【2017年11月19日】先日の続き 〜 あらためて感じる、洋楽とJ–POPの差異

先日ブログを書いてから、実際に挙げた6曲を続けて聴いてみました。どれも久しぶりに聴いた曲ばかり。U2と達郎さんは10年ぶり位かも。

 

 

その先日ブログの洋楽の3曲は、最初から最後まで数個の循環コード上で、同じフレーズのくり返しで、曲が展開されます。
U2は最初から最後まで同じベース・ラインが、PSBは最初から最後まで同じシンセのリフが鳴り続け、ルー・リードはコードのカッティング自体が、リズムでありメロディになっていて、こちらも最初から最後まで同じフレーズ。(後から世に出た、当時没になったバージョンには、間奏に違うメロディが入っていますが)
3曲とも、この最初から最後まで同じフレーズのくり返しの中で、感性がどんどん解放されていく感じが、聴いていて受けます。

 

 

対してJ–POPの3曲。3曲とも最初は、シンプルな循環コードをミディアム・テンポのバック・ビートに乗せた、落ち着いたロックンロールですが、途中から曲が劇的に展開して、一般的な「聴かせる曲」になります。
ここが先の洋楽3曲との構造上の大きな違いであり、聴いた印象が大きく違ってくる最大の要因でもあります。
どちらがいいとかの問題ではありません。私はどちらも好きです。

 

 

もちろん、洋楽ロックにも、ポリスの「見つめていたい」のように (古くてスミマセン)、スリー・コードから展開してサビに入って、という曲は山ほどあります。
ただ英米と大きく違うのは、日本ではスリー・コードの循環のみでジワジワ盛り上がっていくタイプのヒット曲は皆無と言っていいですが、英米では結構多い事です。
多分、達郎さんや岸田さんの技術なら、そんなタイプのポップな曲を作れない事はないと思います。あえて作らないと言うことは、リスナー側の感性を考えてでしょうか?

 

 

J–POPの3曲のうち、ターナーの汽罐車とばらの花はシングル・カットされていますが、ターナーの汽罐車は30位、ばらの花は20位と、微妙なスマッシュ・ヒットだったようです。
両方ともポップスのお手本のような素晴らしい曲なので、ちょっと残念です。こんな曲こそ、多くの人々に受け入れられて欲しいのにと思ったり。だけどたしかに、カラフルな万華鏡のような他のJ–POPのヒット曲の中に並べると、地味な印象を受けます。

 

 

さて、私の曲はどんなふうに仕上がるんでしょうか?自分の事ながら、とても楽しみです。

 

 

 

 

いろんな方がカバーしている、くるり「ばらの花」(2001年)。画像は矢野顕子さんが歌う、Yanomami × U-zhaan (ユザーンと読みます) のライブから。

 

 

このハイテクな「ばらの花」に限らず、くるりの曲は、YouTubeを観るとアマチュアの方のカバーもとても多く上がっています。
音楽を、聴くだけでなく自分でもやってみたいと思わせるバンドなんでしょう。YouTubeに上がっている映像をいろいろ観ていて思いました。

【2017年11月18日】やっぱり偉大なスリー・コード

ここ数ヶ月のブログでも触れている通り最近は曲は出来るのですが、その曲はコードをたくさん使った複雑なのが多かったり、メロディがラップっぽくて歌いにくかったりで、どうも以前の素朴な味わいが出なくなってきています。まあ意欲は分かりますが。。(自分の事ながら…)

 

 

そう思いながら、本日、書きかけのメロディを発展させていたら、いい感じに仕上がってきました。過去ブログ「新曲『F.O.』(仮題) 出来そうです!」のメロディです。
その時は「メロディが今までにないような壮厳な雰囲気になりそうです」と書いていましたが、今日、ちゃんと作る為スコアにしたところ、このメロディは「ヨナ抜き音階」で出来ている事に気がつきました。

 

 

ヨナ抜き音階とは、西洋音階 (ドレミファソラシド) に当てはめたときに、主音 (ド) から四つ目のファと、七つ目のシがない音階 (つまりドレミソラ) をいいます。続けて弾くと雅楽っぽいです。
こういうのは意識して作ると、結構あざとく聞こえるものですが、普通にいい感じに聞こえる曲もたくさんあります。

 

 

このヨナ抜きメロディが、スリーコードの進行のパターンにちょうどハマりました!
ドラムとベースとピアノでスケッチのように演ってみましたが、マイ・フェイヴァリットの数曲と近い雰囲気になり、とても満足です。何とかライブで演れる曲にしたいです。

 

知らない方にはどうでもいいと思いますが、その数曲の曲名を記しておきます。

 

 

 
ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー/U2
ホーム・アンド・ドライ/ペットショップ・ボーイズ
スィート・ジェーン/ルー・リード
ターナーの汽罐車/山下達郎
ばらの花/くるり
o.A.o./くるり

 

 

 
まだまだありそうですが、とりあえずこんな感じです。ちなみにメロディは、o.A.o.以外はヨナ抜きではありません。(o.A.o.は多分ヨナ抜きのような気がします。調べてはいませんが)
どの曲も、それぞれメロディは全然似ていませんが、続けて聴くとある共通の雰囲気が感じられる筈です。ジワリと心に沁みてくる壮厳な音楽です。

 

 

ロックンロール (スリーコード進行) については、以前も当ブログに何度か書きました。そしてまたですが、アップ・テンポの高揚する曲ばかりではなく、こういうゆったりと包み込むような曲を聴くと、あらためてその懐の深さを感じます。
これも、ロックンロール。またもや偉大さを感じた次第です。

 

 

 

 

「ターナーの汽罐車」(’91年) が使用された、当時のニュー・スカイラインのCM。「I Love You SKYLINE」と呟くのは、女優の田中広子さん。
スカイラインといいインテグラといい、達郎さんの曲は、オシャレでゴージャスなスポーツカーにピッタリマッチしていましたね〜。