【2019年1月21日】「僕らの哲学的対話 棋士と哲学者」読んでます

今日は朝から雪が降り続く読書日和。先日購入した本を読んでいます。

 

 

 

「僕らの哲学的対話 棋士と哲学者」は、哲学者である戸谷洋志さんと将棋のトップ棋士の一人である糸谷哲郎さんの、昨年末に出版された対話本。出版社の紹介文の冒頭には「これは哲学者と棋士という異色顔合わせによる哲学的対話の記録です。」と記されています。

 

 

哲学者と棋士の対話と言えば、異種格闘技的な内容を想像してしまいますが、この本はそうではありません。第1章「勝負論」第2章「「AIとどう向き合うか」は、それなりに各々の職業フィールドに基づいた対話ですが、第3章「哲学と社会の関係」第4章「僕らの幸福とは」は、完全に二人の哲学者の哲学についての対話と化しています。

 

 

それもそのはずで、棋士の糸谷さんは、棋士業の傍ら阪大で哲学・思想文化学を研究、大学院まで進み修士学位を取得しているツワモノです。とてもユニークな将棋を指される方です (そのユニークさは、残念ながら棋士の解説がないと私には分かりませんが)。このお二方は阪大の大学院で同じ研究室に所属していたとの事です。

 

 

どこから読み始めても面白い本で、私は第1章、2章をパラパラと飛ばし読みして、第3章から読み始めています。第3章の最初からハイデガー哲学についての言及をお二方ともされています。

 

 

「最初は『生と死』というテーマを扱っているところに興味を持ったんです。でも、実際に読み始めてみると全然違った。『人間はどう生きているか』ということを話しているのが非常に面白かったんです。…」(糸谷)

 

「…人間の日常の世界は何もかもが当たり前になっていて、意識しなくても行動できる。ところが人間は「死の不安」に直面した時、こうした世界の自明性が崩れていくとハイデガーは言っているんです。その時初めて、人間は自分本来の生き方ができるようになると。すごくざっくり言うと、そういう思想です。…」(戸谷)

 

 

若い頃ハイデガーを読もうとして挫折をした私には、この語り口はとても分かりやすくて呑み込めました。まだ読了していませんが、何度も手に取る本になりそうです。

 

 

 

【2019年1月20日】「田舎のネズミ」の音楽 〜 アレステッド・ディベロップメントが年末に来日していました

 

ーー情報サイト「Mikiki」より。

 

 

 

 

さっきまでCDを整理して、聴きながらPCに音源を落とす作業をしていました。そして、アレステッド・ディベロップメント (アメリカのヒップホップのバンド) の「シンス・ザ・ラスト・タイム」(‘06年) を聴きながら、何気にタブレットでネットを眺めていたところ、何とこのバンド、年末に来日していました!。。ライヴに足を運ばなくなって久しいこの頃ですが、知っていたら絶対観に行っていました。最近は外タレの来日情報のチェックは全くしてないので。。

 

 

このバンドは、’90年代に活躍した、当時珍しい生バンドでヒップホップを演るバンドでした。ジョージア州アトランタのバンドで、つまり田舎のバンドです。音も言葉 (ライム) もナチュラル志向で、ニューヨークのギャングスタ・ラップに比べ、実にのどかなノリです。どことなく、ルーツ・レゲエを連想したりもします。そこが好きで、よく聴いていました。

 

 

 

イソップ寓話に「田舎のネズミと町のネズミ」という有名なお話があります。あらすじは端折りますが、つまりは、人間、それぞれの人がそれぞれに合った生きる場所 (及び、しあわせ) がある、という事を言っているお話です。

今このバンドを聴いていて、この話を思い出しました。そして、ニューヨークのヒップホップよりも、彼らのいなたい音に親しみを覚える私は、おそらく北陸の田舎モノだからでしょう。

 

 

かつて、何事にも於いても一旗上げるのには先ず東京へ行く、という時代が、日本にはありました (アメリカだと多分ニューヨークに行くのかな?)。切磋琢磨出来る環境と夢が、そこにあったからでしょう。あと、地元には住みづらくて、居場所を求めて家出して東京に行ったりとか。(今の引きこもりの方の何割かは、昔だったら家出している人種です)

 

 

ミュージシャンも例外ではありませんでした。そして今も、たしかに東京やニューヨークで活動を行なっている人々が多いのですが、昔ほどではないんじゃないかなあと感じます。これはひとえにインターネットの普及のおかげです。あと交通機関の充実と。その反面、フロンティア幻想が持てなくなり、世界が狭く感じて息苦しくなったという負の側面もありますが。

 

 

 

人は日々の生活を営んでいる、その場所で、普通に表現行為が出来て、発信できる。そんな時代になったと感じます。このアレステッド・ディベロップメントは、そんな生活感に裏付けされた音を鳴らし、且つインターナショナルな音楽性を獲得出来た、パイオニアのようなバンドです。もっとリスペクトされてもいいと思うんですが。。

私の曲も、聴いた人が「ああ、北陸ね」と納得して頂けるようになればいいなあ。

 

 

 

 

「シンス・ザ・ラスト・タイム」、地元近辺だと思われるジャケットの大自然は、まるで私が見慣れている北陸の山間部の風景のようです。