して無理な方向へは行かずに、自然に産まれて自然に子孫を残して、自然に死んでいくものだと。

ごく自然に産まれてきたならば、死ぬ時もごく自然に死ねるのでは。そんな思いで書いた歌です。

 

 

執着するから苦しむのでは?溺れそうになったら、流れに逆らってもがき苦しむよりも、流れに任せた方が楽に気を失えるのでは?今の医学は、自然に逆らう方向へと進んでいる気がします。

まあ実際、自分が死に直面したら、どう思い、どんな行動を取るか分かりませんが。執着しまくっていたりして(笑)。

 

 

数日前に出来た曲が、ソフトの打ちこみ作業をしながら睡魔に襲われるような、淡々とした地味な曲だったのですが、その時ふと「この歌詞を乗せるのはこの曲だ」と思いました。「死」は本来、淡々としたものではないかと。早速歌詞を添削しています。サビは上記の歌詞をそのまま使います。

 

 

タイトルは「死について」から「死について思うこと」に変えました。先日のyahoo!ニュースの樹木希林さんの記事からつけました。かなり長い曲になりそうです。