【2020年11月21日】エレカシ宮本浩次のソロ・カバー・アルバムに思う 〜 エレファントカシマシの変革の時が近そうです

 

 

 

エレファントカシマシの宮本さんがカバー・アルバムをリリースされます。メジャーな方なので、最近いろんなところでそのニュースは目にしていますが、実は何となく違和感を感じていました。ところが、このインタビュー記事を読んで、そんな違和感が取れたというか、なるほどと納得しました。

 

 

 

 

エレファントカシマシは、遅れてきたパンク・バンド、早過ぎたグランジ・バンドとして現れました。

つまり、初期の過激さは、時代とは全く無縁な音を鳴らしていた訳です。そして私は、エレファントカシマシ4枚目のアルバム「生活」までは、それはもう熱心に聴いていました。以降の「5」「奴隷天国」「東京の空」も、?と感じつつも、ちゃんとアルバムを買って聴いていました。

 

 

本格的に?聴かなくなったのは、レコード会社を移籍してのシングル「悲しみの果て」、アルバム「ココロに花を」からです。

その音は、まるで違うバンドになったように聴こえました。

第一に、肝心のメロディにそれまでの「宮本さんらしさ」が全く感じられません。もしかしたらこの時に、「ロックスター」を演じ切って、音楽で飯をちゃんと食っていこうと、腹を括ったのかもしれないと思ったほどです。そのぐらいの変化でした。

才能に任せて好きに歌ってきたエピック時代の宮本さんが、契約を切られてレコード会社を移籍したその際に、より多くの人に聴かれる楽曲を作ることにシフトしたのではないかと。そんな事を勘ぐった程です。

 

 

 

それで、最近のソロ活動の音源を有線やネットで耳にする度に、エレファントカシマシとして日本の大衆ロック・シーンの最前線を駆け抜けてきた代償?として切り捨ててきた、宮本さんの豊かな音楽性の引出しが透かして見えるようで、実に興味深く感じます。

零れてしまったものが、ソロ曲のところどころで伺うことが出来るようです。

 

 

今回のこのアルバム、宇多田ヒカル「ファースト・ラブ」以外は、全て昭和の歌謡曲。しかも、星の数ほどある昭和のヒット曲の中で、以前私が当ブログ記事で上げた「昭和の歌謡曲★我が心のベスト・テン」と、2曲も被っています。シティ・ポップのベスト・テンで上げた「セプテンバー」を加えると、3曲です。被っていない曲も、私も好きな曲が多いです。

宮本さんと私は歳こそ近いのですが、そのルックス、性格や立ち振る舞い、音楽の趣向性その他、全く接点のない人だと思っていたので、とても意外でした。

 

 

しかも唯一の平成曲の、宇多田ヒカル曲が「ファースト・ラブ」というところが、また凄くよく分かります。もし宇多田さんの歌をカバーするなら、私も多分「ステイ・ゴールド」か、この曲です。というか、宮本さんも宇多田ヒカル、聴いてたんだなーと

 

 

 

 

つまり、今回の女性曲カバー・アルバム等のソロ・ワークは一種の禊というか、垢落としなのではと。

おそらくこの後もう一度、以前に売れなくてレコード会社が変わった時同様の抜本的な変化が、エレカシに、宮本さんに、訪れるような気がします。楽しみに待ちたいです。

 

 

 

 

 

【2020年11月20日】昭和のシティ・ポップ★我が心のベスト・テン

 

 

 

今朝この記事を見て、やられた〜 (笑) と。この「真夜中のドア」、以前に上げた「昭和の歌謡曲★我が心のベスト・テン」に入れようか迷った挙げ句、中ヒットだったのと歌謡曲っぽくなかったのとで外した一曲だったからです。

後出しジャンケンになりますが、音楽ファン、ポップス・ファンに是非聴いて頂きたい一曲です。

 

 

 

それで今回は、シティ・ポップの創世記にヒットした曲から、10曲ピックアップしてみました。

実は「ヒット」の縛りを外すと、この時期のこのジャンルはいい曲が山のようにあります。なので、選び切れないので「ベスト・テン」クラスのヒット曲の中から選びました。

 

