日常生活から」カテゴリーアーカイブ

【2020年3月14日】アナログ・プレーヤー購入しました (続き) 〜 「いい音」とは?

数日前に書いた記事の続き。

アナログ・レコードの良さについていくつか書き出しました。その一番最初に挙げた「それなりの再生機器で再生するとすごくいい音で鳴る」ですが、補足があります。

この「いい音」というのは、どんな音を指しているんでしょうか。以下、その説明です。

 

 

 

私がアナログ・レコードを聴いていた時期は大学生までです。当然お金もなく、そんな立派なシステムで聴いてはいませんでした。そして、CDが普及し始めると、レコードには見向きもしなくなりました。

当時は、CDの方が「いい音」に聴こえました。取り扱いが便利で音もいいので、CDに流れたのは必然かと。(私だけでなく、世の中の音楽ファンのほとんどがそうでした)

 

 

 

アナログ・レコードの音が「いい音」に聴こえたのは、もう十数年前、近所にあったMというレストラン&バーで、音楽好きのマスター (私より数歳歳上) からレコードを聴かせて頂いた時です。

お客さんがみんな帰ったある日の深夜に、「ツボちゃん、聴いてみ?音ええでー」(マスターは大阪の人) と、真空管アンプで鳴らして下さったレコードは、CDよりも遥かに立体的に、奥行き深く、自然に聴こえました。

これが音楽好きがよく言う「アナログのいい音」か、と素直に感動しました。

 

 

たしかにCD (や配信など、デジタル音源) は、雑音が無く無音状態から音が立ち上がるので、一聴すると音はアナログ音源よりも数段よく聴こえるのですが、音楽的な音の良さというのは、そうじゃないということが、この時身に染みてよーく分かりました。ちょっとしたカルチャー・ショックでした。

 

 

 

それからしばらくして、そのレストランは引っ越してしまい、マスターとも疎遠になってしまいましたが、今でも音楽好きのお客さんにアナログ・レコードを聴かせて悦に入っているんだろうなあと、ふと思い出しました。

 

 

 

 

 

 

私の曲はこちらから聴けます。もちろん、デジタル音源です (笑)。↓

 

 

 

 

 

【2020年3月10日】アナログ・プレーヤー購入しました

数日前に島村楽器さんに行った際、担当の方が接客していたので何気なく店内をうろついていたところ、何と「レコード・プレーヤー」を発見しました。

以前に記事上げましたが、昨年偶然に、自宅の押入れから捨てたと思っていた数百枚のアナログ・レコードが見つかり、そのうちプレーヤーを購入しようと考えていたところでした。安かった (税込7,700円) ので、即決しました。

 

 

このプレーヤー、安い割にはスグレモノで、USB端子が付いててPCに音を取り込む事が出来ます。

今度実家に帰ったら、CD化されてなくて聴きたい音源を普段から聴けるように、少しずつ音源取込み作業を行なっていきたいと思っています。

 

 

 

世界中のミュージシャンが利用している販売サイト、バンドキャンプでも、最近は、CDよりもアナログ・レコード+デジタル・ダウンロード、の組合せで販売してらっしゃる方が増えてきています。

前回上げたアジャテも、もしやと思い調べたら、販売はレコード+デジタルアルバム、でした。

 

 

 

私なりに考えるアナログ・レコードの良い点といえば、、

 

 

・それなりの再生機器で再生するとすごくいい音で鳴る

・聴く際の一連の動作 (ジャケットから円盤を出して、プレーヤーに乗せて、針を落として…) から、音楽を集中して聴ける心になり易い

・グッズ性やアート性 (ジャケットが大きい) が高い

・レコード盤が痛んでスクラッチ・ノイズなど入ると、見方を変えると「世界で一枚の音源」になる

・サンプリングやDJプレイなど、サウンドをクリエイトしている方には貴重な音源になる

 

 

…そんなところでしょうか。

 

 

 

何から聴こうかなとか考えてると、楽しみが尽きません。

 

 

 

 

 

デジタル音源の私の曲はこちらから聴けます。↓