【2021年9月24日】「Change your life」制作の後追いで、一曲生まれました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

「Change  your  life」の歌詞を書くのに、昔のことを思い出して心の奥底まで掘り下げていたら、気付くと気分がずっしりと重くなっていました。

これではいかん、鬱に入ってしまう、と思い、気分転換にアコギを弾いていたら、「Change your life」と正反対な感じの、淡々としてポップで明るい曲が生まれました。

 

 

歌詞もすらすらと出てきて、その曲には「Free」というタイトルを付けました。書いてからよくよく読み返したら、曲調は正反対でも歌っているテーマは「Change  your  life」と似ていました。可愛い感じのメロディなので、大昔の歌謡テクノポップっぽい、可愛いアレンジにしたいと考えています。

 

 

心のバランスを保つ為、「Change  your  life」と並行して制作していきたいです。

 

 

 

 

 

【2021年9月23日】「Change your life」トラック完成 & 仮歌入れています 〜 TOKYO NO.1 ソウルセットを思い出しつつ

トラックと歌詞が出来たので、早速仮歌を入れてみました。この曲の歌メロは前曲「Wonderful days」にも増してラップ的で、というか普通にラップのパートが多く、慣れないので戸惑っています。

自分のイメージ的には、メロディを歌いつつ語りたいというか、純然たるラップにはしたくなくて、その辺どう歌おうかと苦労というか楽しんで歌ってみました。

 

 

 

それで思ったのは、20年以上前の渋谷系のヒップホップ・バンド、TOKYO NO.1 ソウルセットのアルバム「Jr.」(‘96年)。このアルバムは、全てサンプリング音源の川辺さんのトラックに、そこに乗るのは語りのようなビッケさんのラップと、渡部さんの過剰なまでに情緒的に歌い上げるボーカルです。

 

 

私のこの曲も、ビッケさんのラップのように、のらりくらりと、しかもそこに歌メロを交えながら出来ないものかと考え、仮歌を入れてみました。

まだまだ音楽的には聴こえないので、更に工夫及び練習が必要です。

 

 

 

そう言えば洋楽では、ボブ・ディラン、ルー・リードといったレジェンドたちが、それぞれ独自の「語りボーカル」で自身の歌世界を表現しています。ああいうふうに歌うのは、普通に音程に合わせて歌うよりも数段難しく、テクニックが必要だというのが、自分で歌い始めて初めて分かりました。(簡単に歌っていると思っていた 笑)

 

 

 

 

「Jr.」、奇跡的に、ジャケット残っていました。