【2018年5月26日】前回の続き。ミカドを聴きました 〜 全ての音が奏でられた後で

先日出来た曲のイメージとして、30年以上前のクレプスキュール・レーベルのアーティストたちの、淡いテクノの曲想を描いたことを書きましたが、気になって、実際にYouTubeを当たってみました。

 

 

一番気になったミカドを検索したところ、ちゃんと上がっていました。当時大好きだった「パラザール」も聴けました。
カシオトーンのリズムと手弾きのシンセ、そしてボソボソ呟くウィスパー・ボイスの音世界は、今聴いても全く色褪せていません。というか、当時から色褪せていて (黄昏て・セピア色っぽい) 、その景色は全く変わらなく見える、といった感じです。

 

 

 

思えば’80年代の中頃のこの時代、既にいろんなスタイルの音楽が出尽くした感がありました。
過激なノイズを出していれば「前衛」と言われた時代は終わり、産業としてのゴージャスな音楽が成熟していたこの時代に、鳴らしたい音のみを静かに・淡々と、己のセンスのみを頼りに鳴らすアーティストたちの静かな音楽は、その数年の間で目まぐるしく変化している、いろんな音楽を聴きすぎて耳が疲れていた?当時の一部のリスナーの耳には、とても心地良く響きました。

書いていて、今の状況と似ている気がしてきました。

 

 
ミカドの日本デビュー・アルバム「フォーエヴァー」のライナー・ノーツから、細野晴臣さんの寄稿文です。実に的を得ているので全文引用します。

 

 

 
「あれ?これってぼくたちのやりたい音じゃない!」
とTはさけびました。
「こんなのとっくにやってるよな、オレ達・・・」
とSはくちごもりました。
「でも結局、いちばんやり残してしまった音楽ね。」
と私は反省しました。
みんな心の中で「キュートな音楽っていいな-」
とくやしがりつつ、目はキラキラと輝きました。
キュートなんです。私達やあなたや
バカヤローめらが置き忘れたものは。
それはかわいいともステキともちょっぴり違う、
「愛らしさ」です。
それは「粋」という、
これも忘れられた繊細なニュアンスをしています。
こんなことを忘れるなんて。
私達やあなたやバカヤローめらはなんてバカだったんだ。
私達は古来、イキを重んじたのではなかったろうか。
私達は昔、お互いに愛らしい存在ではなかったろうか。
私達はごはんを食べる時、いただきますを忘れはしなかったろうか。
フレンチ・ギャルとボーイの音楽が、
日本人にこんなことを思い出させてくれる。
で、ノンスタンダードから
初の海外アーティストを紹介します。
それが愛らしい「ミカド」です。

 

– 細野晴臣-

 

 

 
(でも私は、このアルバムはオーバー・プロデュースではないかと当時感じました。そして今聴くと更にそう思いました。「パラザール」は超えていないような…。)

 

 

 

 

勝手にリンクさせていいのかどうなのか分からないので、画像だけ。
「MIKADO PARHASARD」で検索したら、YouTubeで聴けます。

【2018年5月25日】新曲とクレプスキュール・レーベル

部屋の大掃除で今まで使っていた機材をすっかり片ずけてしまいました。楽器類はギターとキーボードのみ置いてあります。あとはパソコン待ちです。
という訳で、PCがセッティングされるまでの一週間ちょっとで、出来るだけ曲を書き溜める事にしました。

 

 

本日はオフ日だったので、早速朝からギターを手にして、メロディが頭の中に流れてくるまで適当に弾いていました。
途中でブログを更新したり、ご飯を食べたり、CDを聴いたりしながら、何だかんだでそのうち曲想が湧き、夕方には何とか一曲、形になりました。ボサノバ調の軽い感じの曲です。段々と下がっていく転調が続くのが特徴です。AメロからBメロへの流れが気に入っています。
ギターのみでもいけそうな曲ですが、アレンジのイメージは、大昔によく聴いた、ミカドやアンテナなどのアーティストを擁したベルギーのクレプスキュールというレーベルの、淡いテクノ・ポップをイメージしています。

 

 

 

昔私が住んでいた町に、新星堂という大型レコードチェーン店があり、そのお店が直接このレーベルのレコードの販売を手がけていて、私はよく足を運んでいました。
当時、YMOのメンバー全員がこのレーベルをオススメしていて、ラジオで聴いてすっかり気に入ってしまったからです。

 

 

クレプスキュールとは、フランス語で「黄昏 (たそがれ)」の意味です。どのアーティストも、レーベル名に沿った実に控えめで黄昏た音楽性でしたが、その無国籍でオシャレで乾いた情緒が、当時の私にすごく馴染み、ニュー・ウェイヴの次はこういう音の時代だ!と、このレーベルのレコードを、片っ端から聴いていました。
実際はそんなこともなく、時代はMTV絡みのポップス全盛期に。クレプスキュール・レーベルは、時代に埋もれていってしまいました。

 

 

この曲は、そんな黄昏た雰囲気に仕上げたいと思っています。

 

 

 

 

これはそのコード譜。こうしてブログに上げておけば、書いた紙を無くしてもOKです。