【2020年4月5日】「ABC予想」が証明されました 〜 音楽と数学の親和性

 

 

 

「ABC予想」は、未解決だった数学の超重要にして超難問。ついに解く人が現れました。しかも日本人。

などと知ったかぶって書いていますが、私はそんな難問があるという事ぐらいしか知りません。知ったのは「Q.E.D. 証明終了」(作者は加藤元浩さん) という推理マンガを読んでです。

 

 

私は勉強としての数学は全く疎くて、関数とか二次方程式とか、中学生のレベルで止まっているのですが、何故か数学に関する本は好きで、結構読んでいます。「フェルマーの最終定理」の本とか。

前述の「Q.E.D. 証明終了」も、数学の難問を絡ませた話が多く、このマンガを読んでいたのもそんな興味からです。

 

 

 

以前のこのブログ記事で、円周率 (3.1419…) を鍵盤に割振って弾いたら、多くの人が聴いても自然で美しいメロディになる、という話をネタにしました。

この話に限らず、美しい音楽は数学的に感じる、という事がよくあります。

レゲエやダブ、R&B、アフロ・ビートなどのブラック・ミュージックの洗練された音を聴くと、特にそう感じます。

 

 

そのうち、音楽も「証明」される時がくるのでしょうか。マイナー・コードは◯◯で××、故に、△△であるので人の耳にはもの悲しく聴こえる、とか (笑)。そう考えていると、楽しみは尽きません。

 

 

 

私の楽曲はこちらから聴けます。↓

 

 

 

 

 

【2020年4月3日】「レクイエム」(仮題) 生まれました

先日、妹から叔母さんが亡くなったとラインが入りました。既に90歳を超えている方でした。子どもの頃よく遊んでもらった記憶があります。

 

 

 

40歳を越えた辺りから、親族はもちろん、交友関係者にも、死去される方が急に増えました。考えるまでもなく、当たり前の話です。皆平等に時の船に乗って航海しているので、普通は先に出発した方は先にゴールに到着します。

昔は考えた事もなかった自分の死というものが、他人の死に遭う事によって、近い将来、必ず自分にも訪れる事だというのを実感しています。

 

 

 

そんな事をぼんやりと思いながら、一曲作りました。

歌詞がまだないのですが、曲想やメロディはほぼ固まっています。GM7−A7−D7 の不安定な進行が延々と続くシンプルな曲です。

 

 

曲を作る行為は、日々一歩一歩死に近づいていく自分への、ささやかな反抗なのではないかと思います。自分の魂を、肉体という船が沈没する前に外に開放する、そんな行為のようです。

出来るだけたくさん開放させてあげたいなあと (無意識にも) 思い、日々曲作りに精を出しているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

最近撮った画像から。花の命も人の命も、過ぎてしまえば一瞬ですね。

 

 

 

私の楽曲はこちらから聴けます。↓