 

年代順です。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

中央フリーウェイ/荒井由美 (‘76年)

 

先ずはユーミン。ヒット曲が多すぎて迷った挙げ句、一番シティ・ポップスっぽいこの曲を選びました。いろんなアーティストがカバーしている名曲です。ハイ・ファイ・セットのが一番有名です。ファンでなくとも、音楽好きなら一度は耳にしているのではないでしょうか。

1976年といえば、私の小学生の頃です。この時代にこんな曲を作っていたユーミンは、やっぱり偉大だなあと。

 

 

 

 

 

Mr. サマータイム/サーカス (‘78年)

 

 

洋楽のカバーですが、こちらの方が洗練されています。中学生の頃聴いてお腹の下あたりがムズムズした、妖しいメロディとコーラスが魅力です。

 

 

 

 

 

時間よ止まれ/矢沢永吉 (‘78年)

 

 

当人のいわゆる「ロックンロール」のイメージとは真逆の、超オシャレな曲です。

当時ラジオで聴いてて、ヒット曲なのに盛り上がるサビメロがないのが新鮮でした。メロディがずっと続いて、最後の最後に「♫時間よ止まれ〜」です。モロに当時の洋楽 (ソフト&メロウ) っぽいです。

 

 

 

 

 

男達のメロディー/ショーグン (‘79年)

 

 

シティ・ポップスというより、洗練されたロックです。当時の人気ドラマ「俺たちは天使だ!」でした。サビのラストのフレーズ「♫運が悪けりゃ死ぬだけさ〜死ぬだけさ〜」が大好きでした。今でも耳にこびりついています。

この「男たち〜」の次のシングル「ロンリー・マン」も素晴らしい曲です。こちらはファンクで、英語詞です。そこそこのスマッシュ・ヒットしてました。

 

 

 

 

 

 

真夜中のドア/松原みき (‘79年)

 

セプテンバー/竹内まりや (‘79年)

 

 

この2曲とも、作曲及びアレンジが林哲司さんです。今回のこの記事で、初めて名前を知りました。只者ではないなあと。(「セプテンバー」はタツローさんの曲だと思っていました)

 

 

 

 

 

ライド・オン・タイム/山下達郎 (‘80年)

 

ダウンタウン/EPO (‘80年)

 

 

シティ・ポップを世間に普及させた第一人者、タツローさんの曲を2曲。「ライド・オン・タイム」は初の大ヒット・シングル。「ダウンタウン」は、シュガーベイブ時代の曲のカバー・ヴァージョン。

「ライド・オン・タイム」のジャケット、カッコいいですね〜。この決め決めのジャケットも、曲がダサいと逆にお笑いなのですが、音はジャケット以上にカッコいいです。

 

当時はイギリスのロックにかぶれていたので熱心には聴いていませんでしたが、音楽好きの友人たちは大体タツローさんのレコード持ってて、貸してもらって聴いていました。私がタツローさんに本格的にハマるのは、まだずっと後になってからです。

 

 

 

 

 

シャドー・シティ/寺尾聰 (‘80年)

 

 

いきなり登場して、あっという間にヒットを飛ばして去っていった、そんな人です (笑)。いかにも俳優さんっぽい、「雰囲気系」(私の造語です) のシティ・ポップスです。この曲も友人にレコードを借りて聴きました。その借りたアルバム「リフレクションズ」は確かミリオンヒットだったような。

 

 

 

 

 

ロンリー・ハート/クリエイション (‘81年)

 

 

ショーグン同様に洗練されたロック。聴き返したら、演奏が激ウマでした。特にベースがゴツゴツとファンキーで、ソフトなメロディとのバランスがとてもいい感じです。

この曲も「男たちのメロディ」同様、ドラマのタイアップ曲。ゴダイゴやショーグンもそうでしたが、隠れた良いバンドがドラマやCMで人々の耳に触れてヒットする、という好例です。

 

 

 

 

以上、絞りに絞っての10曲でした。そのうち、ヒットしてない名曲も紹介したいです。