【2018年2月18日】新曲「ニューヨークの落書き」(仮題) 出来そうです

15日の朝日新聞デジタルの記事「落書き塗りつぶしたビル所有者に7億円賠償命令」を読み、所感などをその日のブログに上げたのですが、いろいろと思うところも多く、結構長い文章になりました。それから更に考えていたら、曲が出来ました。
歌詞もメロディも草案の段階なので、まだ発表出来るものではありませんが、どんな曲に仕上がっていくのか、自分でも楽しみです。

 

 

こうして、ニューヨークから遥か遠い遠い島国に住む人が落書きの記事を読み、何らかのインスピレーションを受けて歌を作るということは、当のニューヨークの落書きデザイナーには知る由もないことでしょう。

 

 

 
話は少し逸れます。
思うに、人が本気で、本能レベルで思ったことというのは必ず現実になるんじゃないかと、常々思います。それがどんなに悪いことでも。
集合意識レベルだと、大多数の人たちが「人類はどんどん発展して、やがて宇宙にも飛び出して、子孫が宇宙中に繁栄するのでは」と思っていたら、そうなるような気がしますし、大多数の人たちが「人類は今がピークで、この先地球環境も悪くなり、人口も減って、核戦争が起こって滅んでしまうのでは」と思っていたら、実際にそうなる気もします。

身近なレベルだと、本当に、本気で結婚したい人は、大体が婚活を重ねたり、上手く出会いがあったりで (男女両方そう願っている人が一定数いるので、上手くつながるんでしょう) ちゃんと結婚しています。

 

 
逆にいうと、その人にとって「出来ない」ことは、ハナから心には浮かばないんでしょう。私は自分が総理大臣になるなど、1ミリも考えたことありません。

落書きを遺すニューヨーカーのように、有名無名かかわらず、何らかの発信をしている人というのは、そういった本能レベルで「自分の中の何かを解き放ちたい」のだと思います。「お金にならなくても、(睡眠や食事の) 時間を削ってでも、一生懸命になること」というのは、得てしてそういうものだと思います。
本能レベルで行うからこそ、人の心を動かすんだと思います。

 

 

 

 

今、インターネットによって世界は一気に狭くなりました。何処かの誰かの、そんな本能に触れやすくなりました。
そして、触れた、と感じるということは、触れたその人の本能レベルのアンテナに触れたということです。私がこの記事を読んで、何か感じるところがあって歌まで出来たということは、落書きニューヨーカーと、僅かながらもつながったということです。そう思う気持ちは大事にしたいと思います。

 

 

 

【2018年2月16日】ジャケがイイ!(第10回) 〜 パットD & レディ・パラドックス「カインド・オブ・ピース」

このところの大雪でリサイクル・ショップに全く行けてなく、今回は過去のジャケ買いからピックアップ。大満足の一枚です。
ちなみにシリーズ化していますが、ここで紹介しているのは、リサイクル・ショップの価格500円以下コーナーにジャンルレスで一緒くたに置いてあるCDの中から、ジャケットのみで選んだものです。もちろん、私の知らないアーティストたちです。(今まで紹介してきたCDたちはあまりにマニアックなので、誰も読んでなかったりして…)

 

 

 

 

このCDは、数年前にとあるショップで手にとって、あまりに繊細で美しい風景と、その人工的な画像処理のさじ加減も絶妙なジャケットにしばし見惚れてから、即購入したものです。ジャケット通りの繊細でメロウな音でした。ここまで音とジャケットのイメージが一致しているのも、そんなに見当たらないのでは。ジャンルはヒップホップです。
パットD & レディ・パラドックスは、イギリスのトラックメイカーとラッパーのコンビ。このアルバムは’07年のリリースです。

 

 

ヒップホップというと、今だに、やんちゃなおにいちゃんが自分や属するコミューンのことを喋り倒すというイメージを持っている方々が多いように感じます。(そう思ってるのは私の知人だけかな?)
でも実際はいろんな表現があって、中にはこのアーティストのように、繊細でメロウな音楽性な方もいらっしゃいます。

 

 

思えばパンクやニュー・ウェイヴなど、ジャンルそのものがブレイクした時というのは、衝動やアイディアにテクニックが追いつかない感じで、そこが魅力でもありました。
ヒップホップも同じくで、テクニックは稚拙でしたが、それまでにない全く新しい音楽として現れましたが、パンクと違い、マニアレベルから一般レベルに、それこそあっという間に広がりました。

 

 

 
このアルバムの特徴は、サンプリング音源に昔のジャズが目立っていることです。ほぼサンプリングのみで楽曲を組み立てているにもかかわらず、絶妙のミックスで、つぎはぎ感はさほど感じません。ジャズライクなピアノの音色が全体に大きくフューチャーされていて、それが全体の色彩感を決定づけています。なんかいかにもイギリス人的な、曇った感じのするトラックです。細部のこだわりも尋常ではなく、すごく時間をかけて作り込んだと思われます。
そんなトラックに、女性のラッパーの声が乗っかるのですが、このラップも、優しく語りかけてくる感じで、とても聴きやすいです。時々ゲストの女性ボーカリストがメロディを歌います。

 

 

 
全世界 (英語圏) 的にヒップホップは今、音楽的にも商業的にもポップ・ミュージック界を席捲していて、過去と比較すると現在が最盛期です (ケンドリック・ラマー、エミネム、… )。でも、あくまで過去と比較すると、であって、実はまだまだ今後も進化し続けるかもしれません。それ程、いろんなジャンルの音を呑み込んでヒップホップは前進し続けています。

 

 

そして、このアルバムのような音も、そんな新しいヒップホップのひとつです。このような形でヒップホップが成熟するなど、’80年代当時は夢にも思っていませんでした。一時の流行りで終わると思っていました。私に慧眼がなかったということでしょう。