【2018年2月15日】芸術は日常生活にそっと入り込む

 

 

本日の朝日新聞デジタル版から。

 
米国では自ら所有しているかどうかにかかわらず作品を守る権利が芸術家に認められており、この権利が侵害されたと認定された。

 

 

 

これが金沢市だと、廃ビルに勝手に落書きをしていく人などいませんし、もしいたとしても、その落書きを塗り潰されて訴えたりはしませんし、仮に訴えたとしても、勝訴するなど、あり得ない話です。
ところが、これら全ては実際にあったことです。やはりニューヨークですね。

 

 

 

 

ところで、ニューヨークでここまで庇護される「芸術」は、人間にとってそんなに大切な行為なのでしょうか?
私は「YES」と自信を持って言えます。人間にとってアートは、単なる趣味や鑑賞物ではなく、人々の生活に深く密着しているものだからです。
何故なら、今私たちの身の回りにあるもの。住んでいる家や乗っているクルマ、着ている服や愛用のマグカップ…。その全ては、元を辿れば、無数の芸術的行為から出発しているからです。

 

 

 

私たちが、自分の着る服を選ぶ時。機能とか値段とかの折り合いをつけて、最終的には「好み」で決定するのではないかと思います。人は「好み」に反する服を着ることは、ものすごいストレスを感じます。
極端な例えですが、私には、ピンク色のT-シャツを着て街を歩くことは、どうしても出来ません。でも、世の中には、そんな格好で歩く方はたくさんいらっしゃいます。
好きなコーヒーを飲むマグカップも、ゴテゴテしたアンティーク調よりもシンプルな単色の方が、美味しく飲めます。でも当然、逆の人もいます。

 

 

機能重視とされるクルマですら、最終的にお金を払うのは「気に入ったクルマ」にです。
でも「クルマなんて、乗れれば何でもいいや」と仰る人もいます。好みや収入に関係なく安い軽四に乗っていたりしますが、そんな人はそもそも、「たかが移動手段のクルマに、お金かける必要なんてない」という価値観が、どこかで生まれているんです。田舎暮らしなので必要ですが、乗ること自体が「嫌い」なので、嫌いな行為には出来るだけ無関心でいきたいと。関わりたくないと。

 

 

そうやって、些細な日常生活の一つ一つを検証していくと、つまるところは、何事も「好き」「嫌い」で最終決定されています。私たちは、意識してにしろ無意識にしろ、「好き」に寄り添って生活している訳です。
そして「好き」と言うのはイコール「より自分らしい」と感じることです。より「自分らしい生活」を営みたいという人間の本能こそが、芸術的行為の出発点です。
いわゆるアーティストたちも、元を辿れば、日常生活での「好き」の選択を突き詰めていった結果、選択では満足できず、自分で創り出すようになったんだと思います。

 

 

一軒の服屋しか知らなかったら、その服屋の服の中からしか選べないけど、100件知ってたら、より自分の好みの服を選べます。更に服をつくる技術があったら、細かいところまで拘って、自分の好みの服を作れます。

私が芸術的行為を肯定するのは、芸術活動や芸術鑑賞することによって「自分らしさの範囲がより明確になる」からです。

「自己意識」を持った動物である人間は、「自分らしく生きる」ことが、一番のしあわせなんじゃないかなと思います。

 

 

 

その昔、ジェームス・ディーンやマーロン・ブランドがT-シャツを着て映画に登場した時、良識ある?大人たちは「下着だ」と批判したそうです。ビートルズの長髪 (笑) も、大批判されていたそうです。その音楽も「騒音」と。
今やT-シャツは、老若男女誰もが普通に着ている普段着ですし、マッシュルーム・カットなど、誰も長髪で不潔だと思わないし、音楽は「20世紀を代表する音楽」と、広く認知されています。その後のロックなどのポップ・ミュージックに与えた影響も計り知れません。

 

 

