【2018年1月19日】前々回の続き 〜 尾崎豊さんのメロディを槇原敬之さんが歌う

前々回「美メロは狂気?」で槇原敬之さんに触れた際に、更に思ったことです。

 

 

 

 
かの尾崎豊さんのトリビュート・アルバムに、「ブルー」と「グリーン」があります。両方とも2004年にリリースされています。
ブルーは、当時売れていたアーティストがメイン、グリーンはインディーズ・シーンで活動されているアーティストがメインで、それぞれ構成されています。

 

 

そして「ブルー」の方のトリで歌われるのが、槇原敬之さんの「Forget-me-not」です。(正確には、エピローグ的な曲が次に入るのでラスト曲ではありませんが)
このカバーが、月並みな表現ですが、本当に凄い歌唱です。それまで私は、マッキーは単にヒット曲の多いJ-POPのシンガー・ソングライター、ぐらいにしか思っていなかったのですが、この曲を聴いて、その心の闇の深さが垣間見えた気がして圧倒されました。
当時の音楽好きの同僚は、この「Forget-me-not」を聴いて泣いてしまった、と語っていました。その気持ちはよく分かりました。大袈裟な感想ではないと思います。

 

 

「ブルー」「グリーン」リリースから数ヶ月後に、槇原敬之さんはニュー・アルバムをリリースしました。「エクスプローラー」というアルバムです。「Forget-me-not」のショックと、「世界に一つだけの花」のセルフ・カバーをしているということで、楽しみにして購入しました。槇原敬之さんのアルバムをちゃんと聴いたのは、これが初めてです。

 

 

槇原敬之さんの曲は、流して聞いても心地よく、集中して聴くとサウンドや歌詞をいくらでも深読み出来る、そんなポップスです。自己憐憫を全く感じさせない乾いたメロディと、「前向きな決意」「しあわせの光景」のみを歌っているところが潔いなあと思います。
それでも、端々に「闇」を感じます。でも闇があるからこそ光は眩しく映ります。「エクスプローラー」は、そんな眩しい光を感じさせるアルバムでした。

 

 

「ブルー」「グリーン」に参加したアーティストたちの一部が集まって、追悼ライブも行っています。そのライブのDVD「ザ・ナイト」を観ても、そこでも大トリのマッキーの存在感は圧倒的です。思わず息を止めて見入ってしまいました。それにしても、このライブの雰囲気は、お通夜、お葬式のそれです。拍手は曲の始まりと終わりだけで、皆んな、ただ静かに聴いているだけです。

 

 

 

 
尾崎豊さんについて書こうと思っていたら、槇原さんのことばかりになってしまいました。稿を改めて、そのうち尾崎豊さんに触れたいと思います。

 

 

 
左下から順に、「ブルー」「グリーン」、左下「ザ・ナイト」、そしてマッキーの「エクスプローラー」。

【2018年1月18日】ミート・イズ・マーダー?

 

 

今朝の記事から。

 
スイス政府は、ロブスターなどの甲殻類を生きたまま熱湯に入れてゆでる調理法は、苦痛を与えるとして禁止する改正動物保護法を3月1日から施行することを明らかにした。

 

 

 
ロブスターを「モノ」として扱っていたのを「他者」として扱う、とした法律です。日本だと絶対にこんな法律は生まれません。というか、私には発想すら出来ませんでした。

 

 

他者として扱う、とはどういうことかと言うと、つまり「自分が同じことをされたら嫌だなあ」ということをしない、相手の立場をリスペクトする。そんなことではないのでしょうか。
人間に食べられる立場のロブスターに対して、「私は、私が生きていくためにあなたを食べます、どうもありがとう」と感謝して下さい、と人々に促すような法律です。

 

 

 

「少年ジャンプ」に「約束のネバーランド」というマンガが連載中です。一口で言うと、人間を食する鬼と生き延びようとする人間の物語です。面白いので、週一で行く行く定食屋で毎週読んでいます。

この物語のシチュエーション、実は今の人間社会の、人間と動物 (家畜) の関係を、単純にひっくり返しただけです。
鬼が人間で人間が鬼なら、ごく普通の人間の日常的光景です。家畜を飼って、殺して、食べて、という。

 

 

その立場をひっくり返しただけで、何故こんなに面白い物語になるのかというと、鬼と人間、それぞれが他者として対峙しているからです。今、私たちが肉や魚を食べる時、その肉や魚は「エサ」であって、「他者」だと思っていません。(逆に言うと、だから口にすることが出来る)

 

 

遠い国の法律ですが、「個人」を尊重するヨーロッパ人らしい法だと、朝からいろいろ考えさせられました。(「個人」は人間に限らず、です)

 

 

 

 

イギリスの反骨のロック・アーティスト、モリッシーさんの、ザ・スミス時代の傑作「ミート・イズ・マーダー」(’85年)。
「食肉は殺人である」と断定しているのが、この人らしい。もちろん菜食主義者。
菜食主義は、農耕民族であり、欧米ほど野生の動物たちと対峙してこなかったと思われる日本人には、今ひとつピンとこない思想だという気がします。欧米のアーティストでは、菜食主義者はものすごく多いです。これは善悪の問題ではありません。