【2018年6月14日】前回の続き 〜 英語教育の必要性は?

前回はプログラミング教育の重要性について終始してしまいましたが、前回記事のもう一つの方、英語教育について。

 

 

 
私論ですが、英語を子どもの頃から馴染ませることについては、私は大賛成です。だけど理由は、グローバル社会や企業に対応出来るため、ではありません。
小さい頃から多国語に馴染むということは、「同じ事柄について多国語でも考えることが出来るようになる」事だと私は思います。それこそが重要ポイントです。

 

 

グローバル社会云々に関しては、おそらく近い将来においてAIがもっと発達・普及し自動翻訳のプログラムが進化して、別に英語教育を受けなくてもコミュニケーションに関しては問題なくなるのではないかと、実は思っています。
そして実際にそんな社会になり、頻繁に英語圏の人々とコミュニケーションをとるようになると、言語の壁の次なる壁として「思考回路の壁」が立ちはだかるのではないかと。

 

 

言葉というのは、単に翻訳しただけでは伝わるというものではありません。背後にある歴史や文化などが、単語一言ひとことに凝縮されています。
小さい頃から他国の言葉を学ぶ(=他国の言葉で考える)事によって、自分自身の日本・地方、のローカル性を無意識のうちに対象化出来るのではないかと。無意識のうちに二つの視点で物事に触れる事が出来るので、より多面的に考えることが出来るようになるのではないかと。そう思います。

 

 

 
6/1のブログ「聴き返したアルバム その3 〜 Utada『エキソドス』」(←クリックで読めます) でも触れましたが、宇多田ヒカルさんの日本語の歌詞と英語の歌詞とでは、その表現がまるっきり違ってしまうというのも、また、Utadaの歌詞を自分で翻訳しなかった(出来なかった)事なども、彼女が小さい時から日本語にも英語にも馴染んで、どちらでも考える事が出来たからです。(と勝手に思っています)

 

 

つまり、どちらの文化にも深く触れていた訳です。面白いのは。メロディまでもが2ヶ国語を操るように、違う回路を通ったように奏でられている事です。言語が違うと思考回路もそれだけ違うという事です。
宇多田さんは「言語が違えば作風も変わるんだから」と一言で仰っていますが、その水面下では、実に多くの、いろんな試行錯誤があったのではないかと、勝手に推測します。(なかったりして…)

 

 

 

凝り固まった思考回路で何も考えずに一生を終えるよりは、不器用ですがいろんな疑問を持ちながらも手探りで自分の進む道を模索し続ける、そんな充実した実りある人生を送るには、考える言語は多ければ多いほど良いのではないかと思います。そして私にとって音楽は、そんな言語 (思考ツールでありコミュニケーション・ツールでもあります) の一つです。

 

 

 
下手にいろいろと知識を詰め込むよりも、子どもたちには是非プログラミングと英語を。その分、理科と社会はホントに薄っぺらくでいいので。(というか、興味のある子どもだけでいいかも)

 

 

 

【2018年6月14日】やや前回の続き 〜 プログラミング教育の重要性を、この歳にしてようやく実感

 

 

 

先日のYahoo!ニュースから。
私は子どもがいないこともあり、教育関連のニュースにはそんなに関心はないのですが、このニュースは興味深く読めました。

 

 

このところ毎回のようにブログに上げている、PCソフトでの音楽制作を始めてから思うことです。
PCをちゃんと使うためのプログラミングというのは、実は言葉を覚えたり数字の仕組みを覚えたりするのと同等の学習が、子どもの頃から必要なんじゃないか、ということです。

 

 

そんな矢先にこのニュースを読み2020年から小学校でプログラミングが必修科目となることを知って、とても腑に落ちました。
私と同じような年代の親は、英語はまだしも、プログラミングに関しては「は?」という感じかもしれませんが。

 

 

PCやインターネットの発明は、もしかしたら電気の発明クラスの画期的なものなのかもしれません。私にもようやくそれが分かってきました。そんなこととっくの昔に分かっていたと仰る方が多そうですが (笑)。この歳にして、眼からウロコが10枚ほど剥がれました。
今はまだ一部の人しか使いこなせずにいますが、そのうち九九を覚えたり漢字を読めたり出来るように、プログラミングもみんなが出来るようになるのではないかと。

 

 

プログラミングが出来ること=PCをちゃんと使えることによって、何が進化するかと予想してみました。
一つは「その人らしさ」(個性が育まれ、伸び伸びと生きることが出来る)、もう一つは「他者とのコミュニケーション」なのではないかと考えます。
特にコミュニケーションは、ここ数年のニュースを見てると、知性の進化と反比例してどんどん退化していってる気がします。生物にとって、必要ない機能は退化するものだからです。(昔と違ってひとりで生きていけるようになったことが大きい。凶悪犯罪のほとんどが「他人の煩わしさ」が遠因)

 

 

今はまだ過渡期というか黎明期ですが、100年後・1000年後の未来を夢見て、自分の出来ることをしっかり勉強 (私の場合、音楽) したいと思います。