【2021年6月12日】フィッシュマンズの映画が公開されます 〜 「ロング・シーズン」を聴きつつ思う

 

 

 

フィッシュマンズは’91年にメジャー・デビュー、’99年に、ボーカル・ギター・ソングライターの佐藤伸治さんの死去により解散した、唯一無二のダブ・ロック・バンド。

私がJ–POPをちゃんと聴き出した’90年代、渋谷系の幾つかのアーティストと共に、どっぷりとハマったバンドです。

 

 

フィッシュマンズの音楽は、レゲエ/ダブを基調にしたグルーヴ・ミュージックです。とは言っても、ポップなメロディとイメージ豊かな歌詞や、突出した個性的なボーカルなど、レゲエ/ダブを聴かない人でも十分に楽しめます。初期の音は、とっつき易いけど入ると懐が深く、後期のは、ポップ・ミュージックを逸脱しつつも普遍的な音。そんな音楽性です。

 

 

私が初めて聴いたのは、一曲しか入っていないアルバム「ロング・シーズン」(‘96年)。ちなみにこの年には「空中キャンプ」、翌年には「宇宙 日本 世田谷」と、いわゆる「世田谷三部作」と呼ばれる作品群が相次いでリリースされています。

 

 

 

「ロング・シーズン」を聴いて驚いてから過去アルバムを遡って聴いたのですが、思ったのは、このバンド、スカ/ロック・ステディ〜ルーツ・レゲエ〜ダブ、と進化したレゲエ・ミュージックの歴史を体現しているなあということです。

初期の頃は、のどかなロック・ステディっぽいポップな楽曲でしたが (それでも随所にダブな仕掛けがある)、ポリドールに移籍後の音はダブに急接近していきます。

以前読んだフィッシュマンズ本「僕と魚のブルーズ」によると、メンバーの音響に対する拘りが凄くて、プライヴェート・スタジオに入り浸っていたと、確か記してありました。なので、この時期の音が本意だったのではないかと推測します。

 

 

それで「ロング・シーズン」ですが、このアルバムでは、そのレゲエ/ダブからも離れつつあります。リズムからもメロディやハーモニーからも逃れつつあります。それでいて小難しくもなく、一言で言えば「自由な音楽」です。もし家に小さい子どもがいたら毎日流して聴かせていたいなあと感じる、自由で気持ちの良い音です。小さい子に聴かせたいと思った理由は、この音を毎日聴くと、無垢な心が豊かに育ちそうな、そんな音だからです (笑)。科学的根拠は全くありません。

 

 

 

今になって映画化されるということは、再評価されているのでしょうか?日本よりもワールドワイドで聴かれそうな音楽性なので、再評価はかつてのファンとしてはとても嬉しく思います。

 

 

 

佐藤伸治さん。

←「ロング・シーズン」、→ 2nd. アルバム「キング・マスター・ジョージ」。その音楽性の変化 (進化) を楽しみつつ聴いています。

【2021年6月10日】個人的に「サマータイム」を導入しています 〜 歳をとると早起きになる、は本当だった

サマータイムとは。

 

 

1年のうち夏を中心とする時期に太陽が出ている時間帯を有効に利用する目的で、標準時を1時間進める制度またはその進められた時刻のこと。

 

ーー「ウィキペディア」より

 

 

何でこんな事を考える人がいるんだろう?だって、同じ24時間じゃないか?若い頃はそう思っていたサマータイムですが、実は今、自分の生活に採り入れています。まあ私の場合、時間を有効に利用する目的ではなく、睡眠時間をしっかり確保するのが目的ですが。

 

 

私の若い頃は朝起きるのが苦手で、目覚まし時計を、枕元と、立ち上がらないと止めれない所の2箇所に設置して、日々寝起きと格闘?していました。

それがいつ頃からか定かではありませんが、アラームなしでも起きれるようになり、ここ数年など、日の出の時間に自然に目が覚めてしまうようになりました。つまり最近だと、朝5時前には目が覚めてしまう訳です。

 

 

これで今までの調子で、寝る時間が深夜1時とか2時とかだと、明らかに睡眠不足に陥ってしまいます。実際に睡眠が摂れていない日は、日中ぼーっとしてしまうこともあります。

それで考えたのが「夏時間」です。

 

 

日照時間の長い季節は、朝昼晩の食事時間を1時間前倒しして、夜は極力レコーディングせずにリラックスして過ごし、11時前には布団に入ろうと。今までは朝5時前に目が覚めたら無理して二度寝して、余計にぼーっとなったりしてたんですが、そんなこともなくなるんじゃないかと。

 

 

 

という訳で、遅番仕事でない日は、そんな感じで過ごしています。これが老化ということなのかなあと感じています。無理せずに、老いを受け入れていかねばと。

「サマータイム」は、時間の効率化というよりも、昔の年寄りが、睡眠を摂るために考えた生活の知恵ではないかと、今になって実感しています。