【2017年10月16日】歌の上手さとは?について考えてみました (続編)

 

以前ブログに書いたお題の続編になりました。

 

 

 

数日前からレコーディング再開した「その色はブルーと」、バック・トラックがもう出来ました。
その前の「昔、むかし…」が構想数年、2回レコーディングして納得できず没にして、最近も録り初めて、その悪戦苦闘の様子を毎日ブログに更新していた事を思えば、夢のようなスピードです。

 

今回はアコギが入らないので、ギターの練習やマイクを立てて録る必要がありません。キーボードも、簡単なフレーズばかりだったので、こちらは練習せずにいけました。
前にも書きましたが、歌詞やメロディの原型が数分、数日でアレンジがまとまり、レコーディングも数日で終了。こんなに早く出来たのは初めてです。ほかの作りかけの曲が出来たら、まとめて歌入れをします。それまで歌を車の中で練習します。

 

 

 

ところで自分の曲の歌メロというのは、不思議なもので、あまり練習しなくてもそれなりに歌えるものです。これがヒトの歌だとなかなか大変で、カラオケなど、練習しないと上手く歌えません。自分の曲でも、いわゆる「作ったメロディ」だと、同じく練習が必要なのですが。
歌入れの際、どこでOKを出すかといえば、「タマシイが乗り移った!」と思えた瞬間が感じられたテイクが録れた時です。歌はタマシイの記録なので。

 

あくまで私が感じるにはですが、歌は上手くなればなるほど「上手いな〜」(芸能・芸術。鑑賞する事。) を通り越して聴こえます。それこそ一回転して、話し言葉のようにごく自然に、身近な、親しい人・大切な人が寄り添って、耳元で囁いているかのように。しかも、自分に向けての、特別な、とっておきの秘密の話を語るように。

 

私にとって「すごく歌の上手い人」は、ルー・リード、ボブ・ディラン、ジョニ・ミッチェル、プリンス…。最近だと、エミネム、エリカ・バドゥ、宇多田ヒカル、七尾旅人…。
みんなとても自然にきこえます。その人そのもの (タマシイ) が伝わります。

 

 

そのジョニ・ミッチェルさんですが、現在声を失っているそうです。
コンポーザー、ギタリスト、画家としても素晴らしい表現者なので、生きている限り、何らかの表現で、再び我々を励まし続けてくれるものと信じています。

 

 

【2017年10月14日】「ブランカとギター弾き」続き 〜 ピーターのようなギター弾きが日本にもいました

「ブランカとギター弾き」の見どころ (聴きどころ) の一つが、ピーターの奏でるギターです。弾いているギターの音色はまるで映画のBGMのように、美しい映像を更に美しく・儚く演出しています。

 

画像は、ブランカとピーターです。

 

 

 

 

 
道端や公園で、ボロいアンプを通して爪弾くギターに、その演奏が気に入った方は、空き缶に小銭を落としていきます。殆んどの人は通りすぎて行きますが、ピーターは構わず弾き続けます。
この様子を観ていて、日本にも、高橋ピエールさんというギター弾きがいたことを思い出しました。

 

 

 

この高橋ピエールさんの基本スタイルは、書店やカフェなどで、お客さんを邪魔することなく何時間でもギターをつま弾くというものです。BGMの有線のような。

 

 
京都のギャラリーの片隅で爪弾く高橋ピエールさん。

 

 
青山ブックセンターで爪弾く高橋ピエールさん。カメラが演奏者目線で、右端にギターを弾く左腕が僅かに写っています。これはYouTubeで6分間位演奏し続けている映像ですが、お客様は誰一人立ち止まって聴こうとしていません。完全に本屋のBGMになっています。

 

 

 

もうかれこれ5年以上前になりますが、この方は金沢市でライブを演ったことがあります。知人に教えてもらい出かけました。
書店などのBGM演奏の曲と違い、ライブの曲は聴かせる曲で、ものすごくテクニックがあり驚きました。クラシックがベースだと思いますが、そんなにクラシック調でもなく、時折ポップなフレーズもあったり、透明感のある不思議な感触の曲調でした。こういう曲ばかり書店やカフェで演れば、お客さんが集まってくるのにと、後から思いました。

 

ブログを書くのにYouTubeを観ているのですが、そのBGMで爪弾く曲もライブの激しい曲同様、ちゃんと自分の世界で弾いています。じっくり聴いたら、ブライアン・イーノの環境音楽をちょっと連想しました。
また金沢に来てくれないかなあと思います。