【2020年1月22日】「虹のメロディ」歌入れました!٩( ‘ω’ )و( ✌︎’ω’)✌︎

この曲「虹のメロディ」は、古典的なバラードの進行を踏襲した曲でしたが、あまりに紋切り型だったので、2番からテンポを上げて、ベースラインも跳ねてみました。そしてコーダで再びバラードっぽく終わるという凝った展開になりました。

 

 

こういう曲は今まで作ったことがなく、アレンジが大変でしたが楽しい作業でした。

偶然出来た素朴なメロディですが、展開に四苦八苦したお陰で結構愛着のある曲になりました。完成度は別としてですが。

時間を置いて、またレコーディングし直したい一曲です。

 

 

 

歌詞も大きく書き直しました。

最終ヴァージョンを載せます。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

虹のメロディ

 

 

あなたの唇紡ぎ出す そのメロディ

ちょっとだけ開いた窓の隙間から スッと入ってくる

 

 

それはぼくらの心に そっと寄り添うように

それは永遠の時間 過ぎていく瞬間

 

 

※雨上がりの空 虹が立つ

時、昼下がり

君の住む町の 空高く光の欠片

 

 

※※それはぼくらの心に そっと寄り添うように

それはぼくらの住む町 遠く見守るように

それはあなたの唇 紡ぎ出すあのメロディ

それは永遠の時間 過ぎていく瞬間

 

 

サファイアのような一瞬のお天気雨

無数の虹の橋 消えては現れ

 

 

※くりかえし

 

 

※※くりかえし

 

 

光連なる 虹の煌めき

いつかどこかで 君につながる

 

あの日聴こえた 虹の旋律

いつかどこかで 鳴るだろう

 

 

 

虹の画像は、シャッター・チャンスがあるごとに撮っています。

「永遠の瞬間」を感じます。

 

 

 

 

【2020年1月20日】音楽は商品を超えて 〜 完成に拘らずに創作するには?ーー X JAPANのニュー・アルバムに思う

 

 

X JAPANのヨシキさんが、ニュー・アルバムのリリースに際して、うつ状態になっているそうです。「DAHLIA」を’96年にリリースしてから、悩みに悩んでいるとのことです。何と、24年も経っています。

 

 

 

アルバム (やシングル) で、商品としてリリースするということは、作品がそこで完結してしまうということです。つまり世間的には「完成品」として聴かれる訳です。完成品ということは、普通に考えると、完結していて手直しが出来ないということです。

 

 

ヨシキさんは完璧主義者だそうです。一点の曇り・疑問があったら、やり直すんじゃないかと。だから完成しないんでしょう。しかし、「完璧」は、真剣に求めれば求める程、「完璧」から遠ざかっていきます。

ヨシキさんのようなアーティストは、世界をみるとそれなりにいらっしゃいます。つまり、なかなか完成させることが出来ないというのは、ヨシキさん個人の問題ではないと思われます。

 

 

 

宮沢賢治さんの「銀河鉄道の夜」は、何度も何度も推敲されて、結局未完成のまま、作者本人は死んでしまいます。

ところが、読んで感銘を受けた方なら分かると思いますが、この作品は、未完成だからこそ、美しく輝いています。未完成だからこそ、読者の想像力によっていろんな解釈が出来る、そんな作品です。

もしかしたら、宮沢賢治さんも完璧主義者だったのかもしれません。だから、一つの作品に一生涯を費やしたのかもしれません。でも、完成出来なかったことが、逆に作品の素晴らしさを高めている、そんな気がします。

 

 

 

以前に書きましたが、デジタルの表現とアナログの表現の大きな違いは、アナログは一回性なのに対し、デジタルはいくらでもやり直しがきく点です。昔は全ての表現がアナログだったので、「完成」という概念が生まれたのかもしれません。

デジタル時代の表現者は、別に作品を無理矢理完成させなくてもいいんじゃないかと、私は思います。とは言っても、商品として流通させなければいけないので、皆さんアルバムを作ったりシングルをリリースしたりしていますが。

 

 

CDやレコードなどで「最終形」としてリスナーに提示する、という表現スタイルは、もはや古いんじゃないか、そう思います。

発表した後も、いくらでも手直し出来てもいいんじゃないかと。

 

 

 

そう思いついたのは昨年のことで、私はそれから作品を量産しています。ダメなら寝かしとけばいいし、無理矢理詰めなくても、一応完成としておいて、後から手直ししています。

サウンドクラウドに上げた数曲でさえ、上げてから若干いじっている曲があり、データを更新しています。商業音楽ではないので、こういう自己満足が一番肝心なところなんじゃないかなと。ここが、CDアルバム曲と違う点です。

 

 

完成品として世に出した既存のCD作品も、アーティストの意向ひとつで気軽に更新できるようになれば面白いと思うのは、私だけではないと思います。

そうなれば、皆んなが皆んな、「完成品」にこだわることもなくなるんじゃないかなと。