制作日誌「祝福の歌」

【2018年10月1日】言い訳無用のポップ・ミュージック

 

 

 

「死について思うこと」のトラックが出来上がって、あとは歌詞の修正と歌入れだけとなり一息ついて、本日から新曲のレコーディングに入りました。

いきなりレコーディングというのも変な言い方ですが、ソフト制作の場合やり直しが容易なので、音を重ねながら曲想を煮詰めていく事になります。要するに、レコーディングしながらメロディやコードを作っていくという訳です。

 

 

いつもの私の曲は、事前にギターやキーボードを弾いて、ある程度メロディやコード進行が固まってからレコーディングに入りますが、今回は、取り敢えず4つ打ちのキック・ドラムをBPM130に設定してリピートで鳴らして、そこからスタートしてみました。今回は下準備は何もありません。初めての試みです。

すぐにコードとメロディが決まりました。

 

 

久しぶりに、アップ・テンポでポップなメロディの曲になりそうです。このところ、意図してスローな曲ばかり作っていましたが、実は知り合いのクリエーターが、とあるインディー・レーベルからデビューしている女性ボーカリストの方が歌う楽曲を探していて、私にもお声が掛かったので、それじゃあがんばってみようか、と思った為、意図して歌いやすく聴きやすい曲にしようと思った次第です。

 

 

で、まず思ったのは、自分が歌う楽曲だと、100%自己責任というか、誰にも迷惑が掛からないので、以前の「焚き火」のような変わった曲でも、普通にHPにアップしたり、CDRに焼いてプレゼントしたり出来ますが、人に書く曲はそうではないという事です。

 

 

 

以前、ものすごく歌の上手い女性ボーカリスト、Nadaさんに、ビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」を、私がアレンジし、制作した音源で歌って頂く事になりました。

結局何だかんだで、自分の曲の数倍の時間とスキルを使って、ようやく完成しました。(音源はyoutubeにアップされています。「I am the walrus / Nada」で、閲覧出来ます。ぜひ聴いて下さい。歌はとても上手いです)

 

 

自分じゃない人が歌う為に曲を書いたり、たくさんの人に聴いてもらおうと思ったり、つまり、表現に「他人目線」が大きく入ってくると、作るのが途端に大変になってきます。自分のちっぽけなエゴが許されなくなってきます。メジャーなシーンで活動している方々にしてみると、そんなの当たり前じゃないかと思われそうですが。

 

 

 

昔は「ポップ」という言葉は卑下した言い方に聞こえました。「あいつはポップな売れ筋に走った」とか。

でも今は違います。今「ポップ」という言葉は、どれだけ多くの人たちの琴線に触れることが出来るか、そのバロメーターのようなものです。これだけ感性・価値観・及びジャンルが多様化している中で、誰もが認める「ポップ」な音楽はそう簡単には作れません。作れないから、みんなマニアックな居場所を求めているのだと思います。言い訳が出来る居場所を。「ヘヴィメタ村」「ヒップホップ村」「パンク村」「ヴィジュアル村」「ボカロ村」「シンガー・ソングライター村」…。

私の作る「ポップ」は、果たしてどんな音になるのでしょうか。自分の事ながら興味津々です。

 

 

 

 

 

USAシーンで今一番ポップな二人。カントリー村のシンガー・ソングライター、テイラー・スウィフトが、feat. にヒップホップ村NO.1ラッパーのケンドリック・ラマーを迎えた「バッド・ブラッド」(‘15)。当然のようにNO.1ヒットでした。

 

 

 

【2018年10月3日】新曲「銀河鉄道の夜」(仮題)、メロディとリズム・トラック出来ました 〜 今回は反省したことについて

 

 

 

2日前に出来た新曲、仮タイトル「銀河鉄道の夜」は、単にPC内で分類する為に付けただけで、歌詞は一言もありません。

それまではタイトルが決まるまでは、5とか6とかの作った順番の数字が仮タイトルだったのですが、やりかけのを合わせると数十曲に増えてきたので、パッと見でこの曲だ!と分かるようにです。

