【2019年5月21日】「真夏の夜、カーニバル」完成!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

本日歌入れ及びミックスダウンを終えて、「真夏の夜、カーニバル」完成しました!この曲は、自曲には少ない官能的な響きの曲に仕上がりました。言葉や歌唱も意識して、官能的に・滑らかに響くように工夫しました。そして久しぶりにノリのよい曲です。

 

 

曲のテーマ的には、最近の「舞踏会」〜「祭の夜」の流れを踏襲していて、つまり「生と死」です。

生は、死がその先にあるからこそ輝きます。ちょっと前までは、その「死」「無常観」のみをクローズアップした曲を書いていましたが (「死について思うこと」「ユメヒトヨ」など)、最近は、それはそれとして、生の喜びも書けたらいいなあと思うようになってきました。

 

 

私生活でも、以前と違って健康に気をつかったり、元気で長生きしたいなあ、人付き合いもちゃんとしたいなあ、とかと思うようになりました。人生まだまだ捨てたもんじゃないなあと。(以前は、そんな事はどうでもよかった)

 

 

一ヶ月程前ですが、そんな事を職場のある女性に何気にポロっと言ったところ、ものすごく感慨深げで、ちょっとウルウルされていました。よっぽど私は、そんなイメージから程遠い人に思われていたのだと、少し反省しました。そしてこの歳にしてそう思う事は、これは随分な成長ではないかと思います。(笑)

 

 

 

この曲は、歌詞を歌い終えてから2分近くコーダ部があります。サンバのリズムに乗って「Lai Lai Lai…」とスキャットしているのですが、これは「この素晴らしいひと時が永遠に続きますように」との祈りを込めたスキャットです。一人でも二人でもいいので、そんな祈りが誰かに届いたらいいなあと。

 

 

 

 

曲とは全然関係ありませんが、一昨日の深夜のお月様。

 

【2019年5月21日】「真夏の夜、カーニバル」トラック完成!( ^ω^ )/////

以前作ったトラックの音を大幅に差し替えて、ようやく一応完成しました。

前のはスマートでオシャレな雰囲気でしたが、出来たトラックは曲の後半からワイルドに展開して、とても楽しく作ることが出来ました。

 

 

その後半部分ですが、サンバっぽいリズムが数分間続いています。リオのカーニバルや日本の盆踊りをイメージしました。レコーディングしながら、その部分を何度もリピートしていたら、一種のトランス状態に陥りました。リズムのマジックですね。

 

 

私はサンバは殆ど聴きませんが、今回サンバのリズムの曲を作ってみて、わりとよく聴くアフリカン・ビートやファンクやレゲエとの親和性を感じました。共通するのは、時間というのは一瞬が永遠に続いていくものだと感じれる事です。「この一瞬」が「最高の一瞬」なんですね。

 

 

こういう音楽に日常的に接していると、いわゆる人生設計ーー◯◯歳で結婚して、◯◯歳で家を建てて…とかの、「しあわせの先送り」は、意味ないんじゃないかと考えてしまいます。とりあえず今がよけりゃあいいかなと (笑)。いや、人生設計がダメなのではありません。それでいい人は、それでいいんじゃないかなと。というか、今の日本はそっちが普通なので。

 

 

 

以前「住むなら南国でのんびりと」といった記事を書いた事がありますが、この「真夏の夜、カーニバル」を作っていて、またしても沸々とそんな想いが湧き上がってきました。

後は歌入れ、がんばります。

 

 

 

 

リオのカーニバル。