すぐれた芸術は、人の独自性を肯定して普遍化させます。そんな表現に触れてピンときた一般の人や、一般企業は、自分も真似して開放感を味わったり、普及させるべく、アレンジして商品化したりします。
T-シャツも長髪も、ギターの音が電気で歪んだロック・ミュージックも、今や誰もが共有して、日常生活に馴染んでいます。
私の使っているマグカップのデザインも、多分一般企業のデザイナーさんのデザインですが、大元を辿れば、どなたかのアート作品に影響を受けたデザインなのかもしれません。
そして私の作った曲も、辿っていけばどこかでビートルズに突き当たるのかもしれません。

 

 

 

ニューヨークの落書きも、見ても「何だこんな落書き」と、ピンとこない人の方が多いと思います。だけどもしかしたら、その中のごく一部は、巡り巡ってそんな大多数を占める一般の人々の生活の中にも、そっと入り込んでいくのでしょう。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

今回は大風呂敷を広げすぎたような気もします。このテーマについては、またそのうち書くかもしれません。

【2018年2月14日】ラベンダーの香り

いつ頃からか忘れましたが私は慢性のアレルギー性鼻炎を患っていて、「匂い」を僅かしか感じることが出来ません。常に鼻詰まり状態です。だけど時々調子のいい時もあり、それは時々なだけに余計に匂いが気になります。
気になる匂いは、カレーやラーメン、焼肉など、食べものの強烈な匂いです。鼻がきくときは食欲も旺盛になるような気もします。普段あまり食欲がないのは、多分食べものの匂いをあまり感じないからなのでしょう。

 

 
それで先週、その調子の良い日が数日続いていたある日のこと。
お昼前に歩いて職場に向かう途中、偶然、小さなアロマのお店を見つけました。個人でやってらっしゃる様子です。時間もあったので、フラリと立ち寄りました。
住宅街でしたが、車で何度も通ったこともあり目に入っているはずですが、全く気付きませんでした。看板も地味なので、運転しながらだと目に入りません。

 

 

店内はアロマの香りがとても良く効いていて、大げさに言うと、夢をみているような錯覚に陥りました。
同じようなアロマのお店で規模が大きいのは、フォーラス (金沢駅横の大型ショッピングモール) にあったと思いますが、全然印象に残っていません。きっとフォーラスには鼻がきいてない時にしか行っていないか、いつも人が多すぎなので、落ち着いてアロマのお店に入る気がしないのでしょう。あと、タワレコしか眼中にないのと。
今の世の中、癒しを求めている人たちは多く、アロマセラピーは数年も前からひそかなブームになっています。私は全く興味がなかったのですが、香りを求める人たちが多いのも、この時ようやく理解できました。

 

 
このアロマの香りで、歩きながら、小学生の頃に読んだ「時をかける少女」という、筒井康隆さんのジュヴナイル小説を思い出しました。
この小説はラベンダーの香りでタイムトラベルを行う少女が主人公の物語で、後にドラマ化・映画化・アニメ化されています。原田知世さん主演のが一番有名かもしれません。
それで当時、小説を読んだ後「ラベンダーって一体どんな匂いなんだろう」と考えたことがあります。想像するに、甘酸っぱくて懐かしい香りじゃないかなあ、とか。

 

 

そう思ったのは読後のみで、それからラベンダーの香りのことなどすっかり頭から離れてしまっていましたが、またちょっと気になりました。
雑貨屋に行けば、ラベンダーの香りはすぐに手に入ります。購入してみようかな。

 

 

(と思っていましたが、今朝からまた鼻が効かなくなりました。経験上、この先は花粉や黄砂で数ヶ月間鼻がやられる時期です。ちょっと残念。)

 

 

 
(付記)

 

書いていて思いましたが、私はメガネが顔の一部になっている程、鼻のきき同様に目も弱いヒトです。だから音楽がリアルに感じるのかなあと、ふと。