私の場合最近は、タイトルが決まったらほぼ歌詞は書けたも同然という感じです。この曲は、おそらくこの仮タイトルに近いイメージになるような気がします。(相変わらず自分のことながら、よく分かりません)

 

 

 

ところで、9月30日に紹介した宅録本「HOME MADE MUSIC」の、本の帯のコピー「今日のパンを焼くように、明日のオンガクを作ろう」は、実にこの本の出版から数十年の時を経て、今そうなりつつあるのではと感じます。

 

 

 

ちなみにその前日に上げた、奥田民生さんのアルバムのyahoo!ニュースの記事のタイトルは「音楽を作るのは面倒で、だからこそ楽しい!』というメッセージアルバムだ」です。

両方とも宅録の本質を上手く表した、絶妙なキャッチ・コピーだと感じますが、全く正反対のことを言っているようにも受け取れます。

 

 

 

このふたつのコピーを見比べると、微妙な光の調整や、明るさによって選ぶフィルムを変えたり、撮るのに苦労も多いアナログカメラと、調節は全て自動で、取り敢えず撮ればきれいに写る、スマホのデジカメ、との差のようなものを感じます。

私がソフト制作をする前は、まさに「面倒で、だからこそ楽しい!」状態だったのですが、今は「パンを焼くようにオンガクを作る」状態です。

 

 

 

つまり、私がPCを買った途端に曲が急に量産出来るようになったのも、別に私のスキルが急に上がったからではなく、音楽ソフトが優れていたからに他なりません。ちょっと勘違いしそうになっていました。戒めて深く反省したいと思います。

簡単に出来るからといっても、それがイコール良い曲という訳ではありません。音質の良さに騙されずに、もう少し考えながら、試行錯誤しながら、丁寧に作るように心掛けたいです。

 

 

 

 

 

 

この曲は、表紙のこういうイメージ。

 

 

 

この童話「銀河鉄道の夜」は、読むにつれ、音・映像が想像力によって脳内に無限に広がります。実際に映画化されたり、インスパイアされた表現 (銀河鉄道999など) や楽曲も多く、私はそれらの表現は、無条件に肯定してしまいます。

この本は、ますむらひろしさんによってマンガ化したものです。

 

 

 

【2018年10月4日】新曲のリズム・トラックを弄ってみました 〜 EDMとは「サイドチェイン」処理された音楽です

 

 

 

「銀河鉄道の夜」(仮題)、トラックの完成に近づいてきました。今日は、出来上がったリズム・トラックを、EDM風にアレンジしてみました。

EDMとはエレクトロニック・ダンス・ミュージックの略。今のポップ・ミュージックの主流ジャンルのひとつです。特徴は、BPMの速い4つ打ちのキックと、呼応する強烈な裏打ちのビートです。この音楽は、それこそソフト一つで誰でも簡単に制作出来ます。やってみて分かりました。

 

 

 

私はリスナーとしては、実はEDMは殆ど聴いてなくて、レディーガガさんのサウンドで馴染みがあるぐらいです。それでも、せっかくソフトを買ったので、グリッチノイズとEDMは、取り敢えずやってみようかと。(グリッチノイズは既に数曲で採り入れています)

いつものネタという感じですが、私の少年の頃「パンク」が、イギリスのロック・シーンを席捲しました。よく言われたのが、「誰もが、ギターを買ってコードを3つ覚えたらミュージシャンになれる」でした。演りたいという衝動が、一定期間の訓練なしで形 (表現) になる、そんな音楽スタイルでした。

 

 

 

ところが、EDMはその比ではありません。コード3つ覚えるまでもなく、バンドを組むまでもなく、右手の操作するマウスのクリックのみで、すぐに音楽が表現できます。大袈裟に書いているのではありません。PCでエクセルやワードを使った事のある人なら、老若男女問わず、やる気さえあれば本当の本当にすぐにできます。質は別としてですが。驚くべき世の中になったという気がします。

 

 

 

以前、「エレクトロニカとは、グリッチノイズの音である」的な文章を上げたのですが、それに倣うと、ロックは歪ませたエレキギターの音、フォークはアコギの音。ヒップホップはスクラッチノイズとラップ、そしてEDMは「サイドチェイン」処理のビート音、でしょうか。実に短絡的というか、身もフタもない言い方ですが、自分の中ではそんな感じです。

