【2019年3月18日】内田裕也さん死去

 

 

今朝のニュースから。謹んでお悔やみ申し上げます。

 

 

私の年代のロック好きには、リアルタイムではなく既に伝説となっていた方です。名前は知っていても、どんな音を鳴らしていた方なのか、知らない方が多いと思います。私もそうでした。

 

 

私の中で内田裕也さんと言えば、1991年東京都知事選に立候補された際の政見放送です。当時この放送は一部の人たちの間ですごく話題になりました。

私はこれを見て、内田裕也という人の人となりが好きになり、一気に距離が縮まりました。素晴らしい演説でした。今朝のニュースを見て思い出しました。

 

 

以前、その事について書きました。再掲して、追悼致します。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

政治の言葉とは 〜 1991年東京都知事選の内田裕也氏のこと (2017年 9月28日)

 

 

 

私は政治情勢にあまり興味がなく、政治絡みのニュースは熱心に見ませんが、このところなんだかんだで政局が大きく動いていて、気がついたら衆議院解散のニュースが流れていました。選挙は来月に行われるそうです。

 

 

 

選挙には政見放送というのがあります。衆参両院議員・都道府県知事選挙の立候補者が、自己の政見をTVなどで発表するんですが、この政見放送で伝説の一つになっているのがあります。選挙の度に思い出しています。知らない方もいらっしゃると思いますので、紹介します。

 

 

 

 

 

…政見放送では、冒頭でジョン・レノンの『パワー・トゥー・ザ・ピープル』を歌い、自らの経歴を英語で語った。型破りな政見放送は東京都民の記憶に焼き付き、また録画ビデオは、マニアの手で今なおダビングを繰り返されているという。  選挙演説は、トラックをステージにしての路上ライブ。運良く居合わせた都民は、しばしロックンロールに酔いしれた。 4月7日に行われた投票の結果、内田裕也は54654票を獲得。東京ドームを満員にする数字であった。  1991年春、東京は熱かった。

 

ー「内田裕也オフィシャル・サイト」より引用

 

 

 

1991年の都知事選。立候補者、内田裕也氏の演説です。
当時私も実際見たわけではなく、ニュースで知りました。最近はよくある (らしい) ユニークな政見放送のパイオニアのような放送です。今だとYouTubeで大量にアップされています。

 

 

 

そして後から面白半分に見て思ったんですが、実際これは奇をてらっただけではなく、ちゃんとした政見放送になっているんじゃないかと。
どこまで本音か分からない言葉や所属政党の政策を、台本を読んでいるように語るのではなく、自分の生い立ちを含めた自己紹介に徹して、歌まで歌って、自分はこんな人間だ、としか語っていないところが、すごいなあと。正にそれこそが、投票する有権者の一番知りたいところなのではないのでしょうか。少なくとも私はそうです。見ていてそう思いました。

 

 
そして、全編英語で語っているというのがポイントだと思います。何故なら、英語だと殆どの人に、喋っている内容が通じないからです (笑)。意味が通じない。それが、いいんじゃないかと。殆どの有権者には、自己紹介の内容すら伝わらず、放送を通じて、その「人となり」しか伝わっていないところが、良いのではと。

 

 

それにしても、5万票以上獲得したというのは、凄いことです。面白半分に投票した人もたくさんいらっしゃると思いますが。東京都内でも、私のように思った人は少なからずいらっしゃったのではと、勝手に思っています。

 

 

ちなみに私は内田裕也氏のファンでもなければ、歌も知りません。ロックンローラーだとは知っていましたが (笑)、この政見放送で距離が縮まったのは間違いありません。YouTube映像コメント、海外の方からのリスペクトも多いです。

 

【2019年3月17日】知人がFrekul (フリクル) で活動します 〜 ネットでつながる音楽たち

このHPで知り合った知人からラインで「フリクルで活動始めます」の報告がありました。

Frekul (フリクル) とは、「あなたの音楽活動をサポートするバーチャル・プロダクション」と銘打って、ネット上での音源配信を行なっているプロダクションです。登録料及び使用料は無料。音源制作を行なっている方ならどなたでも参加出来ます。

 

 

因みにサイトを閲覧してみると、3月16日午後11時30分現在、登録アーティスト数 11,304組、登録楽曲数 42,807曲、でした。ここまで参加者がいらっしゃるのには驚きました。音楽クリエイター版「5ちゃんねる」みたいです。誰もが表現出来る、音楽メディアの新しい形として定着しつつあるのではないかと思います。

 

 

フリクルの登録者数をみても分かりますが、今音楽は、質は別として誰もが作れる時代になりました。なので、クリエイターやアーティストを職業としてやろうと努力されていらっしゃる方も、昔よりは遥かに増えてきています。専門学校まである位です。(しかも競争率が高くて、入るのも大変だそうです)

ところが実際には、逆に昔よりも遥かに、音楽は売れていません (お金になりません)。お金がかからないから普及したけど、いざ演る側になると、お金が絡まないから儲かりません。面白い現象ですね。

 

 

私は今のこの状況は、極めて健全なのではないかと思っています。今まで、音楽で大金を稼げる事が自体がおかしかったんだという気がします。

大きなお金が絡まないから楽しく出来ますし、しがらみも生まれません。食い扶持は別に持って (サラリーマンをするという意味ではありません)、自分の音楽はお金の匂いがしないものを作る。これが一番しあわせな活動だと自分では考えているのですが。まあこれは人それぞれの考え方ですね。

 

 

因みに知人のフリクルでのアーティスト名は「ぽちとまぜごはん」です。今どきのネーミングですねー。見かけたらヨロシクです。

 

 

 

インターネットの世界 (ニコニコ動画) からブレイクした米津玄師さんの「アイネクライネ」のPVから。いやー、いい曲ですねー。米津さんのブレイクで、自分も音楽を作ってみようと思った少年少女がたくさん居そうです。