 

 

 

「サイドチェイン」というのは、冒頭に書いた、強烈な裏打ちのビートを作るテクニックのことです。文章で読んでも何のことやら、ですが、有名なところだと、レディーガガさんの一連のヒット曲を聴いたら分かるのではないかと。EDMの特徴である、表打ちと裏打ちが一体になったような、うねるようなリズムは、全部このサウンド処理がなされています。これこそがEDMだと感じます。

 

 

 

で、自曲をサイドチェイン処理してみたのですが、全くカッコよく聴こえません。ビートだけはEDMっぽいのですが。。

 

 

 

思うに、EDMでカッコいい曲は、大体が音数が少なくシンプルな曲構造で出来ています。音ひとつひとつが研ぎ澄まされて立っています。対して私のこの曲は、音数が多くヴォイシングが複雑で、おまけに転調までしているので、何というか、古典的な構造のポップスを無理やり今風にアレンジした、そんな風に聴こえます。

 

 

 

そんなこんなで、やはり当初の予定通り、もっさりした、のどかな80’sっぽいユーロビート風の4つ打ちにしようかと。私のセンスと今どきのセンスとは、やはり相容れないものがあります。。

 

 

 

 

 

 

Cubaseでのサイドチェインのやり方の説明。分からなくても、「Cubase EDM レディーガガ風」とかで検索すると、こうやっていくつものサイトが、動画付きで説明してくれます。いい世の中になったものだとつくづく思います。

 

 

 

【2018年10月8日】新曲「銀河鉄道の夜」(仮題)、トラック完成!

 

 

 

とりあえず完成しました。歌詞はさしあたってはいらないそうなので、サックスの音で歌メロをなぞりました。オケと言うよりも、インスト曲っぽいです。一応の〆切が12日だったので随分早く上がりました。聴き返すと、やはりビートが昔懐かしい感じがします。

 

 

 

これはこれで気に入ったので、自分でも歌詞を乗せて歌ってみようかと思いました。自分で歌う場合は、若干BPMを落として、もうちょい80’sっぽい感じにしたいなあと。

 

 

 

先々日のユーロビート稿の続きですが、日本ではユーロビートのブームが続いた後、ビーイング (B’s、ZARD、T–BOLANとかのプロダクション) と小室哲哉さんが、一般のメジャー・シーンを席巻したのを思い出しました。小室哲哉さんの曲は、TM NETWORK時代はユーロビートのノリでした。(私は初期のTMしか知りませんが)

自分で歌うなら、この曲はそんな雰囲気を感じさせるように歌いたいなあと思いました。

 

 

 

 

 

 

TM NETWORKの代表曲とも言える「Get Wild」(‘87) を、2014年のライヴで「Get Wild 2014」としてリメイク。

「Get Wild」の数年後に「小室ファミリー」としてヒット曲を連発するのですが、この曲を聴くと、その一連のヒット曲のエキスがこの時点で既に生まれていた事がよく分かります。

 

 

 

 

【2018年11月4日】新曲「祝福の歌」出来ました 〜 業田良家「祝福屋福助」からインスピレーションを得て

 

 

 

ちょっと前ですが、女性のシンガーの方に書いた曲で、(仮題) としてこのブログでも取り上げた「銀河鉄道の夜」ですが、数人にそのインスト・ヴァージョンを聴いて頂いたところ、ここ数作では断トツに反応が良く、先日実家に帰った際には妹にまでよかったと言われました。それなら自分でも歌ってみようかと思い、早速歌詞を書いてみました。

 

 

 

最近作る曲は、遅くて淡々とした地味な感じのばかりで、それは意図してそう作っていたのですが、たまにこういう派手でノリのよい曲が出来ると、自分でも「まだこんな曲が作れるんだ」と少し安心します。そしてホッとして、また自分の好きな地味な曲に没頭してしまいます (笑)。3曲に1曲は派手な曲を心がけないと。。

 

 

 

歌詞も、書こうと決めたら曲同様にすぐに書けました。面白いもので、こういう苦労をしない曲の方が、得てして聴く人が喜ぶ曲になるみたいです。これは私だけではないみたいです。昔から雑誌のインタビュー記事で、ミュージシャンのそんな話をよく読んでいました。(当時は強がりか冗談だと思っていましたが、実は真実だったんですね)

 

 

 

「祝福の歌」は、書いている途中から、このブログでも何度かとりあげている、私の大好きな業田良家さんの「祝福屋福助」を意識しました。

 

 

 

「祝福屋福助」に関しては語ると長くなるので (笑)、とりあえず出版社からのコメントを紹介しておきます。興味を持たれた方は、ぜひ手にとってご覧下さい。ここにも「銀河鉄道の夜」と同じく「本当の幸せ」というキーワードが出てました。偶然かと思いますが。(そう書いていて今気がつきましたが、業田ワールドは宮沢ワールドに隣接しています)

 

 

 

「世の中のありとあらゆることを祝福する商売、それが祝福屋。人間の悲哀を描き、本当の幸せとは何かを問いかける、業田ワールドの傑作!」

 

 

 

私のこの「祝福の歌」ですが、文体というか語り口は、業田マンガに頻出する数々の作中歌の影響をモロに受けています。

 

 

 

という訳で、歌詞を載せておきます。歌が入ったら、トップページにアップします。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

祝福の歌

 

 

 

飛んでいるかい?

大空の鳥たち

咲いているかい?

野生の薔薇よ

 

 

走っているかい?

草原のライオン

泳いでいるかい?

大洋のクジラたち

 

 

聞こえているかい?

か弱き人間たち

笑っているかい?

愛し合ってるかい?

 

 

 

※丘を越えて

海越えてゆけ

世界の果てまで

祝福の歌

 

 

 

呑んでいるかい?

美味しいワインを

祝っているかい?

君が生まれた日

 

 

泣いているかい?

大粒の涙は

真珠の煌めき

全てを洗うよ

 

 

 

※くりかえし

 

 

 

国境超えて

言葉も超えてゆけ

世界の真ん中

祝福の歌

 

 

 

 

もし君がピアノを弾けるなら

僕は合わせて歌うから

そう、いつでもいいから呼んでほしいよ

何処にいても駆けつけるから

 

 

 

祈れ 祈れ

願いが叶うまで

 

 

届け 届け

あの星の彼方まで

 

 

踊れ 踊れ

命尽き果てるまで

 

 

眠れ 眠れ

明日を夢みて

 

 

 

 

以前アップの画像、業田良家マンガの数々。「祝福屋福助」は残念ながら漏れていました。

これらの業田本は既にリサイクル・ショップに売ってしまいました。今頃どこかの誰かが店頭で手にして購入されて、深い感動を得ているものだ、そう思いたいです。

 

 

 

【2018年11月15日】祝 ♨︎「祝福の歌」「死について思うこと」ひとまず完成!

 

 

本日歌入れとミックスダウンを行い、2曲ともひとまず完成しました。

 

 

 

祝福の歌と死についての歌、アップテンポで派手なメロディとスローで抑揚のないメロディ。思いっきりの発声とボソボソ声。両極端のような2曲ですが、自分の中では同じようなことを歌っている、同じような歌。そんな感じです。

 

 

 

ところで、その「祝福の歌」で「祝っているかい?君が産まれた日」というフレーズを歌っていました。それから「死について思うこと」で「産まれた時を憶えているかい?君の知らない大きな力の中で」というフレーズを。2曲を聴き直して、自分で書いときながら、あらためて気がつきました。

 

 

 

私は長いこと、何故誕生日を祝うのかが分かりませんでした。というか、何でわざわざ祝うんだろうと思っていました。

今となっては、私が今ここにいることが、宝クジに当たることの数万倍、数億倍、それ以上の僅かな確率であることを知っています。そして、そんな奇跡的な確率で生を受けた私が、何とかその魂を吹き込もうと四苦八苦して、偶然にも今回産まれた曲が、この2曲です。奇跡の中の、更に奇跡という感じです。

 

 

 

 

 

「祝福屋福助」より。